人間心理の勉強

心理を変えると全てが変わる

経営者や管理職、会社の部下、誰もがおちいる、心理についてご紹介します。不安を克服する方法、幸せに生きる知恵なので、ぜひご活用くださいませ。

 

【症状で探す】

意識と無意識について

自己実現とは?

いつも不安で苦しい

真面目が危険な理由とは?

よい子をやめる

人に合わせてしまう・・・

常に自信がない・・・

イヤと言えない・・・

批判に過剰反応してしうのはなぜか?

自己中心的な人の特徴

趣味がない

誰も自分のことを分かってくれない

何もしていないのに疲れる

母親が許せない

過小評価しないためには?

人の話を聞かない

神経症的 非利己主義

情緒年齢が大事

精神年齢が止まってしまう

 

安売りをしてしまう

人に投影してしまう

 

愛着障害とは?

【症状で探す】

悪口を言う人の心理とは?

生きずらさを感じる原因とは?

幼児的願望を満たす

本当の自己実現とは

目標が高すぎて、現実離れしている

世間の目は関係ない

人に利用されてしまう

恥ずかしがり屋

人にやさしくない

メンタルブロックが外れない

燃え尽きてしまう

褒められたい、チヤホヤされたい

新しい目標が見つからない

外化と神経症

カレンホーナイ

基本的不安とは?

 

【発達心理】

基本的不安とは?

口唇欲求とは

自分で選ぶ大切さ

人が信用できない

失敗をする

威信の獲得をやめる

なぜMなのか?

なぜSなのか?

 

 

 

【発達心理】

ありのままの自分でよい

受け入れられる

真の自分に戻る方法

自分で選ぶ大切さ

人が信用できない

失敗をする

威信の獲得をやめる

 

【愛着障害の克服】

安全基地をつくる

 

【性衝動と反応パターン】

なぜMなのか?

なぜSなのか?

 

【大事なこと】

情緒が成長していない。0~3歳までに勝手に決めてしまう。

0~9ヶ月の間に、信頼を獲得するか?がかなり重要。

 

この時期に自分に対する「信頼」、他人に対する「信頼」を獲得できるか?により幸せか不幸化?が決まってくる。

 

「いい人」「自分がない」「無力感」「何がしたいか?不明」不安の正体は抑圧した怒り。

治す方法は怒りの開放。

9ヶ月までの安心感を取り戻すワーク。

愛情を感じる。無意識で泣いている自分にほほえむ、分かってあげる

 

やりたいなら、やればいい

やらなければと思うなら、やめればよい

 

 

神経症的な人の特徴

基本的不安とは何か?

カレンホーナイの説を勉強をしておくと、神経症的不安についてよくわかります。

簡単に言うと、自分のことを無力で危険だと思っているわけです。偽の自分を生きているので、自分が頼りない、ゆえに不安になるという事です。

 

 

 

愛着障害とは

 

愛着障害

 

愛着障害を引き起こすと、人間関係に悩み

つねに不安を背負いながら生きる事になってしまいます・・・

 

 

情緒の成長は止まってしまう

 

3歳まで、親の愛が足りない

体は成長しますが、人の心はじつは成長しません。

 

きちんとした情緒の成長をたどらなかった場合、情緒の成長は止まってしまいます。

 

難しく言うと、口唇期の欲求が満たされていないと、以下のような人間になってしまいます

 

愛を受け入れる力

人を信用する力

自分を信じる力

 

を失ってしまいます。

 

これが、自信がなくなる原因です。不安症の人は、この時期に親に、充分に愛されていません。

ちなみに、私もこれなのでよく分かります。

 

最もひどい屈辱とは?

 

親に褒められようとする事

幼い時に、身に着けた、他者の好意を獲得する方法を、大人になっても続けてしまう。

 

親に「そのままの自分」「ありのままの自分」を認めてもらう事は、人間が発達するのに、一番大事な事です。

 

ありのままの自分を受け入れられていると感じる事ができれば

 

多くの心理的な問題が一気に解決します。

 

やりたいなら、やればいい

やらなければ、と思うなら、やめればいい

 

 

 

 

他人にみとめられなければ・・・を習慣化してしまうと

 

苦しみ続ける事になります

 

他人にほめられようとする=屈辱(くつじょく)=最もひどい侮辱、屈辱=無力感

 

となる。

 

親に迎合する事は

 

他人(親)に迎合する=自分で決められない=自分に対する無力感=自分が頼りなく感じる

=自信がなくなる=不安

 

となります。

 

他人の目を気にして、行動すればするほど、自分に自信がなくなっていきます。

努力をすれば、するほど、苦しみます。

 

すぐに迎合する

すぐに反発する

すぐに攻撃的になる

すぐに怒る

すごく低姿勢になる

見返りを求める

 

これらの症状は、自分を信頼していないために起こります。

 

見返り(褒められる)を期待して、人のために何かをやっています

 

褒められるという報酬のために

 

自分を捨ててしまったのです。

 

自分の幸せを、人(神経症的で劣等感があり、自分のことしか考えてない愚かな親)のために捨ててしまったわけです。

 

 

他人(親)を喜ばせようと、迎合しているうちに

本当の自分が、誰なのか?分からなくなってしまった。

 

大人になって、人をいきなり殺してしまう人

いきなり、会社をやめてしまう人は

 

偽の自分で生きることに、疲れた人です。

 

過去に、どのように、人に受け入れられてきたか?

条件付きか? 無条件か?

 

条件付きの人は、「幸せになる方法」を根本から失っています

 

 

相手の期待に応えなくても、自分には価値がある

親の期待、他人の期待に応えなくても、私は素晴らしい

 

と思うことが、次の成長のステップです。

そこをクリアすれば、人生ん不安は大きく減ります。

 

よく頑張りました。あなたは、悪くありません。

 

わたしはそういった、人間ではない。と今の自分を否定しましょう。

 

人生が楽しくない

迎合する=選択を放棄=決断できない=自分で選べない=楽しくない

 

この状態で目標を持っても、楽しくありません。

 

人に優越する事だけが、人生の目標になってしまいます・・・

すると、自分のやっている事が楽しくなくなってしまいます。

 

すぐに解決策を求めず、時間をかけましょう

 

 

「怒り」を抑圧している

自分がいつも、漠然とした「不安」、「生きずらさ」などを感じている場合

 

まず意識と無意識をまず理解しましょう。

抑圧した「怒り」について理解すると、自分の神経症を理解する手がかりになります。

 

不安感が常にある人は、「許された感情」でしか、生きていません。

 

親が許す感情だけで生きているから、怒りがたまり、他人を許せず、不幸にしがみついてしまいます。

 

抑圧した怒りの開放が、良い人生につながる

無意識に怒りがたまっている

心理的な問題を抱えている

目の間の人に置き換えてしまっている

 

 

本当の自分の人生を生きるには?

 

意識と無意識について

無意識に「怒り」「恨み」「憎しみ」を押し込めてしまった。

怒りに気が付くことで、生きやすい、辛くない人生のきっかけになります。

 

悩みとは、抑圧した感情です。抑圧した感情が、悩みになり、偽装されて噴出しています。

 

自分にウソをつく

人生が破滅している原因

見たくない感情を見ることが成長

悩みの原因は、抑圧した怒り

 

我々は、心理的に未解決な問題をかかえている。

未解決な問題を、目の前の人に投影させている。

 

 

心理的に解決されていない問題が多いほど、いまの人間関係に問題が出てしまう

 

 

 

 

不安の原因とは?

不安の原因は「子供の時に、愛されなかった」事が原因です。

特に0~9カ月の間に「信頼」を獲得できなかった事が大きく関わっています。

 

人間が最も恐れているのが

 

孤立」と「追放

 

です。

 

親から孤立し、追放(見放される)されてしまう事は、子供にとって、恐怖でしかありません。

その恐怖は、「トラとおなじオリに入れられるくらい」の恐怖感のようです。

 

愛されなかった・・・と感じると、自分を信用できなくなり、自分と母親に「敵意」を持ちます。

そして、人を「信用」「信じる事」ができなくなります。

 

不安とは、いわば、自分に対する怒りであり、自分と親に向けられた敵意であります。

 

 

そして、人を信用できない人は、安心する事ができません。

 

ここから自我や情緒が成長しない・・・という事になります。

 

さらに、「自分の自我は成長してない、そんな事はない」と否定すると、より心理的不安が増加します。

 

潜在意識を否定(愛されていない事実)してしまうのに、莫大なエネルギーを使うからです。

 

自己否定をするエネルギーに全てを使ってしまうため、神経質やノイローゼ、うつ病、燃え尽き症候群につながっていきます。

 

人を信じられなくなる

敵意を出してしまう

常に人と比較してしまう

常に、なぞの不安がある

生きているだけで、つらい

 

急に極端な行動をとる原因とは?

人生に無意味感が増えていくと、衝動に勝てなくなる。

 

 

実際の自分と、認識している自分が乖離していくと、衝動がおさえられなくなり

いきなり、極端な行動をとってしまう。

 

幼少期の「甘えたい」「ほめられたい」という感情が未処理のままだと、大人になり

突発的に、人を困らせるような行動をとってしまいます。

 

長いこと、本当の自分の感情を出さないでいると

 

「欲求不満」におちいってしまいます。 本当の自分で生きる事が、目的であり、抑圧した感情がすべてを引き起こしています。

 

自分の自然な感情を否定した

怒りを抑圧した

心の奥底に怒りがうずまいている

 

 

重要感が持てずに苦しむ

 

 

つい人と比較してしまう

比較の原因は「劣等感」「無力感」です。

 

生まれた事自体を望まれなかった場合

幼少期に、情緒的な虐待を受けた場合

絶えず、親に失望された場合

自分を否定されて生きてきた場合。

 

自分に自信が持てなくなり、人と比較します。

さらに、人と比較をすることで、さらに自信を失います。

 

比較をすればするほど

自己評価が低くなり

自分が嫌いになります

 

【原因】

親が自分を侮辱することを許してしまった

無力であったので、従うしかなかった

逃げる事もできず、立ち向かうこともできず、絶望した

 

自分に絶望する事で、「無力感」を心に育ててしまった。

 

このような人は、どんなにお金を持っても、幸せを感じません。

見返す事、社会に復讐する事ができなくなっています。そのまま生きると、人生を後悔する事になります。

 

 

いじめる人間は、人を選んでいます。

子供の時、小さく無力だったあなたは、神経症のある、親のターゲットになってしまいました。

 

そのため、自立する事ではなく、無理に依存させられてしまいました。

 

さらに、「愛」ではなく「憎しみ」を心に蓄積してしまいました。

 

これでは、社会に復讐するために、生きるしかなくなります。

こんな人は、人からの承認を求めるためにしか働く事ができません。 人を幸せにするために働いてはいないのです。

 

 

相手に興味はなく、「自分がどう見られているのか?」にしか、興味が持てません。

 

これが、人との比較の原因になります。

 

【コントロールを取戻すワーク】

良く見せたいと思ったら、気が付きやめる(誘惑に勝つ)

人に好かれようとしない

人から褒められようとしない

 

 

 

死ぬほど、認めてほしい

子供は、親から認められないと満足しません。

 

さらに、気持ちを理解してほしいのです。

 

「頑張ったね」「よく我慢できたね」

「つらかったね」「偉いね」

と言われたいのです。

 

これが満たされると、人は人、自分は自分。

 

となり、人に振り回されない人生を送る事ができます。

 

しかし、甘えの願望、承認の願望が満たされない場合、いつまでも、「認められない・・・」と言って

苦しみ続けてしまいます・・・

 

人から利用される

イヤと言えず断れない

 

人は、幼少期に満たされない願望を持っています。

これを断絶しましょう。

 

あなたは、親に認められなくても、自分で生きていけます。自分の人生を決める力があります。

 

不安になる必要などありません。

 

そして、

 

他人には、あなたの人生をコントロールする力はありません

 

あなたは、無力ではありません。

 

 

マイナスの発想ばかり

ついマイナス発想をしてしまう

認めてほしいから、マイナスの発想、発言をしてしまいます。

 

子供の「痛い」=「がんばった私ってすごいでしょ?」

 

頑張った自分を認めてほしいだけ。

 

頑張っている自分をアピールしたいだけです。

 

寝てないアピールする人も

「おれ、寝てないんだよね」=「オレすごくない?ほめて!!」

 

という願望が含まれているだけです。褒めてあげましょう。

すごく喜びます。

 

この欲求である「承認欲求」「認めてほしい」という願望が満たされたら、マイナスの発想、発言はしなくなります。

減っていきます。

 

自分が不平、不満ばかり言うのなら、幼少期に認められていたか?確認してみましょう。

 

 

結論:認めてほしいから。

 

 

自己イメージが低い原因

 

自己イメージがなぜ低いのか?

 

親が神経症的な場合、絶えず、人を侮辱しようとします

 

つまり、幼少期から、侮辱されて生きてきた事になります。

 

侮辱されながら生活をしてきたら、自分を信用できなくなります。

 

なんの根拠もないのに

 

ありのままの自分を否定された

 

というのが原因です。

 

 

真面目に働いても、全然楽しくない。幸せにならない・・・と感じている場合、

自己イメージが「無力感」「絶望」に支配されています。

 

自己イメージと自分は、関係ありません。

 

あなたは、あなたであって、良い

わたしは、私のままで良いのです

 

脅迫的に人と比較する人

 

は、どんなに真面目に働いても、幸せを感じません

 

ありのままの自分を受け入れられていれば

他人に優越する必要はない

 

のです。

 

今らかでも、「ありのままの自分を受け入れましょう」

 

親の心理的な支配を抜けて、自分の人生を取り戻しましょう。

 

自己蔑視(じこべっし)

比較は結果であり

比較をしないといっても、結果してしまう

原因である、劣等感を変えるしかない

脅迫的に、比較をしている

ありのままの自分を受け入れてもらってない

他者に優越する事でしか、自分を受け入れられなくなってしまった

他人の言葉を、比較されたものとして、受け取る

強迫性・・・心に憎しみがあり、比較してしまう現象

興味と受容が

神経症的な人は、人を侮辱することで、救われようとしている

幸福論は正しくても、実行できない

実行できないのは、強迫性があるから

 

 

孤立と追放

 

人が恐れるのは、「孤立」と「追放」です

自分の本性を裏切る

 

親から孤立し、追放され、拒絶されるのは、子供にとっては

 

とんでもない恐怖です

 

認められたい

不安

 

 

何にもしていないのに、疲れる

 

神経症的自尊心

本当の自分を認めない

自分の神経症的自尊心

虚勢を張る

 

神経症的自尊心を持つと、本当の自分が認められない

 

そして、「虚勢」を張ってしまいます。

 

 

虚勢を張ると、莫大なエネルギー使います

 

何もしてないのに、なんだか疲れる

 

という人は

 

本当の自分を認められず、常に偽の自己を生きている人です

 

本当は、「認められたい」とすら思っていません

 

 

脅迫的に、「認められないと、私には価値がない」思い込んで いるだけです。

 

認めてしまうと、自分の神経症的な自我が崩壊します

今までの自分が、すべて崩壊してしまいます

 

夢にでてくる

抑圧した感情は、夢にでてきます。

 

 

夢に出てくるのは、抑圧された感情。

真の願望とは、社会的に適合する事ではない。親に適合する事ではない。

 

夢=抑圧された願望=本当の感情

 

趣味がない

 

父親が苦労している=遊んではいけない=楽しんではいけない

 

自分が楽しむと、周りが苦しむのでは? となっている可能性があります。

これは仮説なので、検証をしていきます・

 

ゲームが好き=現実逃避=ゲームなら違う自分が生きれる=自分の否定

自分の否定=幼少期に甘えられなかった=追放の恐怖

 

です。

 

外化と投影は違う。

・外化はまず自分への怒りがある。

理想の自分ではない=母親に抵抗できなかった「怒り」がある。

怒りを他人を通して感じる=外化。


・投影は他人への怒りが先。

怒りを抑圧する=無意識へ追いやる。

 

怒りを他者に投影する=いきなり怒る=些細な事で怒る

他人も自分に怒っているように感じる。

 

外化とは?

 

①心の中の願望を現実を通してみること。
②自分に対する感じ方を、他人が自分に対する態度と思い込んでしまうこと。

 

たとえば、

 

心の願望を言う

夫は浮気をして、週末は帰ってこない日がある。

夫に問いただすと機嫌が悪くなる。

 

奥さんは依存心が強くて離婚は怖い。しかし、浮気をする旦那だからものすごく不安。

 

不安を自分にも他人にも隠す=「夫は理想の旦那です。とても優しいです」と言う。

 

理想を

不安なのに相手を「信じる」=理想化して人に言う

 

これが一つ目の外化。

 

相手が自分を憎んでいるように感じる

自分が自分を憎んでいるのに、相手が自分を憎んでいるように思うこと。

 

・「自己憎悪」を受け身として外化する

他人が自分を憎んでいるように感じる。他人は自分を憎んでいないのに、憎まれていると感じる。

 

・積極的に外化する

自分が他人を憎んでいると思う。

本当は自分を憎んでいるのに相手を憎いとに感じる。

 

怒りがアンバランス

ちょっとのことで、過剰に怒り出す。

あやまれば済むことなのに、土下座までさせる。

 

このように、自分がされたことと、怒りのバランスが悪い場合は、「外化」が原因。

 

本人は、外化が原因だとは思ってもいない。

 

相手に憎まれていると思い込んでしまう=人間関係がうまくいかない

 

【原因】

自己蔑視(じこべっし)、憎悪、自責の感情が原因

 

 

 

【解決策】

自分に微笑めば一気に解決する

これから、気楽に生きる事にする

 

 

外化=自分への怒り

・外化はまず自分への怒りがある。理想の自分ではない自分に怒りがある。

その怒りを他人を通して感じる。これが外化。


・投影=他人への怒り

幼少期に母親への怒りを抑圧する=怒りがたまる=他人に投影する=他人が起こっているように感じる

 

反動

 

反動形成=心の底では自信がない=傲慢にふるまう 

自信がないがゆえに、傲慢にふるまう。

 

人の悪口を言う=自分が隠したい部分

 

あいつは「たいした事がない」「そのうち失敗する」と言う=自分はたいした事がない(心の底で思っている)

 

「自分がすごい」と周囲に言う。

 

 

 

神経症者の要求

 

神経症者(親)の要求とは?

とにかく、非現実的で、無謀です。そのくせ、傷つきやすく、まさに子供。

こんなのに、育てられたら、それは、変な性格(反応パターン)になります。

 

1.要求が非現実的

2.自分がない

3.傷つきやすい

 

【成長を待てない】

情緒的に未成熟な親は子供の自然な成長を待てない

 

神経症的な親は子供のうちから大人のような行動を子供に期待する=

目標が上がりすぎてしまう=挫折する=理想に逃げる=子供も神経症になる

 

理想が現実と比べて、高すぎる場合は、理想に逃げ込んでいると疑いましょう。

 

 

【イライラ、完璧主義】

車を運転していて、信号がいつも都合よく青でないとイライラする。

完璧な結果を求める。

 

 

【原因】

神経症者が現実の世界に生きていない

自分が現実に生きていないから、他人に理想を求める。

自分がないから、要求が極端

 

【むなしさをうめたい】

理想が高い=現実のむなしさを埋めるための夢

OOのようになりたい=なったら幸せになれると思っている

 

現実の空しさを埋めるためには、とてつもない夢の方が都合がよい。

 

神経症者は周囲からの特別の「愛」を受けることが目的

周囲の人から「わー、凄い」と注目されることが望みなのである。

 

そうした特別の愛を得るためには具体的な計画はない。

 

目的は漠然とし過ぎている。そこで神経症者は日々の生活がどうしても無計画になる。

その場その場で心理的に楽なことをしてしてしまう。

 

参照>>

 

二重の束縛

 

欲求が矛盾している

子供には活発に外で遊んでほしいが、家にもいてほしい。

 

親である自分と遊んでいるのが、一番面白いと子供に感じてほしい

 

他人と一緒に楽しめないくせに、一人でいる事もつらい

 

他人と仲良くできないのは、自分が責められていると感じるからです。

 

相矛盾する欲求は、「統合失調症」の症状です。

 

「統合失調症」である親は、相矛盾する欲求を子供に出し、苦しめます。

 

わたしの母親はこんな感じでした。

 

ある日、友人の家に遊びに行こうとしたら、いきなり

 

「家で寝ていないさい」と言われ、部屋に閉じ込められました。

 

わたしは眠くもないし、元気であるにもかかわらず、強制的に寝る事を教養されました。

そのことで、わたしは、楽しむことに罪悪感を持つようになってしまいました。

 

これは、「癒着」というようです。

 

そして、癒着の本質は「拒否」です。 つまり、わたしは、母親に拒絶されてしまっていた訳です。

 

目標を達成されては困る=相矛盾する事を言う

子供が絶望する=自分(親)は嬉しい=自分(親)には価値があると思う

 

参照サイト・文献

ハーバート・フロイデンバーガー 

幸福論 ~何が人幸せにをするのか~ 第1回>>

W・Bウルフ 参照 >>

ナルシシズムと人間社会 - 加藤諦三

劣等感とは?wikipedia

劣等感の原因と対処法とは?

自己愛―ナルシシズムについての一考察

ナルシシズムとは? wikipedia

エディプスコンプレックス wikipedia

幼児的願望とは(おすすめ)>>

神経症者の要求の特徴2>>

頑張っているのに愛されない人【書籍】

 

【重要人物】

カレン・ホーナイ

フロイト

加藤諦三

 

【治療方法】

交流分析

認知行動療法

論理療法

 

このページを作った理由

 

このページを作った理由

独立してから、わたしもこの「病」「ナルシシズム」「幼児的願望の克服」「承認欲求の克服」に悩みました。

 

常に漠然とした「不安」があり、この不安をどうしても消したいために、1万冊ほど本を読みました。

わたしの場合、痛みの原因はシンプルで「幼少期の環境にある」と気が付きました。

 

そこで、やっとたどり着いた答えを、このページに残しています。

もし、同じように、「不安」「生きずらさ」「努力のしすぎ」などで

 

人生に満足感がなく、ただやみくもに努力を続けている人がいたら、ぜひ一緒に治療をしていきましょう。

人に話すだけでも、解決のきっかけになります。

 

ちなみに、自己啓発の本を読んでも意味がありませんでした

 

同じように、「不安」「燃え尽き症候群」に悩まされる人が一人でも、救われる事を祈っています。

 

ちなみに、努力しすぎてしまう人も「幼児的願望」の克服をした方がいいです。

もし、要望が5人ほどたまりましたら、解決策の特別セミナーを、格安で開こうかと思っています。ぜひ問い合わせください。

 

ご質問、ご相談は大歓迎です。今すぐご連絡くださいませ。

 

 

この記事がお役に立ちましたら、メルマガ登録をお願いします。ご意見などお気軽にご連絡くださいませ。

 

メルマガ登録はこちら

質問 相談はこちら

 

 

よく読まれている記事について

マーケティングやSEO対策に役立つおすすめ記事です。ぜひ読んでみてください。

 

4P分析とは?

マーケティングについて知りたい 4P分析とは?

市場を分析するときにどのような方法があるのか?

マーケティングの基本中の基本です。

小さい会社の最強マーケティング

新規事業が赤字になる理由とは?

新しい事業がなぜ赤字になってしまうのか?

なぜ、続けるほどにつらくなってしまうのか?

レアカードになれ!!

レアカードになれ!!

100年生きる時代のキャリアをどう考えるか?

どこにもいない、レアな人間になる方法とは?

有害な2流上司が組織を滅ぼす

有害な2流上司が組織を滅ぼす

有害な2流上司が、部下の生産性を下げています

しかし、経営者はそんな彼らを...

4P分析とは?

小さい会社の最強マーケティング

小さい会社が知って起きたいマーケティングの基本とは?

小さい企業だからできる、知っていると役に立つ売り方について

ランチェスターの法則

ベンチマークが分かったら、次はこちら

多くの人に知ってほしい、きちんと利益を出したい。

お客様は自分が思っている以上に自社に対して興味が・・・

マーケティングについて学ぼう

キャンプ場の新しい挑戦

最新キャンプ場は「こんな事」をしている

マーケティングの最新事例について

 

ドローンが変える未来

宅配の革命児 ドローンの未来

ドローンは宅配のあり方を大きく変えるポテンシャルが

そんなドローンの現状と未来について考えてみましょう。

ドローンが変える未来

給料が上がらない時代はこう働け!!

自分の時給を意識して働いていますか?

若い人ほど早目に知っておきたい

時間を先送りしてしまう

つい先送りして仕事が終わらない

つい先送りしてしまうクセtがついていませんか?

仕事を時間内に終わらせるには、セルフコンパッションを

高める最強の法則があります

人材を育成する時間がない

人材を育成する時間がない

人がなかなか育たないよい人材が集まらない・・・

忙しすぎて、考える時間もない・・解決策とは?


 

プラスワークでは、サービスの質を落とさないため、契約は毎月5組までとさせていただいております。

ご連絡、ご相談などございましたら、今すぐご連絡くださいませ。

 

 

seo対策お問い合わせ

 

 

 

【集客・seo対策・webコンサルティングのプラスワーク対応エリアについて】

プラスワークでは、東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に全国でwebコンサルティング、SEO対策、ホームページの更新、運営代行をしております。集客が得意で、中小企業、大手企業で多くの実績がございます。売上アップをお考えならお気軽にご相談ください。

 

【SEO対策・webコンサルティングのプラスワーク 対応地域】

北海道 [ 北海道 ]

東北  [ 青森 | 岩手 | 山形 | 福島 | 秋田 | 宮城 ]

関東  [ 東京 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 栃木 | 群馬 | 神奈川 ]

甲信越 [ 山梨 | 長野 | 新潟 ]

北陸  [ 石川 | 福井 | 富山 ]

東海  [ 愛知 | 静岡 | 岐阜 | 三重 ]

近畿  [ 大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山 ]

中国  [ 島根 | 山口 |鳥取 | 広島 | 岡山 ]

四国  [ 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知 ]

九州  [ 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 ]

プラスワークでは全国でSEO対策、ホームページ更新、制作をしております。中小企業専門SEO対策・ホームページ更新制作会社、口コミのよいSEO対策会社をお探しならプラスワークにお任せくださいませ。

 

【東京都のseo対策の対応地域について】
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区 でSEO対策、上位表示、リスティング広告の値段でお困りなら、 口コミのよいプラスワークにお任せくださいませ。

 

 

 

【コンテンツ】

トップへ

更新レスキュー

料金について

制作実績

お客様の声

よくある質問

会社概要

お問い合わせ

【更新レスキュー】

ライトコース

ゴールドコース

プラチナコース

 

【その他】

ニュース

メルマガ登録

特別資料プレゼント

相互リンク募集中

【課題から探す】

ホームページの課題

SEO対策とは

SEO対策がダメな理由

上位表示されない理由

相互リンクとは

順位が落ちてしまう原因

 

 

フェイスブック  ツイッター