売れない理由はどこにある?

 

ホームページを作って、SEOをやっても売り上げがアップしない理由とは?

実は、ホームページ業者に、ページを作ってもらっても、SEO業者にサイトの順位アップを頼んでも売上げがアップすることは、ほとんどありません・・・・

これを知らないと、広告費だけを無駄に使ってしまうことになります・・・

なぜ、このような事が起きてしまうのか?というとまず、以下のような悪い業界の習慣があるからです・・・

 

 

上の図をみてください。分かりやすいように、イラストにしてみました。

ホームページ業界では、webデザイナーや製作者はすべて下請けのような仕事をしています・・・

 

2018年の現在、ホームページの制作だけで食べていく事はかなり難しいと言えます・・・なぜなら、ホームページの制作費用はかなり安くなっているからです。

多くのデザイナーは、ホームページを一回作ると、次に仕事が来るまでに、かなりの時間がかかっています。

引く手あまたな人は、少ないのが現状です。

 

定期的に営業をして、自分でお客さんを開拓できるデザイナー・制作者ならばいいですが、そんな人は数が少ないのが現状です。

つまりリピートがないので、1回のホームページ制作で稼ぐしかないのです・・・

 

さらに、最近では、ワードプレスやウィックス、CMSと呼ばれる自社でホームページを更新できるサービスが増えました。自分サイトを更新する人が増えたので、webサイトを作るだけでは食べていけないくなった人々が市場にあふれてしまいました。

昔はホームページをつくればそこそこのお金になりました。

今でも大手の仕事は100万~1000万単位の仕事がありますが、数が少ないのが現状です。

 

今ではホームページをつくる金額が低くなりすぎて、独立する人も減っています・・・

これは、住宅、リフォーム業界と似ています。職人が減ってしまったのも、職人が儲からなくなったからです。

 

そこに追い打ちをかけるようにして「下請け問題」があります。ホームページのデザイナーや製作者は営業が不得意です・・・

営業ができれば、値段の交渉などが直接できますが、営業ができない場合、値段は営業会社、広告代理店の言いなりになってしまいます・・・営業ができないデザイナーやサイト制作者は自分で仕事が取りにいけないので、営業が強い会社の下請け仕事をするしかありません・・・

安い金額で仕事をして、さらに営業マンに画像変更、デザインの修正など何度も依頼され、疲れるのに、利益が出ない・・・という状況になっています。

 

 ・サイトを作っても、お金にならない、製作業者 

 ・言われたとおりにページをつくるだけの個人事業主

 ・そもそもSEOの知識がないのに、サイトを作っているデザイン会社さん

 ・経営戦略を知らず作品を作りたがるwebデザイナー

 ・値段をたたかれて 適当にサイトを作る、下請け制作会社

 ・マーケティングを理解してない営業マンと経営者

 ・アクセスアップ=売上アップという にせSEO業者

 

このような人々が多いのがIT業界です。

残念ながら、2007年ごろからすでに10年近く時間がたっていますが、なんの変わりもありません・・・ホームページはwebデザイナーと呼ばれる人々が制作をして、プログラマーがシステムを作ります。

現在では、ワードプレスなどが普及したので全て一人のスタッフが制作することも多くなりました。

 

実はここに大きな問題があります。

webデザイナーは営業や経営をしたことがない職人気質かクリエーターの人がほとんどです。彼らの特徴は

 

経営戦略、マーケティングについてほとんど知らない!!

 

といったかなり致命的な欠点があります。

これは経営をするうえでかなり致命的です。日本の伝統工芸品は、確かに技は素晴らしくどれも物としては一級品です。しかし、それを伝える努力をしていません・・・

どんなに良いものを作っても、伝える方法を知っていなければ物は売れません。サービスも売れないのです。

伝える努力をして、初めて売れるのです。

 

 

webデザイナーやシステム屋というのは、自分が納得できるオシャレなデザイン、システムを作りたがります。

「売上げなんて、なんの関係もない」「デザインがよければ、クライアントも喜ぶでしょ」「デザインの仕事がしたい!!」と考えている人ばかりです・・・

 

webデザイナーはホームページの作り方は知っていますが、商売については素人です。商売はマーケティング、営業力、商品開発力の3つが絶対に必要です。

 

さらに、言い方は悪いですが「商売は売れなければ意味がない」のです。 売れたら正解なのです。

商売をするには、少なからず、マーケティングについての知識、ランチェスター戦略、USP、ダイレクトレスポンス広告、キャッチコピー、財務、人事管理などさまざまな知識が必要になります。

会社経営のなんたるか?会社の戦略とは何か?まったく興味がないデザイナーにページ作成やSEO対策を頼んでも、効果が上がるわけがありません・・・・・

 

さらに問題なのが

 

下請け会社として、安く仕事をしてしまう・・・

 

というところです。デザイナーはなにしろ営業が苦手です。そのため、営業が得意な会社が強引にとってきた仕事を流してもらいます。

営業会社は、マーケティング、SEO対策、リスティング、ブログの使い方、文章の書き方そんなことは知りません。

営業マージンを取って、安い値段で下請けの制作会社に仕事をまわします。

下請け会社は安い値段で仕事をしなければいけません・・・・・

 

安い金額だと手抜きが多くなる

 

安い金額だから、手を抜くしかない・・・

ホームページを作る場合、マーケティングからしっかりと検討しなければダメです。さらにSEO対策を考えてページを作りこむ必要があります・・・

安い値段で作ったページをみると、ほとんどがSEO対策で手を抜いています。特にSEOの内部要因と呼ばれる部分は、お客様に見えない部分なので、手抜きをしやすい部分です。

 

ブラックボックス化されているので、素人ではわかりません。どこで手を抜くか?は人によって違いますが、手を抜かれたサイトは上位表示されずらくなります・・・

 

実際にサイトを運営しているとSEOについてわかってきますが、経験がない人は手抜きを見破ることはできません・・・

見た目は普通のページなのですが、ソースと呼ばれる部分がめちゃめちゃです。そのため、検索エンジンに登録しても、上位に表示されません・・・

 

 

もし、基礎工事で手を抜いたらどうなるのでしょうか? コンクリートに大量の水をまぜたら、ひびが入りやすくなります。

耐震補強の装置を入れ忘れたらどうなるでしょうか・・・

ホームページは家づくりと同じです。

表面はきれいなサイトでも、SEO対策をしていなければ誰も見てくれません。

 

高いお金を出して、誰も見ないものをつくる・・・そんなバカげた話があるでしょうか?

この情報は、これ以上書くとクレームがきそうなので、お話するのはやめておきます。

さらに、問題なのが、広告について無知な営業と制作者です。

 

 ホームページ作りは、家づくりと同じ 

 素人には、内部の構造がわからない

 本当はマーケティングからしっかりと検討しなければいけない

 安い金額だと手を抜く業者が多い

 

 

宣伝の仕方が違う

 

広告には大きく分けで2種類があることをご存知でしょうか?

広告は2種類があります。 ひとつは「イメージ広告」、もう一つは「レスポンス広告」と呼ばれるものです。

イメージ広告は、大企業が自社ブランドを 世の中に認知させるときに使います。 写真を大きく使うタイプのものです。サイトもイメージ型のサイトとレスポンス型のサイトがあります。

 

 

街中でみかける大手企業の商品ポスター ・・・・・ 

イメージ広告はブランドの認知度、サービス名を多くの人が知っている場合は効果があります。 大企業だけが許される方法なのです。

ブランドが知られていない中小企業がイメージ広告、イメージサイトを作るととんでもない目にあいます・・・・・・

知らない商品、会社がイメージだけで商品を売ろうとしても、誰も買いません。

そもそも、あなたの会社のよさを、まだわかっていないからです。当たり前の話です。

 

人は、違いがわからない場合、「知名度」で判断します。さらに、人は違いがわからない場合、「脳を使いたくない・・・」「なるべく考えなくてよいほうを選ぶ」という行動をとります。

 

知らないものには、なかなか手を伸ばさないのが人間なのです。いつもの見慣れたものを選ぼうとする人が全体の8割もいるのです。だからこそ、大手企業は高い金額を払ってテレビCMをするわけです。

 

どんなに良い家を作っていても、何も知らない人には大手のハウスメーカーの名前のほうが安心感があるのです・・・

制作会社のデザイナーでも、広告の2つの違いを知っている人は少ないのが現状です。

なぜなら以前は、私も知らなかったからです・・・

 

中小企業は、認知度が低いので、イメージ写真を使うよりも、文章でお客様の感情をゆさぶったほうが効果があります。

さらに言うと、自分がなぜ、この仕事をしているのか?という

熱い想いをお客様に伝えることが大切です。

 

DRMと呼ばれる手法を学べば、中小企業でも大企業に勝てるサイトができるのです。

もし、DRMについて詳しく知りたい方は、ご相談くださいませ。想いによって、商品、サービスを売る方法をお教えいたします。

 

SEO対策にもやり方がある

 

大手SEO対策会社に100万以上ついやしてしまった人

5年ローンを組んでしまった人、たくさんの人がSEO対策で泣いていると思います。高い金額を払ったのに、効果が出ない・・・なぜこのような事が起こるのでしょうか?

 

 

 

その原因は「勉強不足」と「楽をしようと思ったから」です。冷静に考えてみてください、楽に結果が出るものなどこの世にはないのです。ダイエットと同じです。食べてやせられるならだれも苦労しません・・・

ついつい食べてしまうから太ってしまいます。

本来はページ作りやマーケティング、ブログ、動画などをしっかりやらなければいけないのに、手を抜いていたから失敗したのです。

 

営業マンの甘い言葉にだまされてSEO対策して失敗してしまった人「すぐに結果がでる」 と言われて契約してしまった人 次は失敗しないように、きちんと原因を分析してください。今回はSEO業者だけが知っている

SEO対策をしてもダメな理由をお伝えいたします。

 

売れないサイトに人を集めていませんか?

 

サイトの購入率について知ろう

ほぼ9割のサイトが売れない構成になっています。ごく単純な話ですが、サイトには購入率というものがあります。

リフォーム 激安 東京」で検索した人がいるとしましょう。

 

検索している人の数が、毎月1000人だとします。そのうち100人が訪問し、1人が買ってくれました。

この場合、購入率は1%になります。

 

もし仮に、1人購入してもらうことで粗利が30万出るのであれば、30万儲けたわけです!!

 

 

つぎにサイトを改善して購入数が5人になったとしましょう。30万×5人=150万の利益になります。

どう考えても5人に買ってもらった方がよいはずです。

 

つまり、サイトから売上げをアップさせたいのであれば、なによりも成約率を上げることが大切なわけです!!

成約率が5倍になれば、売上は5倍になります。ほとんどのサイトが購入率が1%もないのにSEO対策をしようとしています。

 

だれも買わないサイトに人を集めようとしているのです。

 

これに気がつくと、サイトに対しての認識が変わるはずです。集客についても、本質を理解したことになります。

では何を改善しないといけないのでしょうか?

 

 

何を改善してたらいいのか?

 

本当に改善しなければいけないのは、マーケティング、会社の戦略です。

まずはマーケティングについて、基本的な事を知ってください。代表的な手法としては、SEMと呼ばれる手法です。

人間が商品を購入するまではには、以下のような心理的な動きがあります。

 

 

興味を持ったからすぐに買い物をするわけではないのです。

さらに、現在では口コミサイトが普及しているので、比較する場合、検索サイトをみます。

 

商品、サービスの購入までには上の図のような流れを全て点検して改善していく必要があります。

改善と言っても難しく考える必要はありません。小さい改善を繰り返せばいいのです。

 

プラスワークのwebマーケティングでは、興味から購入までの流れを全て改善していきます。改善の方法は、毎月PDCAを拘束に回転していきます。

 

SEO対策を見てください。みどりの部分です。 つまり検索訪問する対策だけをしても売上が上がらないと言うことです。この手法をSEMということもああります。SEMです。覚えておきましょう。

 

アクセスを確認していますか?

 

なによりも大事なのがアクセス解析をすることです。

ほとんどの会社が馬鹿にしてやっていません。もしくはどこを見たらいいのかわかっていません・・・

きちんとみてサイトを分析すると、右肩あがりでサイトのアクセスは増えていきます。

 

アクセス数を見ると、なんのキーワードから、どのくらい人がきているのか?がわかります。まずは、平均滞在時間の長い順に並べ変えてみましょう。

 

 

 

平均滞在時間が長いということは?そうです、サービスを受ける気がある、買う見込みの高い人です。つまり売上につながりやすくなります。

これをみてもわかるように、スモールキーワード、ミドルキーワードの方が滞在時間が長いことがわかります。

だからこそ、スモールとミドルキーワードを対策しなければいけないのです。

 

中小企業のキーワード対策は?

 

アマゾンのロングテール対策をご存知でしょうか?

アマゾンはものすごいマニアックな本を販売することで業績を伸ばしてきました。検索は少ないがその分競合も少ない本を売ることで今のような規模になりました。実は、これがSEO対策の本質なのです。

 

 

 

 

多くの人がビックキーワードを対策すればいいと思っているはずです。しかし、ビックキーワードは競合が多くすぐに検索順位が落ちてしまいます・・・

たとえば「リフォーム」と検索する人を考えてみましょう。

たしかに検索数が多いですが、「リフォーム」の何を知りたいかわかりません。

 

「リフォーム 激安 東京 品川区」の場合どでしょうか?何を目的にしているか、キーワードだけでわかります。

さらに

「リフォーム 激安 トイレ 品川区 工務店 口コミ」

ここまで来るとさらにわかりやすいはずです。 トイレの激安工事をしてくれる工務店の口コミをさがしています。この人はかなりの見込み客だと思いませんか?

 

つまり、購入見込みが高い=ミドル・スモールキーワードなのです

 

プラスワークでは以上の理由から、SEO対策だけでは意味がないという結論を出しました。

そこで作ったサービスが

 

 

SEO対策とセットでリニューアル

 

 

というサービスです。現在では、「短期間で結果をだしたい!!」という会社さんが増えたので、初期費用でサイトを構築しなおして、毎月サイトを改善するサービスをしております。

プラスワークではSEO対策と共にアクセス数を調べサイトを修正していきます。

これが一番ベストな対策だと、当社では確信しております。

 

アクセス解析をしながら、ページを作りこみます。さらに、特殊な方法でキーワードを上位表示させていきます。ご興味のある方は、ぜひ当社担当者までご連絡くださいませ。

 

 

 

【SEO対策・webコンサルティングのプラスワーク対応エリアについて】

プラスワークでは、東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に全国でwebコンサルティング、SEO対策、ホームページの更新、運営代行をしております。売上アップをお考えならお気軽にご相談ください。

 

【SEO対策・webコンサルティングのプラスワーク 対応地域】

北海道 [ 北海道 ]

東北  [ 青森 | 岩手 | 山形 | 福島 | 秋田 | 宮城 ]

関東  [ 東京 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 栃木 | 群馬 | 神奈川 ]

甲信越 [ 山梨 | 長野 | 新潟 ]

北陸  [ 石川 | 福井 | 富山 ]

東海  [ 愛知 | 静岡 | 岐阜 | 三重 ]

近畿  [ 大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山 ]

中国  [ 島根 | 山口 |鳥取 | 広島 | 岡山 ]

四国  [ 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知 ]

九州  [ 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 ]

プラスワークでは全国でSEO対策、ホームページ更新、制作をしております。中小企業専門SEO対策・ホームページ更新制作会社、口コミのよいSEO対策会社をお探しならプラスワークにお任せくださいませ。

 

【東京都のseo対策の対応地域について】
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区 でSEO対策、上位表示、リスティング広告の値段でお困りなら、 口コミのよいプラスワークにお任せくださいませ。

 

 

【コンテンツ】

トップへ

更新レスキュー

料金について

制作実績

お客様の声

よくある質問

会社概要

お問い合わせ

【更新レスキュー】

ライトコース

ゴールドコース

プラチナコース

 

【その他】

ニュース

メルマガ登録

特別資料プレゼント

相互リンク募集中

【課題から探す】

ホームページの課題

SEO対策とは

SEO対策がダメな理由

上位表示されない理由

相互リンクとは

順位が落ちてしまう原因

 

 

フェイスブック  ツイッター