知っておきたいSEO対策のポイント

 

 

 

絶対に失敗しないSEO対策業者の選び方とは?

 

SEO業者がたくさんありすぎて選べない・・・ それは仕方がないが...

日本には、数え切れないほど、たくさんのSEO会社があります。最近ではだいぶ少なくなってきましたが、まだまだアヤシイ会社が多いのが現状です。当社では、ここ10年ほどSEO対策の業者を見てきました。

あまりノウハウもなく、会社を作り、すぐに潰れていった会社が多かったな・・・というのが一番の印象です。

 

SEO対策に一度失敗したが、やはり特定のキーワードで上位に表示されることは大事!!と思い、もっとよい業者を探している方は多いと思います。

はっきり言って、どこをえらんでいいのか・・・わからないはずです。私が素人でしたら、絶対にわかりません

 

seo業者の選び方

 

もちろんですが、きちんとした会社もありますが、本当にサギまがいの対策をする会社が多くあるのも現実です。

このままではこの業界のイメージが悪くなるばかりです。

 

業界が荒れてしまうのは、勉強しないでなんとなくSEO業者と契約をする「社長」が多いからです...

SEO業者の中には本当にお客様のためにやっている業者もあります

このままだと優秀な人材が育たなくなので

今回は、きちんとしたSEO対策の業者の選び方について紹介します。かなり長いですが、最後までお付き合いいただければ嬉しいです。

 

まずは、この動画を見てください

 

 

いかがでしょうか?SEO業者を選ぶときのポイントがわかりましたでしょうか?

では、詳しく文章で説明いたします。

 

 

絶対に知っておきたい、外部リンクの危険性とは?

 

外部リンクがなぜ危険なのか?

「SEOできます」といっても実は、タイトルやmetaタグしか変更しないウェブサイト制作会社や、単にメディアのリンクを代理販売しているだけの会社が多いのが実態です。

とくにリンクを売る会社には注意してください。

外部リンクはやりすぎると、スパムになる可能性がある、あまりオススメできない対策方法です。下のメールはリンク対策をしていたある会社さんに届いたメールです。

以前にリンク会社から貼ってもらったリンクが、グーグルのガイドラインにひっかかってしまった事例です。

 

 

この事例はとても悲惨です。リンクを貼りつけた会社がすでにつぶれているので、リンクを消そうにも消せない・・・

といった状態になってしまいました。

そのため、順位がどんどん落ちて、売上もどんどん落ちてしまいました・・・悪質なリンク会社になると、このように危険な事になってしまいます・・・

 

 ・外部リンク対策は、古くて危険

 ・外部リンク対策と内部対策を営業で売りつける会社には注意が必要

 ・リンクが消せなくなる・・・

 

 

とても危険なリンク販売会社とは?

 

リンクの販売、非リンク対策とは、2006年ころから流行ったSEO対策の手法です。

 

外部リンクのサービスは、「自社サイト」に他のサイトからリンクをたくさん貼り付けてくれるサービスの事です。

これは、グーグルのアルゴリズム(他社からリンクされているサイトは良いサイト!!)

グーグルにはアルゴリズムと呼ばれる、SEOの順位を決めルールがあります。このルールを悪用した無茶苦茶なサービスが外部リンク対策です。

簡単にいえば、グーグルの検索ロボをだます対策のことです。

これは、グーグルのロボをだます対策です!! 会社サイトは危険なのでやってはいけません!!

当初は、このサービスは理にかなっていました。それは、グーグルの初期のアルゴリズムは、「リンクがたくさんもらえるサイトは、いいサイトだよね」というものだったからです。

 

 

SEO対策業者はこれに目を付けて、大量のサイトを作りました。

ドメインを取り、文字だけの意味のないサイトなどを沢山つくり、契約した顧客のサイトに貼りつけたわけです。

これが初期のSEO対策でした。

渋谷の雑居ビル3~5Fに事務所をかまえ、3年以内に消えていった会社はこのような対策をしていました。(懐かしいです)

 

これがグーグルに規制されるようになり、リンクスパムと呼ばれるものになっていったわけです。

現在ではリンクスパムは非常に危険な手法になっています。

 

リンクを大量に貼り付けるだけの業者に注意しなければいけないのは、リンクスパムに自社のサイトが認定されてしまうと、グーグルの検索から除外されてしまうからです。

リンクスパムでペナルティになってしまうと、検索しても自社サイトが出てこない状態になってしまうのです。

 

さらに、除外された場合、手動でグーグルに申請を出す必要があります。

手間もかかり、売り上げも下がる・・・というダブルパンチなわけです。

 

 

 ・被リンク対策は、グーグルのロボをだます対策。危険であぶない。

 ・スパムになると、申請を出さないといけない

 

リンク対策はグーグルの理念と違う

 

ロボをだまして、無理やり上位に表示させるのは、とっても危険です

 

リンク販売や被リンクサービスの会社は、グーグルのアルゴリズムの弱点をつこうとする会社です。

ロボをだまして無理やり上位表示させようとする会社のことです。

そもそも、このような対策をしようとする会社は、サービスで差別化ができていません。つまり、マーケティングができていないのです。

グーグルが目指しているのは「お客様が本当に求める情報を上位表示させる」ことです。

 

 

 

グーグルが求めている上位表示と、リンク販売会社がしている上位表示の考えには大きな違いがあります。

グーグルは昔からSEO業者による、悪質な上位表示のやり方について「警告」を出していました。いまも出し続けています。

無理に順位を変えようとする対策についてはペナルティーを与えると言い続けています。

 

つまり、リンク販売会社からリンクを買って、不自然な対策をすると、上位表示はさせ続けませんよ!!

昔から言っています。

まずは、このことを覚えておきましょう。リンクで無理やり表示を操作しようとすると、ペナルティを受けやすくなります。

ちなみに、リンク販売会社はやたらとWEBサイトがきれいです。

さらに、電話営業がすごい会社は注意しましょう。リンク販売会社はノウハウがないので、知らない人を

探し出すために毎日大量の営業電話をかけているので・・・・

 

Googleは、質の良いサイトをつくれと言っている。

リンク対策は、不自然な対策とみなされる

電話営業には注意

 

 

契約前に、どこをチェックしたらいいのか?

 

SEO対策はすぐに、契約をしてはいけません!!

 

SEO業者と契約をすぐにしてはいけません。まずは自社サイトの「対象キーワード」、「アクセス」「直帰率」などを詳しく分析してもらいましょう。

分析をしてもらった後に、具体的な対策方法を提案してもらいましょう。

 

 

byサラリーマン川柳

 

本当のプロがアクセス解析をすると、サイトの何が悪いのか?どこを改善したらいいのか? すぐにわかります。

毎日アクセス解析をして、サイトを作っていると、「カン」ができ。どこを改善すると売り上げにつながりやすくなるのか?

がわかるようになるのです。

さらに、業者と話す時は、なるべく数値を使ってはなしをするのがベストです。

先月のアクセス数も知らないまま、業者に依頼しようとするのは、危険です。なるべく信頼出来る会社に依頼をしないと、手を抜かれてしまいます。

 

 ・アクセス解析をして、どのキーワードからお客様がきているのか?

 ・どのキーワードを対策すると、売上につながりやすいのか?

 ・キーワードごとの滞在時間はどのくらいか?

 

SEO対策の会社を選ぶ場合、まず「アクセス解析」と、「キーワード分析」をしない会社とはお付き合いしないほうが安全です。

アクセス数はグーグルのアナリティクスで見ると下記のようになります。

 

 

キーワード選定、サイト内最適化方法とリンク獲得方法の方針、アクセス解析の方法まで全てをやっている会社もあれば

リンクを張るだけの会社、ページのタイトルタグを変更するだけの会社もあります・・・

 

契約すると何をしてくれるのか、そして成果物としてどんなレポートや資料が提出されるのか?

さらに注意したいのが、上位に表示したからと言って、売上がアップするわけではない・・・ということです。

売上はマーケティングや営業力、ブランド力など経営の総合力が必要です。いくらビックキーワードで表示できても、売上につながらない事が多いので注意してください。

 

SEOをするときは、きちんと説明を受けましょう。

きちんとした会社は、SEOはあくまで集客部分までであり、売上を保証するものではない・・・と説明してくれます。(よく考えれば当たり前の話ですが・・・)

 

そして、一番大切なことですが、実際のSEO対策の施行は誰が担当するのか??を確認しましょう。

担当者によっては、まったくサイト運営の知識がない場合があります。

(本当です・・・)

 

 ・何を提出し、サポートしてくれるのか?チェックしておく

 ・誰が担当してくれるのか?チェックしましょう

 

 

キーワードの選びかたとは?

 

SEO対策では、自社サイトにとって、適切なキーワードを選ぶことが、とても大切です。キーワードには売上げに直結するものと、まったく意味のないものがあります。

その見極めが難しく、素人ではなかなか難しいのが現状です。では、キーワードをどうやって見極めたらいいのでしょうか??

図を見ていただくとわかる通り、キーワードには大きく3つの種類があります。

 

キーワードと見込み度

 

 ビックキーワード ・・・ 検索数が多い

 ミドルキーワード ・・・ 検索数はソコソコ

 スモールキワード・・・ 検索数が少ない

 

の3種類です。

SEO対策をする場合、このキーワードに対する知識が非常に大切です。では、不動産業界を例にして、キーワードの種類について考えて見ましょう。

 

 

 

■ビックキーワードとは

ビックキーワードとは、検索回数が多いけれど、お客様の見込み度が低いキーワードのことです。

「 リフォーム 」というキーワードで考えてみましょう。

検索数、検索する人はたくさんいます。しかし、このキーワードではリフォームの何が知りたいのかわかりません・・・

トイレのリフォームなのか?お風呂のリフォームなのか?「リフォーム」という言葉だけではわかりません・・・

 

ビックキーワードでの検索

 

ビックキーワードの「リフォーム」で検索すると、 291,000,000件のサイトが登録されています。約3億個のサイトが登録されているわけです・・・ 残念ながら、「リフォーム」で検索したとき、自社サイトを見てもらうためには、上位10位までに入らないといけません・・・

検索するとわかりますが、大手企業が大手ポータルサイトが10位以内に必ずいます。

中小企業では、広告予算が限られています。どんなにSEO対策しても「リフォーム」などのキーワードでは上位表示できません。

中小企業は中小企業の「キーワード戦略」があります。

 

■ミドルキーワードとは

「 リフォーム 東京」というキーワドのことです。 サイトの登録数は「 16,700,000 」 約1700万サイトあります。

3億に比べたら、だいぶ減りました。

「 リフォーム + 東京 」は「リフォーム」に比べると、検索する人の数が減りますが、地名がプラスされているので 検索してくる人が この地域で「リフォーム」がしたいのかな?と予想がつきます。

 

ミドルキーワード 中小企業

 

検索してみると、上記のような中小企業、地元の会社が出てきます。大手企業は少なくなりました。

 

 

■スモールキーワードとは

「 リフォーム 東京 激安」のようなキーワードのことです。このように打ち込む人は、”リフォーム” と検索する人に比べて少なくなります。

しかし、「リフォーム 東京 激安」と検索しているので、このキーワードを打ち込んでいる人が何をしたいのか?につては明確です。自社が、激安を売りにしているリフォーム会社で、東京を中心にしている場合、「リフォーム」と狙うよりも、「リフォーム 東京 激安」というキーワードを対策したほうがよいという事になります。

 

 

担当者によって、結果が変わってしまう理由とは?

 

会社を経営したことがない人に、中小企業のマーケティングはわからない

 

残念ながら、経営者と担当者レベルの人では、知識と経験に大きな差がついてしまいます。

これは、立場の違いからくるので、しょうがない事です・・・

SEO対策はグーグルのクローラーについての知識、サイトの作り方、マーケティング、コンバージョン、ブランド、いろいろな手法を知っている人が行わないと効果がでません。

SEOの会社は、担当が細かく分かれています。つまり、営業は営業しかやったことがなく、サイトを運営したり、デザインを変更したり、ページを作りこむことはできません。

 

 

 

普通に考えると、担当者Aが一番良いわけです。 中小企業ではサイトをすぐに変更してくれて、経営についても詳しい人が担当になってくれれば、売り上げがアップしやすくなります。

中小企業は、なるべく小さい会社にSEOをやってもらうことをおすすめいたします。

ちなみに、下の図のSEMをきちんと理解している担当者とお付き合いするようにしましょう。

 

 

担当者が違うだけで年間1000万程度まで売上げが変化します。

1000万です・・・

ビックキーワードを一つだけで集客した方がいい会社があれば、ミドルキーワードやスモールキーワードを1000個対策したほうがいい場合もあります。

競合他社の状況や、サービスの金額、差別化など総合的に判断して、キーワードと予算を決めるようにしてください。簡単に言っていますが、これはかなり実績がある会社の担当者でないと難しい判断ではあります。

 

とにかく、SEO対策をする場合、きちんと知識がある人がやってくれるのか?見極めるようにしましょう。

やたら難しい言葉を使う人は怪しいとおもってください。

 

 

サイトを運営したことがあるのか?

 

複数のサイトを運営したことがあるのか?で見極めましょう

 

SEO対策で絶対に必要なのが、担当者がサイトを運営したことがあるのか?ということです。さらに、複数の業種などのサイトを運営したことがあるか?を聞いてください。ほとんどのSEO会社では、担当者にサイト運営の経験がありません。

 

 

というよりも

そもそもSEO対策会社は、「外部サイトからリンクを貼り付ける」 リンク対策しかしてこなかった・・・

という歴史があります。

つまり、サイト運用のアドバイスはできないわけです。最近では、少しだけ運営のアドバイスをできる会社が増えてきましたがスタッフのスキルはそこまで高くありません・・・

とくにリンク対策しかやってこなかった会社は、サイトの運営についてアドバイスが全くできません・・・

 

「IPアドレスを分散した自社運営サイトからのリンクで...」

「内部のコードを書き換えて....」

など難しそうな言葉で煙に巻こうとしますが、ほとんど意味がない事を言っているだけです。

 

契約後はアドバイスと言えば、キーワードの順位が下がってくると

「競合他社よりもリンクの量を増やしましょう」と言ってくるだけです・・・

 

SEO会社を選ぶ場合は必ず、担当者に「サイト運営をしたことがありますか?」と聞いてみてください。

「うちは多数 SEOの実績があります・・・」などと言って、話を濁すようでしたら

ちょっと考え直したほうがいいかもしれません・・・

 

担当者がサイトを運用したことがあるのか?

むずかしい言葉を言う人は、注意したほうがいい

リンクを売る会社は、たいてい営業電話ばかりしている。

 

 

契約期間が長すぎる会社にはご注意

 

 

2008年頃からこの種の悪徳な業者が出回っています。お客様が何も知らないのをいいことに、

SEO対策ソフトを5年契約で売りつけていました。

現在も平気でやっている会社があります。特に地方都市などではパソコンのリースと一緒に販売する悪質な手法が流行っています。充分にご注意ください・・・

IT業界は半年前の対策方法は、もう使えない・・・・ということが平気で起こる業界です。これはgoogleのアルゴリズムと呼ばれる、順位表示のルールが変わるからです。

さらに、5年も通用するソフトなんて、あるわけがありません!!業界の人なら常識なのですが

他の人は知らないと思うのでご注意ください。

 

 5年しばりなどの、契約は限りなく「サギ」です

 流れが速いので1年契約でも、考えたほうがいい

 スマホ連動のシステムも注意が必要!!

 

 

いつでも解約できる会社がベストな理由とは?

毎月、契約を更新する会社がベスト。年数が長いほど悪い会社...

 

SEOの契約はなるべく3ヶ月、もしくは、毎月更新でいつでも解約できる会社がよいです。短い契約期間でSEO対策をしている会社さんは、ほとんどが超優良企業です。

会社側も、お客様に切られたくないので必死に対策をしてくれます。

 

SEO業界は、はじまったばかりのサービスなのでベンチャー企業に頼んでもサービスの質はあまりかわりません。大手がやっているからといって、安心なわけではないのです。

かりに、SEO対策をきちんとやるような会社があったら、それは儲からない会社です。

SEO対策は、マーケティングをしっかり行い、PDCAを回し、SEMを行ってはじめて結果が出る世界です。

 

 

 

SEO対策は、全体の一部です。一部だけを改善しても売上はアップしません・・・

当社では特に、某大手SEO業者さんの苦情が大量に入ってきます。みなさん失敗して泣いているようです。

某大手さんの営業には注意してください。どことは言いませんが。しつこい(営業熱心な)ところです。

解約率が高いので、営業しないとお客様がとれないようです・・・

 

 

SEO業者の料金制度は 2つある

 

どちらを選んでも良いですが、定額の方がいいです。

SEO対策会社は、大きく分けてこの2つのタイプがあります。「定額サービス」と「成果報酬タイプ」です。

成功報酬型は初期費用が無料の場合が多く、被リンク業者である可能性が高いです。

 

 

 

定額のサービスの場合、サイトの更新などもサポートしてくれる場合が多いです。

コンサルティングサービスがついている場合もあります。

自社にサイト製作者がいる場合などは、成果報酬型を選択する会社が多いようです。

 

 

自社の担当者がサイト運営に詳しくない。担当者がころころ変わってしまう。などの会社は定額制を選びましょう。

定額制のメリットは、、毎月サポートをしてくれるところです。

訪問などをして、詳しく説明してくれます。自分で本を読んで、自分でSEO対策出来る人は、そもそもSEO対策を外部に頼む必要がありません。

SEO対策をやるか?やらないか?については、社長や会社の考え方によるので、どの会社にも当てはまる答えはありません。

業界で上手くいっている社長などに聞いて、自分で判断するようにしましょう。

 

毎月決まった料金を取る会社

成果報酬型(20 or 10位以内で課金)など条件が決まっています

会社や業種によって、どちらにするか?決めた方がいい

 

 

成果報酬型は避けたほうがいい理由とは?

 

あまい話には、必ずうらがあると思ってください

 

大きく分けてこの2つのタイプがあります。成果報酬型の会社はキーワードが10位以内に入った場合に課金されます。

いっけん、すごくいい条件のように見えますが、実はこれが大きな問題です。

キーワードが上位表示されても売上がアップしない場合・・・

SEO対策の費用だけがどんどんかかってしまいます・・・ こうなってしまうと、非常に大変です。

 

というよりも、ほとんどの場合が、売上がアップしません。原因は、ページが魅力的ではなく、お問い合わせに誘導する力がないからです。

 

 

上の図のように購入率が低い場合は、100人サイトに訪れても1人しか買いません。わかりやすく購入率を1%としていますが、WEBサイトでは0.04%が平均の購入率です。

90%以上のサイトは、seo対策をする前に、購入率をアップするために、WEBマーケティングをする必要があります。SEMと呼ばれる手法などをまずは勉強しましょう。

 

SEO対策をする場合は、毎月一定の金額をとっている会社の方が、成果が出なかった場合、ページ内を改善してくれるので、非常に助かります。

これは、SEO対策をしたことのある会社ならばわかるはずです・・・

成果報酬型は利益が出ないので注意してください。

中小企業で成果報酬型で利益を出している会社には、SEOのことを完全に理解している小さな制作会社が後ろに必ず付いています。

付け焼刃で他社を真似すると痛い目にあいますので注意してください。

 

これだけビックキーワードの成果型報酬はダメだと書きましたが、大企業は別です。マーケティング予算が大幅にあるので、月間に1000万ほどかけても問題はありません。

さらにCVRについてもきちんと勉強しているので、費用対効果がきちんと合います。

さらに、常に特定キーワードが上位にいることで、ブランディングにもなりますので、ぜひビックキーワードでの対策をおすすめいたします。

 

購入率が低いサイトに人を集めても意味がない

ほとんどのサイトは、上位表示されても売れない

 

 

対策方法の違いとは?

 

SEOの対策方法は会社によって違いがあります。大きく分けると3タイプです。

 

外部リンクのみ

外部リンク、内部書き換え

外部リンク、内部書き換え、ページ更新

 

の3タイプがあると、とりあえず知っておけば大丈夫です。最近はきちんとコンサルティングをしてくれる会社も増えています。

 

成果報酬型のSEO対策会社では外部リンクを貼り付けるだけの会社が多いのが問題です。

ページのソースを書き換えてくれる対策(内部書き換え)だけで他には何もしない場合もあります・・

SEO対策会社からしてみれば、外部リンクだけ貼りつけるのは非常に楽です。「上位表示だけは責任はとるけれど、売上がアップしなくても責任はとりません」というスタンスです

うちもそうしたいですが、きっとやっていたら今頃会社が潰れています・・・

 

 

対策方法の違いとは?

 

リンクの"はりつけ"は慎重にお願いします

 

外部のサイトから1000~2000のリンクを貼り付ける会社があります。リンクスパムに注意してください。

一気にリンクが増えすぎてしまうとリンクスパムになる場合があります。リンクスパムになってしまうと、グーグルで表示されなくなってしまいます・・・

本当に注意してください。

 

リンクスパム

 

もし、スパムになってしまった場合は、自分でグーグルに申請を出します。ちなにみ、申請を受けて元に戻すかは、グーグルの社員が決めているようです。自動ではなく、手動なので、スパムになった場合はきちんと謝罪文章を作りましょう。

 

優良なリンクを貼る業者があった場合、「張られたリンクは契約終了時にどうなるのか?」

きちんと説明を受けておきましょう。

契約終了時にリンクをはずされる・・・というひどい会社がほとんどです。

そもそも、リンクをはずすという行為を行わないと、業者も食べていけませんが・・・

 

リンクスパム

 

リンクの貼り付けは、本当に慎重に考えてください。そして、SEO対策はクリーンな方法をオススメいたします。

逆効果上位表示を狙う時にやってはいけない5つの対策 >>

 

 

なんだかおかしい、成果報酬型

 

成果報酬型のSEO対策は、きちんとマーケティングができていない会社はお得ではありません。

成果報酬型の課金方法には大きく2つがあります。

 

Yahoo or Googleで 20位以内に登録されたら課金される

キーワードごとに見積りを出され、20位以内に入ったら課金される

 

10位以内で課金という会社も多くあります。

初期費用を請求する会社もありますが、現在は無料で行う場合が多いようです。

内部対策でタグを修正してくれるなら内部費用を払ってもよいですが、何もしないのなら初期費用がかかる理由がわかりません。

営業マンのコストと、サービスを維持していく費用でしょうか?

会社の知名度が高い場合、サービスに地震があるという理由で初期費用を取る会社があるようです・・・

営業が、すごくしつこい会社にかぎって、初期費用があると感じるのは、業界関係者だけでしょうか・・・

 

 

比較サイト

 

やらせが多いので注意してください

SEO対策の会社を比較してくれているサイトがありますが、これはたんなるヤラセです。

これを作っている会社は、ほとんどがSEO対策業者と、リンク販売業者です。

 

 

ひっかからないようにしてください。

掲示板もやらせが多いので注意してください。いわゆるステマというやつです。

掲示板に熱心に自社のよい情報を書き込みしています・・・・

本当にいい会社は友人に聞く、失敗した人に聞くのが一番です。

 

 

 

サイトがきれいすぎて怪しい

 

サイトがあまりにもキレイで、なんとなく安心感がある会社はすごく危険です。これはSEO対策を任せて失敗した会社さんが口をそろえていっています。大手の会社だからというのも危険です。

 

大手では、営業マンがすぐに辞めてしまうので、担当営業マンがころころ変わります・・・

電話口で、「今決めていただければ、割引します」という会社も危険です・・・

5年契約などは論外なので、絶対に契約してはいけません。

 

ネット上などでもぜひ検索して調べてみてください。 すぐに出てきます。

そもそも、多くの会社さんではSEO対策がしたいのではなく、売上アップがしたいはずです。

何度もいいますが、購入率が低いサイトに人を集めようとしても無駄でしかありません。穴のあいたバケツには水はたまりません・・・・

 

何度も言いますが、SEOでは担当者が最も重要です!!

 

SEO対策の担当者はだいたいが営業マンで、サイトを運営した経験もなければホームページを作ることも

できません。

そもそも、そんな人に、自社のSEOを担当してもらうことが間違っています。

なるべく小さい会社で長く付き合えるところを探してみてください。マーケティングに詳しい会社さんがオススメです。

 

 

 

ビックキーワードだけの対策はやめた方がいい

 

ビックキーワードだけSEO対策すると、売り上げが安定しません。 なぜなら、ビックキーワードは競合他社が多く順位がかなり不安定だからです。スモールキーワードやミドルキーワードは競合が少ないので順位が安定します。

 

SEO対策の違い

 

中小企業は、小さいキーワードを積み重ねることに専念するようにしましょう。

ロングテールSEO対策をすると、アクセスが急に減ることがありません。メリットがたくさんあります。

 

 ・ロングテール対策をするとよい

 ・スモール・ミドルキーワード対策がおすすめ

 ・徐々にアクセスを上げていくのが良い

 

 

 

 

 

「SEO対策は、人と人との信頼関係でしかない!!」

 

長々とSEO対策業者の選び方を説明してきましたが・・・

結論は、知り合いの会社に頼むのが一番よい。という何やらわけのわからない結論です。はっきりいうと、SEO対策はいくらでもごまかしがききます。本当にいくらでも言い訳ができます。

SEO業界は建築現場と似ています。

 

コンクリ−トの原価がいくらなのか?ドアノブ一つの値段、ドア一枚の値段が、パッと思い浮かばないと思います。

知識に差があると、そこが儲けになるのが商売です。

SEOの場合、お客様は、はっきり言って、何をしていいのか?本当はわからないはずです。さらに、どのように対策をしたら、どのくらい結果が出るのか?については、10年ほど業界で働いてみないとわかりません。

 

つまり、SEO対策を依頼する場合、誰が正しい事を言っているのか?については、ほとんどわからないのが現状です。

そのため、重要なのがお客様と業者、担当者の信頼関係だと思います。

 

 

そもそも信用できない人、会社と取引することはよくありませんが

ネット上で評判の良い会社、いつも上位表示されている会社をネットで調べて担当者にコンタクトをとってみるものオススメです。

SEO対策は、担当者次第で大きく結果が変わります。

本当に担当者次第です。せっかくよい会社を選んでも担当がダメだと結果がでません・・・

 

骨董品買取 お客様の声 マンション設計士 お客様の声 マンション設計士 お客様の声

骨董品買取り隅田さん

マンション設計の美濃さん

フロアコーティング前川さん

遺品整理の荒川さん

 

私は、仕事と人生は混同したほうがいいと思っている人間です。

人生の時間は限られています。

だからこそ、自分の命の時間を削ってお付き合いする人は、自分が本気で「この人を応援したい」と思う人であってほしいと

思っています。

だから、プラスワークではこんな「社長、院長」とだけパートナー契約をします。大変申し訳ありませんが担当者の方とは仕事をすることはございません。

 

 

はっきり言うと、こんな人いません。 ですが、ちょっとでも上記のような事を思いながら働いている方がいましたら

ぜひ当社にご相談くださいませ。当社のスタッフが責任をもって担当させていただきます。

 

今後のIT業界の伸びを考えると、良い担当者を一人知っているだけで1000万円以上の価値があるかもしれません。

なるべく小さな会社を選び、担当者と一緒に、会社も、サイトも成長できるような関係を築いてください

 

サイト制作者、更新作業者は、クライアント企業とタッグを組まないと生きていけません。なぜなら、ホームページの制作業者は、毎月お金がもらえないと「業」として「仕事」として成立しないからです。

お互いに相互依存し合いながら、きちんと生きられる関係を作るには、お互いについてよく知る事だと思います。

これからもSEO業がきちんと発展する事を祈っています。

 

 

 

このページを見ている人にはwebデザイナーもいると思いますので一言。

これからの時代は、サイトが作れるだけでは食べていけません。せっかくデザインの勉強をして、ホームページの勉強をした人には酷な話かもしれません。はっきり言えば、きれいなサイトが作れるひとなんていくらでもいます!!

毎週のように、きれいなサイトはネット上にアップされています。

 

「いくらでもいる!!」ということは替えがきくという事です。替えが効く人は市場価値が低くなります。

需要と供給のバランスが崩れると、市場の価格は崩れます。資本主義は、競争してはいけません、独占だけが永続的な利益を出します。グーグルを見てください、検索エンジンを独占しているから、社員は余裕がある働き方ができるのです。

今後、web製作者の給料は下がります。よい仕事をしても単価が低くなるということです。(悲しいですが現実です)さらに、時代はワードプレスなどのCMSに変化していきます。

 

これからwebデザイナーになりたい人は、SEO対策とマーケティングをセットで勉強するようにしてください。

さらに経営について勉強して、経営戦略を顧客にアドバイスできるようになるのが理想です。WEBマーケティングと経営コンサル、WEBコンサルができるようになる必要があります。

これは、コミュニケーションスキルと、顧客の問題を客観的にとらえる視点、チームを動かすスキルなどが必要になるということです。

サイト制作は経営戦略です。

お客様にSEO対策をすすめても、結果が出ないことが8割です。なぜならマーケティングを改善することを忘れているからです。コンバージョンの低いサイトに人をいくら集めても、売上はアップしません。

お問い合わせもきません。これは本当のことです。

 

 

何もない砂漠に人を集めようとしても、限界があります。

カジノは別ですが・・・

しかし

 

 

夢の国なら人は集まり、お金を払ってでもサービスを受けたいと思います。

 

きちんとマーケティングをして、戦略が作れるようになってください。今後、ランチェスターの法則とPDCA,USP、個人ブランディングをきちんとしないとwebからの売上は見込めない時代になっていきます。

そして、今後webは情報を伝えるツール、想いを伝えるツールとしてより進化し人々の生活をより豊かにすることは間違いありません。

どうぞ、理想と志を持ち、お客様と共に成長できるサイト制作、サイト更新の会社になってください。「志高く!!行動はあしもとから」です!!

 

 

大変申し訳ありませんが、当社ではサービスの質を落とさないために、

月の契約は5件までとさせていただいております。

契約をお待ちいただく可能性もございますので、ご了承のほどよろしくお願いいたします。

 

 

 

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

 

リンク対策はもう古い、これからはコンテンツSEOの時代

外部リンク対策をするのは、すでに昔のはなし。最新のコンテンツSEO対策とは何か?

売れるページの作り方とは

大企業と中小企業では広告の方法がちがいます。ホームページも会社の大きさによってベストな運営の手法があります

外部リンク対策とは何か

今では古くなってしまった手法ですが、外部リンク対策について知っておくことは大事です。外部リンク対策とその危険性についてご紹介いたします

 

 

 

【SEO対策・webコンサルティングのプラスワーク対応エリアについて】

プラスワークでは、東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に全国でwebコンサルティング、SEO対策、ホームページの更新、運営代行をしております。売上アップをお考えならお気軽にご相談ください。

 

【SEO対策・webコンサルティングのプラスワーク 対応地域】

北海道 [ 北海道 ]

東北  [ 青森 | 岩手 | 山形 | 福島 | 秋田 | 宮城 ]

関東  [ 東京 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 栃木 | 群馬 | 神奈川 ]

甲信越 [ 山梨 | 長野 | 新潟 ]

北陸  [ 石川 | 福井 | 富山 ]

東海  [ 愛知 | 静岡 | 岐阜 | 三重 ]

近畿  [ 大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山 ]

中国  [ 島根 | 山口 |鳥取 | 広島 | 岡山 ]

四国  [ 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知 ]

九州  [ 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 ]

プラスワークでは全国でSEO対策、ホームページ更新、制作をしております。中小企業専門SEO対策・ホームページ更新制作会社、口コミのよいSEO対策会社をお探しならプラスワークにお任せくださいませ。

 

 

【コンテンツ】

トップへ

更新レスキュー

料金について

制作実績

お客様の声

よくある質問

会社概要

お問い合わせ

【更新レスキュー】

ライトコース

ゴールドコース

プラチナコース

 

【その他】

ニュース

メルマガ登録

特別資料プレゼント

相互リンク募集中

【課題から探す】

ホームページの課題

SEO対策とは

SEO対策がダメな理由

上位表示されない理由

相互リンクとは

順位が落ちてしまう原因

 

 

フェイスブック  ツイッター