マーケティングとはそもそも、なんですか? 本当に必要ですか?

業種: 美容クリニック 歯科クリニック

 

 

解決方法

 

中小企業やクリニックにマーケティングが、なぜ必要なのか?

 

よいサービスや商品を作っている人に限って、マーケティングを勉強していません・・・

残念ながら、商品・サービスは知ってもらわなければ、お客様にとっては「ない」のと同じなのです。経営では営業の次にマーケティングが重要になります。

どんなによい商品を作っても、知ってもらわなければ意味がありません。

ピータードラッカーも「イノベーションとマーケティング」が大切だと 語っています。

マーケティングとは「商品が売れる仕組み」を作ることです。 「誰に、何を、どうやって売るのか?」を感覚ではなく

理論的に考えていきましょう。

 

 

絶対に覚えておきたいマーケティングの流れとは

 

マーケティングにはいろいろな理論があります。ほとんどが大手の会社に必要な考え方です。

中小企業に必要なのは以下の理論です。「マーケティング」では、まず市場の絞り込みからはじまります。

 

 

中小企業のマーケティングの流れ

 

 

市場を分析するに4P分析などを活用してください。さらにランチェスター法則を学び、市場を細かく分析して

小さい市場で「まずはNo.1」を狙ってください。小さくNo.1を作り、どんどん市場を制覇していきましょう。

その後、差別化。魅力化、効率化と進んでいきます。今は大枠だけつかんでください。

 

中小企業は、ランチェスター法則を徹底的に学びましょう!!

 

マーケティングがわかると、経営の全てが効率化されていきます。「ムリ、ムダ、ムラ」がなくなり、売上がアップします。

無駄な残業が減り、暇なのに売上のある、すごい会社になれるのです。 ぜひ、マーケティング理論をうまく使って、売れる会社、売れるサイトを作ってください!!

 

 

ランチェスター戦略とは

 

ランチェスター法則とはガソリンエンジンの会社を作った フレデリック・W・ランチェスター氏の発見した法則です。
ランチェスターは自動車の研究をしながら飛行機の研究も行っていました。

1914年10月2日に、「ピタゴラスの定理」にインスピレーションを得て、次の2つの法則を発表しました。

 

第1法則: 攻撃力=兵力数×武器性能

第2法則: 攻撃力=兵力数2×武器性能

 

第1法則は、1対1で戦う場合の法則
1対1で接近して戦う場合、お互いの武器性能が同じなら、 攻撃力は兵力に比例します。
つまり兵力が多いほど勝ちやすいわけです。
経営条件や営業マンの質が変わらなければ、 営業マンの数に比例して売上が上がるわけです。

 

第2法則は、「複数」 対 「複数」の戦いです
複数 対 複数なので、離れて戦う場合の法則です。
お互いの武器性能が同じなら、攻撃力は兵力数の2乗に比例します。つまり、兵力数が少ないと絶対的に不利になります。
これを経営に置き換えて考えてみると、 経営条件や営業マンの質が変わらなければ 営業マンの数の2乗に比例して営業力がアップしていきます。
営業マンが5人の会社と2人の会社が競争した場合、 結果は2乗した数値となるので、25対10となります。
差は15も 出てしまうわけです。


中小企業は人数が少ないので、エリアや市場を絞り込む!!

小さく一番をつくりましょう

 

ということです。大手企業は絞り込まなくても大丈夫です。認知度も営業マンの数も多いのでどんな戦略でも圧倒的に有利なのです。しかし、中小企業は人数が少ないので、絞り込んで一点集中するのが基本です。

中小企業は、どんなやり方でもいいので、小さくナンバーワンを作ってください。

ナンバーワンを作ることがまずは大切です。

お客さんはナンバーワンの会社で買いたい!!と思っています。中小企業は、まずランチェスター法則を学び、一点集中しましょう。

 

なぜナンバーワンを作らなくてはいけないのか?

 

ナンバーワンを作ると、一気に儲けが出始めます。ニッチでもいいから、とにかく NO 1 を作る事です。

ナンバーワンを作るという事は性能のよい武器で戦うのと同じです。性能がよい武器で戦うのが弱者の戦略です。

なぜナンバーワンが必要かというと・・・次の質問でよくわかります。

 

Q. 日本で2番目に高い山は何でしょう?

 

 

正解は「北岳」です。知っていましたか?? 少なからず、私は知りませんでした。

この事実を忘れてはいけません。

 

では、第2問目です。

Q. この山の名前は何でしょう?

 

 

見ただけで富士山とわかったはずです。1番の山は見ただけでわかります。誰もが知っているかもしれません。

つまり、2番目になると覚えてもらえない・・・ということなのです。

この事実を忘れてはいけません。

人間は2番目を覚えていないのです・・・ちょっと考えてみれば当たり前です。

知らない街に来た時に、「このあたりでオススメの店は?」と友人に聞いたとします。

すると

「ここらで一番うまいのはOO屋だよ」などと、勝手に1番のお店を勧めてきたりします。

人間は無意識に1番を記憶するようにできているのです。

事業をするなら、必ず小さくNo1 を目指しましょう。すると、土地や株に手を出さなくなります。1番作りを経営の中心にするのです。すると事業に集中ができるるようになるので業績がアップします。中小企業は必ず、小さいNo.1を作りましょう。


2番は誰にも覚えてもらえない・・・

小さい1番を作る事を、経営の目標にする!!

 

 

プラスワークでは、サービスの質を落とさないため、契約は毎月5組までとさせていただいております。

ご連絡、ご相談などございましたら、今すぐご連絡くださいませ。

 

seo対策お問い合わせ

 

 

 

この記事を読んだ人は、以下のような記事にも興味をもっています

 

売上げをアップしたい

 ・ 何から勉強したらいいのか

 ・ 事業の成長曲線とは

 ・ 4P分析とは

 ・ブルーオーシャンとは

 ・ベンチマークとは

 ・ランチェスター法則とは

売上げをアップしたい

 ・ お問合わせが増えない

 ・ 滞在時間が短いのでどうにかしたい

 ・ 高額商品をホームページで売りたい

 ・ 情報が多いのになぜか売れません・・・

 ・ SEO対策だけでダメな理由とは

 

もし記事がお役に立ちましたら、ぜひイイネボタンを押してください

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!!

 

 

 

 

【SEO対策・webコンサルティングのプラスワーク対応エリアについて】

プラスワークでは、東京、神奈川、千葉、埼玉を中心にを下記地域で対応しております。SEO対策、ホームページの更新をお考えならお気軽にご相談ください。

【SEO対策・webコンサルティングのプラスワーク 対応地域】

北海道 [ 北海道 ]

東北  [ 青森 | 岩手 | 山形 | 福島 | 秋田 | 宮城 ]

関東  [ 東京 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 栃木 | 群馬 | 神奈川 ]

甲信越 [ 山梨 | 長野 | 新潟 ]

北陸  [ 石川 | 福井 | 富山 ]

東海  [ 愛知 | 静岡 | 岐阜 | 三重 ]

近畿  [ 大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山 ]

中国  [ 島根 | 山口 |鳥取 | 広島 | 岡山 ]

四国  [ 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知 ]

九州  [ 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 ]

プラスワークでは全国でSEO対策、ホームページ更新、制作をしております。中小企業専門SEO対策・ホームページ更新制作会社、口コミのよいSEO対策会社をお探しならプラスワークにお任せくださいませ。