売れるサイトを作るには

 

売れている会社が知っている事とは?

売れているサイト、ホームページの運用がうまくて、売上があがっている会社さんは、広告の原則についてよく理解をしています。広告には「ある原則」があるのをご存知でしょうか?

 

ホームページを作るときも、「広告の原則」を知っていることが、とても大切です。 ホームページは、サービスの紹介、広告、採用情報、口コミなど全てをまとめたものです。

 

 

今までに、このような媒体は存在しませんでした。つまり、人類は初めて電子空間に「情報媒体」をつくる!!という作業をしています。あたりまえですが、ホームページも広告も、製品やサービスを売るために作ります。

もしくは知ってもらうために作ります。

そのため、広告と同じように、心理学に基づいた作り方が必要になります。

 

イメージ広告とレスポンス広告の違いとは?

中小企業はレスポンス広告

広告には2種類あります。イメージ広告とレスポンス広告です。

この2つの違いはなんでしょうか?

イメージ広告は、大企業が自社ブランドを世の中に認知させるときに使います。 よく使う手法は、芸能人をつかう方法です。

これは、芸能人が持っているイメージを利用して自社のブランドのイメージアップをする。

というものです。

 

サントリーブランドサイト

 

芸能人を使うのは、比較的に値段がやすい商品を売っている会社に多い傾向にあります。

 

 

シャンプー、化粧品などは商品に大きな違いが出ません・・・

はっきり言ってしまうと、中小企業で作っている製品の方が、身体にもよく、環境にもやさしいものが多くあります。

しかし、認知度が高い製品の方が売れます。 

日本人の8割の人は、自分のあたまで物事を考えません。 小泉政権の時に話題になったB層と呼ばれる人たちです。

彼らは、雰囲気にながされ、「コスパ」という価値観でしか、物事を見る事ができません。

 

はっきり言えば、大手はB層相手に商売をしています。大衆は、あまり考えません。ゆえにイメージさえ与えておけば製品やサービスは売れます。かなり過激な言い方ではありますが、これは真実でもあります。

B層に売り込むには、イメージ広告が必要なのです。

イメージ広告はブランドの認知度がある、大手の場合は効果があります。ちなみに、ブランドを浸透させるには、かなり大規模なマーケティングや、広告費用、時間がかかります。

つまり、ブランドが知られていない中小企業が行うと、とんでもない目にあいます・・・・・・

 

イメージとレスポンス広告の違いとは

 

イメージ広告と、レスポンス広告の違いについてまとめてみました。

 

 

イメージ広告

レスポンス広告

特徴

イメージ中心

キャッチコピー中心

目的

ブランドイメージアップ

お問い合わせ 注文 資料請求

予算

1億以上

なし

対象

大企業向け

中小企業向け

コスト

高額

安く作れる

向いている会社

食品(ロッテ マック ビール)

シャンプー (資生堂 etc)

車(トヨタ ホンダ 日産 )

健康食品 住宅業界

中小企業全般

個人事業主

 

イメージ広告は、お客様に認知度があることを前提に、広告を作ります。広告は文章が少なく、商品のイメージあわせたキャッチコピーがついています。

 

『かむ人は強い』

 

これは、少し前のある会社の広告です。これは、多くの人がキシリトールを知っているから成り立つキャッチコピーです。

これは、芸能人の持っている、個別のイメージを商品とセットにして、イメージを植え付ける広告です。

ちなにみ、このような手法を使うのは、日本が多いようです。これは、テレビを見ている人が多いからこそ成り立つ手法であり。

現在、視聴率が低下している日本では、長期的には通用しなくなる可能性があります。

 

この

『 かむ人は強い 』 というキャッチコピー

誰も知らない中小企業がやったら、どうでしょうか??

はっきり言うと、

認知されていない会社や、商品が、大企業と同じコトをやると売れません

見たことも・食べたこともない商品広告で

『 かむ人は強い 』 といわれても、意味がわかりません。

それ以前に、有名人を起用するお金もありません・・・・

だからこそ中小企業は  お客様の心を文章でゆさぶり、購買につなげる方法 が必要なのです。

 

キャッチコピーでお客様を揺さぶる方法とは

 

キャッチコピーを変えるだけ文章を読んでもらうことができます。例えば上の広告を中小企業が作るなら

 

 

『1日5分 カムだけで体の調子がよくなる、驚くべき方法とは??』

 

といったキャッチコピーにして、次の文章を読ませたくするのがよい方法です。

文章はちょっと変化させると、読んでもらうことができます。うまく活用するには、ちょっとだけ法則を知っている必要があります。

覚えていただきたいこと

 

お客様は自分のほしい情報が書いてあれば、文章を読む!!

 

ということです。

『お客さんは、より詳しい情報』をほしがっています。さきほどの広告で『かむ人は強い』と書いてありましたが

購入する人にとっては、なぜ 『かむ人は強いのか?』 知りたいのです。

 

キャッチコピーは、次の文章を読ませるために書く!!ということを覚えておいてください。

レスポンス型のサイトを作るには、キャッチコピーや文章がとても重要になります。

文章の作り方については、当社にて指導いたします。

 

もし、このページの文章を上から、ここまで読んでいる人がいましたら私の文章が成功したのかもしれません。

文章の具体的な書き方については、コンサルティングコースをご利用いただければお教えいたします。

 

当社では、サービスの質を下げないために、毎月の契約は限定5社までとさせていただきます。

申し訳ありませんが、取引をお待ちいただく場合がございますので、ご了承くださいませ。

ご連絡は今すぐ、下記の番号まで!!

 

 

 

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

 

リンク対策はもう古い、これからはコンテンツSEOの時代

外部リンク対策をするのは、すでに昔のはなし。最新のコンテンツSEO対策とは何か?

絶対に失敗しないSEO業者の選び方とは

SEO業者はどのようにえらんだらいいのか?なぜダメな業者を選んでしまうのか?SEO業選びに悩んでいる方はぜひお読みくださいませ

外部リンク対策とは何か

今では古くなってしまった手法ですが、外部リンク対策について知っておくことは大事です。外部リンク対策とその危険性についてご紹介いたします

 

 

 

【SEO対策・webコンサルティングのプラスワーク対応エリアについて】

プラスワークでは、東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に全国でwebコンサルティング、SEO対策、ホームページの更新、運営代行をしております。売上アップをお考えならお気軽にご相談ください。

 

【SEO対策・webコンサルティングのプラスワーク 対応地域】

北海道 [ 北海道 ]

東北  [ 青森 | 岩手 | 山形 | 福島 | 秋田 | 宮城 ]

関東  [ 東京 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 栃木 | 群馬 | 神奈川 ]

甲信越 [ 山梨 | 長野 | 新潟 ]

北陸  [ 石川 | 福井 | 富山 ]

東海  [ 愛知 | 静岡 | 岐阜 | 三重 ]

近畿  [ 大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山 ]

中国  [ 島根 | 山口 |鳥取 | 広島 | 岡山 ]

四国  [ 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知 ]

九州  [ 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 ]

プラスワークでは全国でSEO対策、ホームページ更新、制作をしております。中小企業専門SEO対策・ホームページ更新制作会社、口コミのよいSEO対策会社をお探しならプラスワークにお任せくださいませ。

 

 

【コンテンツ】

トップへ

更新レスキュー

料金について

制作実績

お客様の声

よくある質問

会社概要

お問い合わせ

【更新レスキュー】

ライトコース

ゴールドコース

プラチナコース

 

【その他】

ニュース

メルマガ登録

特別資料プレゼント

相互リンク募集中

【課題から探す】

ホームページの課題

SEO対策とは

SEO対策がダメな理由

上位表示されない理由

相互リンクとは

順位が落ちてしまう原因

 

 

フェイスブック  ツイッター