課題と問題点

 

これから伸びる産業を知りたいのですが?

業種:経営者

 

ドローンが変える未来

 

ドローンは産業の未来を変える技術

ドローンは今後、「AI」「ロボット」と同じように産業を変える存在になっていきます。

 

アメリカの運輸省では、2035年までに1年間に運用される無人飛行機の数が、人が運転する飛行機を上回ると言っています。

これは、アメリカは国土が広く、配達範囲が広いためです。

 

ドローン技術

出典:DJI 農業を変えるドローン

 

ドローンはすでに日本で宅配実験や農業での活用実験などを行っていますが、課題はマダマダあります。

アマゾンは「amazon air」というサービスを開始し、ジェスチャーによって飛行の方法を変える特許などをいち早く申請しています。

 

ドローンは宅配や警備、兵器などに使われていく可能性を秘めています。

もともとドローンは軍事用に開発されたものです。無人で飛行して、敵を攻撃、破壊する戦闘用のマシンとして開発されてきました。

 

そんなドローンは、今後大きな産業となると言われています。

 

特に注目されているのが、農業と物流です。

今は法律などにより、自動飛行が禁止されていますが、今後間違いなく、宅配はドローンを使う時代がきます。

 

 

自宅でスマホ片手にショッピングをして、宅配はドローンがもって来てくれる。

そんな社会が実現しつつあります。 

 

ドローンはフライトコントローラーがついているので、自動に水平を保つことできます。さらに、もともとは携帯電話のセンサー技術やGPS機能、撮影技術などを応用して作られているので、スマホの機能を合わせ持つことができます。

ドローンは「空飛ぶスマホ」などと言われています。

 

ドローンの世界トップ企業がDJIなのは、携帯電話の部品製造を中国がやっていたため、部品と労働力が安く手に入り、地の理があったのも一つの要因です。

 

最近公開されたスピルバーグの映画レディ・プレイヤー1では、ドローンが犯罪予防の警備や、兵器、ピザの配達員として利用されているシーンが描かれています。

 

 

映画の世界はVRなどが発達した世界を描いていますが、この世界は近い未来に確実に訪れます。

 

 

 

ドローンのトップメーカーは?

 

ドローンの人気メーカーといえば中国の、djiがトップメーカーです。

中国のシリコンバレーである、「深セン」に本社があります。DJIは現在、市場の70パーセントのシェアを誇る、世界最大手の民間用ドローンメーカーとなっています。

 

出典:google

 

中国の「深セン」は経済特区と申請されていて、一人当たりのGDPも中国国内、トップクラスになっている、発展している都市です。建設中のビルが乱立しており、さらなる発展が期待できます。

 

出典:google

 

「深セン」は中国のシリコンバレーと呼ばれています。香港とは橋を渡ってすぐの場所にあるため、街並みは高層ビルが多い香港にどことなく似ています。

なんと「深セン」は経済特区になってから、わずか30年で人口が3万人から1400万人に増えました。

 

衰退し続けている日本の都市とは大違いです。成長企業であるDJIはここ「深セン」にあります。

DJIの成長率は驚異的で、2006年に創業し社員はすでに6,000人を超えています。2014年には 約5億ドル。2017年には27億ドルになると予想されています。

ドローンの市場は専門家は2020年まで「毎年40パーセント」、それ以降は25パーセントずつの成長が見込まれています。

 

ドローン市場が伸びている

中国のシリコンバレー「深セン」に注目

 

 

ドローンの特長

 

ドローンは4つのローターがあることで、前後、左右に自由に飛び回ることができます。

ドローンには、大型のモノと小型のドローンがあります。

 

ドローン 小型

出典:KUDRONE

 

小型のドローンはスマホで操作することができ、動画や写真撮影も可能です。

 

 

小型になれば軽くなるので、コントロールすることが楽になりますが、風などの影響を受けやすくなります。さらに軽い機体は重さのあるモノを遠くに運ぶことができません。

ドローンは機体が重くなればなるほど、より大きくて重たい荷物を運ぶことができるようになります。

 

 日本の法律では、200g以上あるドローンを飛ばす場合は、許可が必要になります。

 

 

ドローンは、「自動制御センサー」と「フライトコントローラー」です。

フライトコントローラーがあることで、ドローンは自分で飛行をすることができます。 djiのコア技術の一つがこの「フライトコントローラー」です。djiのPhantomシリーズは、その技術を活かした商品でもあります。

 

初心者でもドローンを飛ばすことができるのは、フライトコントローラーがついているからです。

 

 

センサーが機体の角度を割りしてくれます。このおかげで、ドローンは飛行中に水平を保つことができます。

 

ドローンは比較的に部品が少なく、コア技術である「フライトコントローラー」さえ安く手にはいれば、自社の業務に合わせてカスタマイズする事ができます。

業務に合わせたプログラムの開発が進むことで、ドローンは日常生活に溶け込んで来る可能性があります。

 

フライトコントローラーがコア技術

今後、ドローンを改造してくれる会社が増える

 

ドローンは今後、物流を大きく変える力があります。さらに警備などもドローンを活用するようになります。今後もドローンについては、法律や市場を追っていくと、時代の流れが見えるようになってきます。

 

新しい市場で業績を伸ばすなら、ぜひご相談くださいませ。

人材育成、採用などお手伝いをさせていただきます。

 

seo対策お問い合わせ

 

 

この記事を読んだ人は、以下のような記事にも興味をもっています

 

 

 

 

【SEO対策・webコンサルティングのプラスワーク対応エリアについて】

プラスワークでは、東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に全国でwebコンサルティング、SEO対策、ホームページの更新、運営代行をしております。売上アップをお考えならお気軽にご相談ください。

 

【SEO対策・webコンサルティングのプラスワーク 対応地域】

北海道 [ 北海道 ]

東北  [ 青森 | 岩手 | 山形 | 福島 | 秋田 | 宮城 ]

関東  [ 東京 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 栃木 | 群馬 | 神奈川 ]

甲信越 [ 山梨 | 長野 | 新潟 ]

北陸  [ 石川 | 福井 | 富山 ]

東海  [ 愛知 | 静岡 | 岐阜 | 三重 ]

近畿  [ 大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山 ]

中国  [ 島根 | 山口 |鳥取 | 広島 | 岡山 ]

四国  [ 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知 ]

九州  [ 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 ]

プラスワークでは全国でSEO対策、ホームページ更新、制作をしております。中小企業専門SEO対策・ホームページ更新制作会社、口コミのよいSEO対策会社をお探しならプラスワークにお任せくださいませ。

 

【東京都のseo対策の対応地域について】
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区 でSEO対策、上位表示、リスティング広告の値段でお困りなら、 口コミのよいプラスワークにお任せくださいませ。

 

 

 

【コンテンツ】

トップへ

更新レスキュー

料金について

制作実績

お客様の声

よくある質問

会社概要

お問い合わせ

【更新レスキュー】

ライトコース

ゴールドコース

プラチナコース

 

【その他】

ニュース

メルマガ登録

特別資料プレゼント

相互リンク募集中

【課題から探す】

ホームページの課題

SEO対策とは

SEO対策がダメな理由

上位表示されない理由

相互リンクとは

順位が落ちてしまう原因

 

 

フェイスブック  ツイッター