課題と問題点

 

 

ネットワークの外部性とはなんですか?
業種:通信業

 

 

課題と問題点

 

加入者が増えると両方にメリットがある

ネットワークの外部性とは

同じサービスを 消費する個人の数が増えれば増えるほど、サービスから得られる利益が増える」現象のことをいいます。

簡単にいえば、多くの人が使うほど、ユーザーの利便性があがり、ユーザーにとっては、利用するメリットが増え、サービスを提供する側には利益が増えるというものです。

ネットワークの外部性の事例として、携帯電話、クレジットカード、合コンの幹事などがあります。

たとえば電話で考えてみましょう。

電話網への、一番最初の加入者はあまり利益がありませんし、お得ではありません。

 

ネットワークの外部性

 

なぜか考えてみましょう。

少し極端ですが、ユーザーがひとりや二人しかいない場合、電話をかけようとしても、受け手がいません・・・受け手がいないのであれば、わざわざサービスに加入しようとは思いません。

使いようがないからです。

 

最先端のテクノロジーは価格が高すぎて、お金を出して体験できる人が少ないのです。基本的に最先端のテクノロジーはお金持ちの人しか最初に売れません。

初期の利用者は、普及が遅れてしまうのでネットワークの外部性があまり働きません・・・

 

昔のテレビを考えてみましょう。

下の写真は昭和29年頃の日本です。テレビはまだ珍しく、最先端のテクノロジーでした。

 

今ではテレビは「Tver」などをスマホで見る時代ですが、当時テレビは最先端の発明であり、値段も12万5千円しました。銀行員大卒初任給が5600円なのでテレビ1台が初任給の20倍以上の金額です。

今でいうと、240万くらいの感覚です・・・

 

出典:燃えろプロレス

 

しかし、テレビも値段が下がり、今ではどんな家庭にも1台以上あります。

このように、ネットワークの外部性は、サービスや製品との価格にも関係してきます。

 

では話を戻して、電話について考えてみましょう。

電話に加入している人がいなければ、ひとりで携帯をもっていても寂しいし、お金がかかるだけです

 

ネットワークの外部性

 

では、3人目の加入者について考えてみましょう。

1 人目、2人目の加入者と通信ができるメリットができます!!2人目の加入者は、電話で他の人と楽しめるので、加入するかどうかを決定することができます。

 

大好きな彼女が電話をもっていたら、男性なら加入を考えるかもしれません。

 

ネットワークの外部性

 

では、一気に飛んで、同年代の加入者が100万人になったとしましょう。ここまで来ると、うわさで「電話って知ってる??」「電話使った?」などと、日常で話題になっています。

 

口コミが発生しているわけです。

電話は利用する人数が増えるほど、基地局が増えていきます。

 

すると、電話が使える範囲が広がっていき、どんどんユーザーは利便性が高まります。

さらに、加入者が増えていくと、口コミなどが起こり、勝手にユーザーが集まります。

すると、広告費が減り、事業として利益がどんどん出てきます。

 

サービスを提供する業者は、サービスの維持・広告コストが下がり、利用する人は誰とでも通話できるようになり、双方にメリットが出ます。

 

これがネットワークの外部性です。

 

使う人が増えるほど、メリットが増える

携帯電話、パソコンのOSなど ネットワークの外部性効果が出る。

 

ネットワークの外部性の事例

 

ソニーと松下のビデオ戦争

むかし、ソニーと松下がビデオで戦ったことを覚えていますでしょうか?

これは、MBAの教科書にものっている有名な話です。

結論を言うと、ビデオデッキのVHSがソニーのベータに勝利した「ビデオ戦争」です。この戦い、ネットワークの外部性を学ぶには、とても参考になります。

 

ソニーのベータビデオはVHSよりも圧倒的に優れていたにも関わらず、松下のVHSに負けてしまいました・・・それはなぜでしょうか?

 

vhsとベータ

当時、ビデオカメラ、テープの技術ではソニーのほうが上をいっていました。ソニーの「ベーター」は業務用のハイクオリティーな映像を家庭でも楽しめるものでした。

しかし、録画時間が短く、デッキも重く、組み立てる部品点数もソニーの方が多いというデメリットがありました。

 

反対にVHSは部品点数がソニー側よりも少なく、最大の特徴は「録画時間が長い」「安い」というところでした。

松下は、セミプロが使う市場よりも、「一般家庭」で利用できる製品を目指しました。松下はよりお客様の立場になって考えたわけです。

 

そして決定的だったのが販売戦略です。

ソニー陣営は、セールスに「アダルト」を使うことをしませんでした。下の動画を見るとわかります。なんて真面目なのでしょうか?(とても好きです)

しかし、松下陣営は違います。テレビコマーシャルでチラリズムを多用していきます。もちろんソニーとは違い、アダルトはOKです。

 

 

松下陣営の後押しもあり、アダルトビデオ業界はこぞってVHSの作品をどんどん作ります。これにより、ソニーのベータ陣営は徐々に苦戦をしいられていきます。

 

ついには、レンタルビデオ店に行くと、VHSの作品の方が圧倒的に多くなり。ベータの利便性は徐々に悪くなってしまいました・・・

 

いつの時代も、最新技術で楽しむ事といえば、男性なら「アダルト」のようです。映画を楽しむよりも「」

今の時代はVRやARが開発されつつありますが、やはり鍵を握るのは、「アダルト」の作品です。

 

 

 

ユーザーにとってはハイスペックな画像よりも、生理的欲求を満たす方がよいわけです。

 

どんなにすごい機能があっても、ソフトが充実していないと、ユーザーは増えては行きません・・・

ベーター陣営は徐々にアダルトによってユーザーを失い続け、敗戦してしまいました・・・

 

簡単にいうと

VHSは、外部の業界(アダルト業界)がこぞって参入。市場を一気にひろげました。レンタルビデオ屋もVHS規格のソフトを貸し出すことをドンドンVHSを強化。このことで、ネットワークの外部性が働き、VHSは市場を伸ばしました。

技術だけでは、商品が普及しないようです・・・

 

ユーザーの欲求、好みによりそった戦略を立てましょう。

 

VHSはアダルト業界によって勝利

ソニーの技術は優れていたが負けてしまった

ネットワークを作り利便性を高めた者が、最後に市場を独占する

 

プラスワークでは、サービスの質を落とさないため、契約は毎月5組までとさせていただいております。

ご連絡、ご相談などございましたら、今すぐご連絡くださいませ。

 

seo対策お問い合わせ

 

この記事を読んだ人は、以下のような記事にも興味をもっています

 


 

売上げをアップしたい

 ・ 何から勉強したらいいのか

 ・ 事業の成長曲線とは

 ・ 4P分析とは

 ・ブルーオーシャンとは

 ・ベンチマークとは

 ・ランチェスター法則とは

売上げをアップしたい

 ・ お問合わせが増えない

 ・ 滞在時間が短い・・・

 ・ 高額商品を売りたい

 ・ なぜか売れません・・・

 ・ SEO対策だけではダメなのか?

 

 

【SEO対策・webコンサルティングのプラスワーク対応エリアについて】

プラスワークでは、東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に全国でwebコンサルティング、SEO対策、ホームページの更新、運営代行をしております。売上アップをお考えならお気軽にご相談ください。

 

【SEO対策・webコンサルティングのプラスワーク 対応地域】

北海道 [ 北海道 ]

東北  [ 青森 | 岩手 | 山形 | 福島 | 秋田 | 宮城 ]

関東  [ 東京 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 栃木 | 群馬 | 神奈川 ]

甲信越 [ 山梨 | 長野 | 新潟 ]

北陸  [ 石川 | 福井 | 富山 ]

東海  [ 愛知 | 静岡 | 岐阜 | 三重 ]

近畿  [ 大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山 ]

中国  [ 島根 | 山口 |鳥取 | 広島 | 岡山 ]

四国  [ 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知 ]

九州  [ 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 ]

プラスワークでは全国でSEO対策、ホームページ更新、制作をしております。中小企業専門SEO対策・ホームページ更新制作会社、口コミのよいSEO対策会社をお探しならプラスワークにお任せくださいませ。

 

【東京都のseo対策の対応地域について】
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区 でSEO対策、上位表示、リスティング広告の値段でお困りなら、 口コミのよいプラスワークにお任せくださいませ。

 

 

 

【コンテンツ】

トップへ

更新レスキュー

料金について

制作実績

お客様の声

よくある質問

会社概要

お問い合わせ

【更新レスキュー】

ライトコース

ゴールドコース

プラチナコース

 

【その他】

ニュース

メルマガ登録

特別資料プレゼント

相互リンク募集中

【課題から探す】

ホームページの課題

SEO対策とは

SEO対策がダメな理由

上位表示されない理由

相互リンクとは

順位が落ちてしまう原因

 

 

フェイスブック  ツイッター