課題と問題点

ランチェスター法則とはなんですか?

業種: 英会話教室 旅行業

 

課題と問題点

最強の戦略。ランチェスター法則とは戦争に勝つための

ランチェスター法則。あまり聞きなれない法則かもしれませんが、1代で大きな会社を作った人は、例外なくこの法則を利用してきた人々です。

 

HIS、ソフトバンク、ユニクロなど、1代で大手になった会社は、すべてランチェスター法則を利用しています。

ランチェスター法則は第2次世界大戦の時に発見された、戦争に勝つ方法です。

 

なんと100年以上前に発見された法則です。

 

戦争のために作られた法則ですが、これは商売にも役に立ちます。

 

市場をいかに取っていくか?について勉強するときに、ランチェスター法則が大いに役に立ってくれます。

 

ランチェスター法則 竹田陽一

 

ランチェスター法則といえば、日本では「竹田陽一」先生が有名です。

 

そんなランチェスター法則ですが、2つの法則があります。

 

ランチェスター第1法則「一騎打ちの法則」

人数が多いほうが圧倒的に有利

ランチェスター法則とは、「フレデリック・ランチェスター」という人物が発見した法則です。

 

「フレデリック・ランチェスター」は戦争でどちらが勝つのか?

何が勝因になっているのか?

を詳細に研究しました。

 

研究を続けていくうちに、商売も戦争も同じ法則が働くことをランチェスターは見つけます。

 

商売は外交があり、闇討ちあり、殴り合いの血みどろの戦争に似ている部分が多くあります。

 

だからこそ、ランチェスターの法則がかなり有効にききます。

 

ランチェスターの法則は、戦いにおいて、人数が多いほうが圧倒的に有利であり、必ず勝つ!!というシンプルな法則です。

 

言われてみると、そうか!!と思いますがきちんとした理屈があります。

 

下の写真を見てください。

 

 

人数が少ない場合かつ、武器の質が両陣営ともに同じ場合、人数が少ないほうが、圧倒的にフリです。これで勝つのは、映画の世界だけです。

 

ふつうは、人数が多いほうが勝ちます。

 

上の図だと、一人で戦うと、弾丸の数が多すぎて標的になりやすく、死ぬ確率が上がってしまいます。

 

逆に、人数が多いほうは、狙われる確率が少ないため、生き残る確率も高くなります。

 

つまり、

 

戦闘力=武器効率(質)×兵力数(量)

 

となるわけです。

 

ランチェスター第一法則では、戦闘力は「質×量」となります。

 

武器の性能がが同じならば、人数が多いほうが勝ちです。

 

必ず勝ちます

 

かなり当たり前のようですが、とても大切です。

人数が少ない場合、山道などで待ち伏せして、1対1で戦うと有利になります。

 

ランチェスター第2法則 「集中の法則」

一人で戦うのがなぜ不利なのか?

ランチェスター第2法則は「集中効果の法則」 「二乗の法則」などと呼ばれます。

 

ちょっと見ただけでも、圧倒的に右側の陣営がフリに見えませんか?

 

 

戦闘力=武器効率×兵力数2(二乗)

となります。

 

集団が集団を狙い撃つ状態。同じ性能の銃を持って、お互いを狙った場合

一回の攻撃でで3人のグループは3発の弾丸を発し、1人のグループは1発の弾丸を発射します。

 

つまり、時間が長引けば、長引くほど人数が少ないほうが、不利になります。

 

織田信長が長篠の戦いで勝ったのは、武器の性能が良くさらに、人数が多いからです。

 

 

「長篠の戦いは」武田信玄(1万五千人)が昔ながらの騎馬隊で戦うのに対して

織田信長(3万八千人)は近代兵器である銃を使いました。

 

一気に総崩れしたのは、武田信玄です。

 

武田信玄は武器の性能でも負け、人数でも負けてしまいました。唯一勝っていたのは「勇猛心」ですが、戦争では「心」や「気迫」だけでは圧倒的に不利です。

 

織田信長は奇襲などを用いて勝っているイメージがありますが

 

ランチェスターの法則通りに、人数や武器の性能という方程式通りの勝ちを積み上げ、戦国武将となっています。

 

ちなみにですが、武器の性能が同じで、人数が同じ場合、「気迫」や「団結力」「運」の勝負になります。

 

戦国武将などは、最初から「運」を頼っているわけではありません。

緻密な計算に基づいて、勝負をしているわけです。

 

兵力が少ない場合は、一点集中すること。

人数が多い場合は圧倒的に勝てる

武器の性能が同じ場合、人数が多いと2乗差で圧勝できる

 

商売に応用するには??

商売に応用するには??

商売はシェアの取り合い、シェアの奪い合いです。

 

同じ商品やサービスで戦っている場合、一定地域で大きくシェアを取ると、商売が一気に楽になります。

 

お店をやっている場合、地域1番店になることが、まずは何よりも大切なのです。

しかし、なぜ一番になる必要があるのでしょうか?

 

まず、下の写真を見てください。

 

 

わかりましたか?

 

答えは、「北岳」と言います。

 

では第2問目です。下の写真を見てください。

 

 

わかったと思います。

 

むしろ「ふざけるな!知っていて当たり前だよ」と思ったはずです。日本人なら、だれでも知っていて当然かもしれませんが

 

答えは「富士山」です。

 

何が言いたいのか?というと。

 

さきほどの北岳ですが、日本で2番目に高い山です。 山梨県にあり、 高さは3,193mもあります。

 

ちなみに、富士山ですが、 高さが3,776m

 

その差は、わずか600m程度です。

 

しかし、ほとんどの人は、富士山しか知らないはずです。北岳を知っている人は登山家ぐらいです。

 

つまり、1番にならないと、あまり商品やサービスを意識している人以外のお客様には

 

覚えてもらえない・・・

 

知らない人やサービスにあまり詳しくない人に売るには、「富士山」であった方がいい。

 

その分野で小さく1番になっておくのが、とてもよい方法です

 

人間は1番しか覚えない (一番を取ると、圧倒的に有利)

2番になると、覚えてもらえない・・・

小さく1番をとる

 

商売で応用すると、簡単です。

 

つまり、小さい商圏の中で一番を取ると、一気に有利になる!!

 

という事です。

 

 

戦略を考えるときは、まず商圏を絞り込みます。しぼって、しぼって、しぼりこむと、とても良いです。

 

飲食店でも、クリニックでも大事なのは、自分が圧倒的に勝てそうな場所に出店することです。

 

強い競合他社がいるところは避けた方がよいです・・・

 

つまり、繁華街に出す!!なんてことをすると、多くの場合失敗してしまいます・・・

 

なぜなら、家賃が高く、競合が多いので、お客様がつくまでに赤字になるからです・・・

 

逆に、競合が少ない場所でオープンすると、圧倒的に有利になります。なぜなら、競合いないからです。

顧客には、仕方なく利用する人が大勢います。

 

しかたなくです(笑

 

しかし、最初は仕方なく利用した人が、気に入って、毎回通ってくれるようになれば、その店は安定的に利益が出ます。

 

競合も少ないので、売り上げがドンドン上がっていきます!!

 

すると、経営体力(お金、キャッシュフロー)が安定するので、経営が楽になるのです。

 

1番になれる場所で戦う

競合他社が強い地域には、絶対に出店しない!!

1番をとると、一気に顧客が増える

 

<< よくある質問のトップへ戻る

 

プラスワークでは、サービスの質を落とさないため、契約は毎月5組までとさせていただいております。

ご連絡、ご相談などございましたら、今すぐご連絡くださいませ。

 

seo対策お問い合わせ

 

この記事を読んだ人は、以下のような記事にも興味をもっています

 


 

売上げをアップしたい

 ・ 何から勉強したらいいのか

 ・ 事業の成長曲線とは

 ・ 4P分析とは

 ・ブルーオーシャンとは

 ・ベンチマークとは

 ・ランチェスター法則とは

売上げをアップしたい

 ・ お問合わせが増えない

 ・ 滞在時間が短い・・・

 ・ 高額商品を売りたい

 ・ なぜか売れません・・・

 ・ SEO対策だけではダメなのか?

 

 

【SEO対策・webコンサルティングのプラスワーク対応エリアについて】

プラスワークでは、東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に全国でwebコンサルティング、SEO対策、ホームページの更新、運営代行をしております。売上アップをお考えならお気軽にご相談ください。

 

【SEO対策・webコンサルティングのプラスワーク 対応地域】

北海道 [ 北海道 ]

東北  [ 青森 | 岩手 | 山形 | 福島 | 秋田 | 宮城 ]

関東  [ 東京 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 栃木 | 群馬 | 神奈川 ]

甲信越 [ 山梨 | 長野 | 新潟 ]

北陸  [ 石川 | 福井 | 富山 ]

東海  [ 愛知 | 静岡 | 岐阜 | 三重 ]

近畿  [ 大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山 ]

中国  [ 島根 | 山口 |鳥取 | 広島 | 岡山 ]

四国  [ 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知 ]

九州  [ 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 ]

プラスワークでは全国でSEO対策、ホームページ更新、制作をしております。中小企業専門SEO対策・ホームページ更新制作会社、口コミのよいSEO対策会社をお探しならプラスワークにお任せくださいませ。

 

【東京都のseo対策の対応地域について】
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区 でSEO対策、上位表示、リスティング広告の値段でお困りなら、 口コミのよいプラスワークにお任せくださいませ。

 

 

 

【コンテンツ】

トップへ

更新レスキュー

料金について

制作実績

お客様の声

よくある質問

会社概要

お問い合わせ

【更新レスキュー】

ライトコース

ゴールドコース

プラチナコース

 

【その他】

ニュース

メルマガ登録

特別資料プレゼント

相互リンク募集中

【課題から探す】

ホームページの課題

SEO対策とは

SEO対策がダメな理由

上位表示されない理由

相互リンクとは

順位が落ちてしまう原因

 

映像について学ぼう

動画編集用のPCを作ろう

勉強ツール

オンラインセミナー

セミナー

心理について

フェイスブック  ツイッター