はじめてのホームページ作成

 

失敗する前に知っておきたいホームページのルールとは?

中小企業や、初めてホームページを作る場合、大企業のマネをすることは、あまりオススメすることができません。

なぜなら、大企業は信用も高く、広告にかけられるお金の桁が違います。

残念ではありますが、大企業と同じことをすると、本当に負けてしまいます・・・

 

 

中小企業には、中小企業のサイトの作り方があります

それは、ある方法を知っておくことが、とても大切になります。

 

何も知らない場合

デザインのよいページを作ればよいと思いがちです。しかし、これが大きな間違いなのです・・・ 何も知らないでサイトを作ると必ずと言っていいほど、見栄えのよい大手の真似をしたくなります・・・絶対にやめてください。

 

では、どのようなサイトを作ったらいいのでしょうか?

ホームページのデザインを考える前に知っておくべきルールがあります。

 

本来は、以下のように、マーケティング、広告の原則、集客の方法をきちんと知っておく必要があります。

 

 

 

 

マーケティングの基本をしらないと、いくらサイトを運営しても、あまり効果がありません。

さらに大事なことがあります。

 

ホームページを作品にすると失敗する

 

中小企業は見た目を追及してはいけない

これは、とても大切なことです。

多くのデザイナーやホームページ制作者はマーケティング、経営についての知識が足りません・・・

 

 

業界の構造として、ホームページの制作者はマーケティングと経営について、勉強をしていません。

というよりも、興味がないので、勉強をしない人がほどんどです。

 

なぜなら、デザインセンスがある人は、少し変わり者である場合が多いからです。

 

 

大手のブランド力のあるサイトは、文章を省いて写真のみのサイトなどでも大丈夫です

 

大手の名前が知られている会社の場合、ブランド力があるので、写真を中心にして、シンプルなサイトを作っても大丈夫です。

 

ブランド力とは、認知度、知名度、連想、歴史、イメージなどによって形成されており、長い時間をかける事で築かれていきます。起業したての会社がまねしようとしても、「歴史」という部分で必ず負けてしまいます。

 

事業は続けているだけで価値があります。なぜなら、「続けられるのは、顧客に支持されているからだ!!」と人間は考えてしまう傾向があるからです。

 

出典:バルミューダさん

 

中小企業が目指すのは、バルミューダさんのサイトを目指しましょう。

かなりハードルは高いですが、デザイン、使いやすさ、画像、センス、キャッチコピー、マーケティングなどが参考になります。

 

具体的に、どのようなところをマネたらいいのか?については、契約した方にだけお教えさせていただきます。

 

話は戻り、業界の構造上、デザイナーは営業が取ってくる仕事をするのが基本です。分業制になっているのでマーケティングを勉強しなくてもいいわけです。

 

そのため、デザイナーは経営について勉強していません。

 

お客様との細かい調節は営業マン。「デザイナーはサイトを作るだけ」という構造が、中小企業向けサイトが作れる人材を減らしています。

 

デザイナーはお客様のウケ、営業マンのウケがよいページを作るだけになってしまいます。

ホームページのデザイナーは見た目がよい作品を提案してきます。

 

 

なぜ見た目を重視してしまうのか?

 

なぜ、サイトのデザインをよくしたがるのか?については3つほど理由があります。

 

見た目だけで、売れるように見える

クレームが少ない

修正が少なく楽に終わる

 

デザインのよいサイトを作る理由の裏にはこのような原因が隠れているわけです。

業界で話題になればなるほど、デザイナーは自分で独立して会社が作れるようになります。そうなれば、毎朝、会社に出勤しなくてすみます。給料も上がります。

 

デザイナー制作単価が上がり、大手企業から仕事がたくさん入ってきます。

大手企業の経験を積み終わると、独立して中小企業のページをつくり出します。そのときに、お客様にこう言います

 

私は大手企業のWEBをたくさん手がけています。まかせてください

 

マーケティングを勉強しないで、中小企業のページ作りはじめます。

もちろんですが、中小企業と大企業ではマーケティングの仕方が違います。結果は想像にお任せします・・・・・・

 

売れそうなのに、売れないサイトが出来上がる

 

デザインのよいページは、修正が少ないので、手間がかかりません。

お客様も見た目がよいとお問い合わせ、資料請求がなくても満足してくれます。これがホームページを

きれいにつくる主な原因となってしまいます。

 

デザインをよくするには、文字を少なくして、よい写真を使い、英語を多用すればいいのです。

 

 

さらに次の事例を見てください。 いかがでしょうか?

 

出典:https://vipp.com/en/

 

非常にシンプルなデザインです。ブランド力があり、製品の質がよく、伝統があり、すでに多くのファンを抱えている会社であれば、このようなシンプルなサイトで大丈夫です。しかし、ブランド力がない中小企業には、このようなサイトを作るには、まだ時期が早いのです。

 

デザインのよいページをつくると、知り合いの経営者にこう言われます。

『社長ページ見たよ!!』『おしゃれでいいね~~

『うちもおたくの会社みたいにしたいよ~~』 効果はこれくらいです。

 

褒められるのはそれは、それで嬉しいのですが・・・・・・

時間がたつと褒められる事もなくなり『コストをかけたからには、売上げを上げたいなあ~~』と思うはずです。

 

「売上げよりも、企業をイメージを優先する会社さんは、ぜひイメージ先行のサイトを作ってください。それはそれで、意味があることなので止めません。

さらに、「ブランディング」のためにやっている場合などは、イメージを優先してください。

 

デザインが良ければ売れるように見えてしまう

おいしいお店には人が並びます。このようなお店には外観や内装は関係ありません。

味=中身で勝負しているからです。味がずば抜けていると、お客様は口コミでどんどん増えます。

ホームページもこれと同じことが言えます。

 

 

 

 

ホームページについて何も知らないとデザインがよいサイト =売れるサイト と思ってしまいます。

お店もそうですが、本当に大事なのは中身です。お店の場合は、内装や外装で選んだりしますが、店員の態度が悪かったり、サービスがダメだったらもう行かないと思います。

 

出典:阿夫利さん

 

ホームページも同じで、いくら見た目が良くても中身がダメだと二度と訪問してくれません。ホームページは戻るボタン一つですぐにページから出て行ってしまいます・・・

 

きちんとお客様のほしい情報を提供すること

つまり、サイトをどうやって構成するのか?がデザインよりも大切なことなのです。

 

 

 

イメージだけで売れるなら、苦労はしません

左側はイメージホームページと言って、大企業の取る手法です。

ブランドイメージを高めるために、写真を大きく表示して、芸能人などを使っています。これは、実績があり、社会的に認知されているから、使える手法です。

中小企業がまねをすると、痛い目にあいます・・・

 

 

 

大企業のサイトは、文章が少ないので、デザインはすっきりしています。

ブランドネームがあるので、お客様に詳しく商品を説明する必要がないのです!!その分、テレビのコマーシャルなどに多額の広告費をかけています。

きれいなサイトを作るのは、大手企業に適した方法なのです。一方、右側はセールス型ホームページです。

ブランド、知名度がないのでキャッチコピーで興味をわきたて、文章を読んでもらいます。目的は、ページ読んでもらい、お客様に他社にはないメリット・想いを感じてもらうことが大切です。

 

中小企業はレスポンス型の広告をつくってください!!

 

他の会社にない魅力を、文章で演出できればお客様は必ず資料請求、お問い合わせしてくれます。

 

 

下請けの問題

 

ページ制作者の悲すぎる現状とは?

多くのホームページデザイナーは、営業マンが取ってきた仕事をしています。

営業マンは営業、デザイナーはデザイン。をするのは、会社であればごく当たり前ではありますが、ここに大きな問題があります・・・

広告代理店は営業で仕事を取ってきて、下請け会社に流すのが主な仕事です。つまり、下請け会社は安い値段で、一度もあったこともないお客様のために、安くページを作ります。

これが、ホームページ制作業界の問題点でもあります・・・

 

 

デザイナーは打ち合わせを広告代理店の営業マンとしかおこないません・・・・・・ (大手のサイト制作の場合、デザイナーも参加しますが)中小企業のサイト制作では、会わずに仕事をすることが多いのが現状です。

これでは、お客様がどのような事を望んでいるのか? 詳しく知ることができません・・・

 

考えてみてください。

こんなやり方で、デザイナーや制作者のモチベーションが上がるでしょうか??

 

少なくとも私は、会ったこともない人のために全力を尽くそうとは思いません。

そのため、ホームページが適当なものになってしまいます。きちんとした会社は、デザイナーが同席して、イメージの方向性などを調節します。

きちんとした会社かどうか?は打合せの時にきちんとサイト制作者が同席する会社です。

さらにもうひとつ、問題点があります・・・それは、広告代理店です。

 

ホームページ制作サービスもしている、悪質広告代理店の存在です。

 

作ったホームページが効果が上がらずにいると、ある日訪問してきてこういいます。

 

社長: 『A君、ぜんぜん問い合わせ、資料請求がこないよ・・・・』

営業: 『社長、ページとコンテンツを増やして、アクセス数を上げましょう

営業: 『アクセスを上げれば大丈夫です。まずはSEO対策がいいですよ

 

こんな感じです。

SEO対策がダメだと、次はリスティングです。(ヤフー グーグルに広告を出すこと)『やっぱりリスティング広告ですよ!!社長』

YahooとGoogleに広告を出すと反応率がアップします!!

 

そしてなんだかわからず、とりあえずリスティング広告をはじめます。

広告に効果がないと、今度は『時代はツイッターです、フェイスブック、ラインです』 と言い出します・・・

webの戦略をきちんと理解していないので、もちろんダメです・・・このように、SEO業界、ホームページ制作業界にはまだまだ問題点が山積みになっている状態なのです

 

経営とマーケティングを知っているデザイナーが少ない

キレイなサイトだと売れる気がする

効果のないページで集客してしまう

集客ノウハウがない

 

 

このように多くの問題点をまず知ることが、よいページを作る最低限の条件になります。

 

 

では、ホームページで成功するための条件とはなんでしょうか??それは・・・webマーケティングの計画をしっかりと立てることです

 

情熱や熱意を伝える

 

どれだけ、こだわっているのか?知らせる

小さい会社や個人事業主は、商品・サービスではなく商品・サービスに対する想いを伝えてください。

商品にかけた想い、サービスにかけた時間、熱意、は他の誰も真似することができません。「感情」をゆさぶり心を動かすことで製品やサービスを販売するのが、中小企業のブランディングです。

 

 

誰も真似ができないということは、それだけで差別化ができる!!ということなのです。

「差別化なんてない!!」などと考えている経営者が多いかもしれませんが。

「あなた」がこの仕事をしていることが、一番の差別化になります。

 

他の誰かではなく、「あなた」がやるからこそ意味があります。

これは、個人ブランディングと呼ばれる、マーケティングの手法です。個人ブランディングをするにはぜひ、以下の事を考えてみてください。

 

・なぜ、この仕事をしているのか?

・どんな気持ちでこの仕事を続けているのか?

・今後、世の中をどう良くしていきたいのか?

 

あなたの想いを買っていただくのです。これが中小企業ではとても大切なことなのです。さらに大事なことがありますが、それは契約した方にお教えいたします。

 

当社では、サービスの質を下げないために、毎月の契約は限定5社までとさせていただきます。

申し訳ありませんが、取引をお待ちいただく場合がございますので、ご了承くださいませ。

ご連絡は今すぐ、下記の番号まで!!

 

 

 

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

 

絶対に失敗しないSEO業者の選び方とは?

SEO業者はどのように選んだら失敗しないのか?

なぜダメな業者を選んでしまうのか?

業者選びに悩んでいる方はぜひお読みくださいませ

 

売れるサイトを作るのに知って起きたい知識

サーチエンジンマーケティングという言葉をご存知でしょうか?

ホームページで商品やサービスを売る時に知っておきたいマーケティング

についてご紹介いたします。

seo対策をするメリットとは

SEO対策をする5つのメリットとは?

なぜ上位表示させることが大事なのか?なぜSEO対策をする必要があるのか

についてご紹介させていただきます。

 

内部要因とは

SEO対策の内部要因とは?

上位表示させるためには、内部要因について知っておくことも大事です。

キーワードを上位表示させるために必要なのは、ソースコードを最適化することです

内部要因の対策について知りたい方はこちらへ

 

キーワード対策をするまえに

キーワード対策をする前に

そのキーワード対策。ちょっと待ってください。

そのまま対策をすると、必ずお金を損してしまいます。個人事業主や中小企業は

そんな大きなキーワードで対策をしてはいけません。

広告費用が高くなる理由とは

広告費用が高くなる本当の理由とは?

売れないサイトに集めていませんか?広告費用がかかるわりには

お問い合わせが少ない・・・と感じる方は多いはずです。

購入率の悪いサイトに集客をしている可能性があります。

 

 

 

 

【SEO対策・webコンサルティングのプラスワーク対応エリアについて】

プラスワークでは、東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に全国でwebコンサルティング、SEO対策、ホームページの更新、ホームページのリニューアル運営代行をしております。売上アップをお考えならお気軽にご相談ください。

 

【SEO対策・webコンサルティングのプラスワーク 対応地域】

北海道 [ 北海道 ]

東北  [ 青森 | 岩手 | 山形 | 福島 | 秋田 | 宮城 ]

関東  [ 東京 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 栃木 | 群馬 | 神奈川 ]

甲信越 [ 山梨 | 長野 | 新潟 ]

北陸  [ 石川 | 福井 | 富山 ]

東海  [ 愛知 | 静岡 | 岐阜 | 三重 ]

近畿  [ 大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山 ]

中国  [ 島根 | 山口 |鳥取 | 広島 | 岡山 ]

四国  [ 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知 ]

九州  [ 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 ]

プラスワークでは全国でSEO対策、ホームページ更新、制作をしております。中小企業専門SEO対策・ホームページ更新制作会社、口コミのよいSEO対策会社をお探しならプラスワークにお任せくださいませ。

 

 

【コンテンツ】

トップへ

更新レスキュー

料金について

制作実績

お客様の声

よくある質問

会社概要

お問い合わせ

【更新レスキュー】

ライトコース

ゴールドコース

プラチナコース

 

【その他】

ニュース

メルマガ登録

特別資料プレゼント

相互リンク募集中

【課題から探す】

ホームページの課題

SEO対策とは

SEO対策がダメな理由

上位表示されない理由

相互リンクとは

順位が落ちてしまう原因

 

 

フェイスブック  ツイッター