SEO対策とは何か?

 

上位表示させる技術のこと!!

SEOとはSearch Engine Optimization(サーチ・エンジン・オプティマイゼーション)という言葉を略したものです。

検索エンジン最適化」とも言います。ちょっと、言葉は難しいかもしれません。簡単に言うと、上位表示させるための技術のことです。

多くの人は、インターネットで何か探すときに、「yahoo」か「Google」の検索画面を使うと思います。

今や80%以上の人が検索窓でキーワードを打って、探しものをしています。

分からなことや、何かを探す時に、タウンページや辞書、図書館に行く時代は完全に終わっています。いまでは、完全にネットや携帯に置き換わっています。

 

「ググル」という言葉が生まれるくらい、「検索」は当たり前になりました。

多くの中小企業やクリニックではSEO対策をしようとしても、何をどうしたらよいのか わからずSEO対策業者にお金を払うだけ・・・ なんてことになっています。

 

検索しています

 

 

 

 

 

お金をかける広告との違いについて

 

キーワード広告と何が違うのか?

SEO対策は、キーワード広告(PPC広告)など、お金をかけてキーワードを買う対策とは違います。

動画を作りましたので、ぜひご覧くださいませ。

 

 

いかがでしたか?では文章で説明させていただきます。

まずは、下の赤のワクを ご覧ください

 

SEO対策とは

 

 

SEO対策とは、赤枠部分の順位を上げていくことです。 自然に検索されたときに表示されるのが赤い枠の部分です。

この部分で上位表示させることを 「検索エンジン対策」 といいます。

検索エンジンの対策とは、グーグルの検索ロボの対策をすることです。「検索エンジン対策」には様々なメリットがあります。

それは、後ほど紹介するとして、まずは、検索エンジン対策の方法について説明をします。

 

検索エンジン対策は、大きくわけて 2種類あります。「内部要因」と「外部要因」の2つです。

 

SEO対策 内部対策 外部対策

 

 

SEO対策をする場合、「内部要因」と「外部要因」の2つの対策をバランスよく続ける事が大切です。

特に2011年以降は、外部対策はあまり効果がありません。現在では、内部対策とコンテンツ対策がとても大切になっています。ぜひ覚えておいてください。コンテンツ対策はコンテンツSEOなどとも呼ばれています。

今後SEO対策をする場合は、必ずコンテンツSEOをするようにしてください。

 

 ・「内部要因」と「外部要因」の2つの対策が必要

 ・コンテンツ対策をする必要がある

 

 

SEO対策 内部対策とは?

 

HTMLと呼ばれる、言語を最適化する??

SEO対策で上位表示させるには、まずはページの質が大切です。

検索エンジンが理解しやすいページを作り、さらにユーザーにとって意味のあるページを作ると上位表示されやすくなります。

検索の順位は、Googleが定めている、数百ものアルゴリズムによって決まります。 アルゴリズムとは、グーグルの作った上位表示のルールの事です。

上位表示させるのに、まず大切なのが、内部対策です。

SEOの内部対策とは、おもにHTMLと呼ばれる部分を対策します。これは、検索エンジンがページを解析しやすくするための対策です。

ソースコードと呼ばれている部分です。ホームページはHTMLという英語のような、文字言語でできています。

 

 

文字の列を「機械」が判断して、人間の目にわかるように画像や文字に変換しています。ふだん何げなく見ているサイトは、実は裏側で複雑な文字列が並んでいます

この文字列にはイロイロなルールがあります。タイトルを書く、説明文を入れる、キーワードを示す。きちんとタグを閉じるなど様々です。ルール通りに言語を書くことをSEO対策の内部要因 と言います。

 

内部対策をする場合、W3Cという機関が作った仕様に合わせて、きれいにソースコードを書くことがとても重要です。

グーグルの検索ロボットも、きれいに書かれているソースコードを好みます。

当社と契約をした場合、まずこのソースコードをきちんと治します。これは、家でいうと、基礎工事をやり直すようなものです。

基礎がしっかりしていない家はすぐに倒れてしまいます。

それと同じで、SEO対策も、基礎工事がなによりも大切になります。

そんな大事な内部対策ですが、SEO対策はほかにも「外部対策」と呼ばれるものがあります。

 

 ・機械が判断している

 ・正しいソースコードを書いた方がいい

 

 

SEO対策 外部対策とは?

 

外部対策とはリンクを貼り付ける対策をすること!!(今では古い)

 

SEO対策には「外部要因」 「外部対策」と呼ばれる対策方法があります。これは、2011年までに流行った手法です。

外部対策はカンタンに言うと、他のサイトからリンクを貼って上位にあげる方法です。これは、すごくカンタンな方法なので、爆発的に普及しました。

外部リンク対策は今では、あまり効果はありませんが、基本なのでよく覚えておいてください。まずは下の図をごらんください。

 

外部リンク

 

自社サイトが中央にあり、他社サイトやブログからリンクが伸びています。これがリンクです。

外部要因とは他のサイトからどう評価されているかがポイントになります。

もし、あなたがブログを書いていて

『 このサイトいいな~』  『他の人にも紹介したいな~~ 』と思ったら、自分のブログから、相手のサイトにリンクを貼ると思います。(ブログを見ている読者のために)

 

このリンクのことを 外部リンク(被リンク)といいます

 

yahooなど人気のあるサイトは1日100万人ほど人を集めます。そんなサイトからリンクをして もらえたら・・・・

もし、リンクされれば・・・・

1%の人が来ただけで10,000ヒット すごい数です検索エンジンは、人が集まる人気サイトからのリンクを重視する傾向がありました。(現在ではあまり効果がありません)

以前グーグルの検索ロボは

 

人気サイトからリンクされている = すばらしいサイトに違いない!!

 

と評価していました・・・・・

 

 

yahooなどの人気サイトからリンクをもらえれば、高い評価が得られるようになります。これが「外部リンク」の効果です。

人気サイトは、多くの人に支持されているサイトです。そんなサイトからリンクを貼られるサイトは、素晴らしいサイトに違いない!!と検索ロボットは考えていました。

しかし、現在この手法を悪用したSEO業者によって「リンク対策」が意味がないものになってしまいました。

 

ヤフーとはどんなサイトなのか?

 

ちなみにヤフーとはどんなサイトなのか??

 

今やおなじみのヤフーは、沢山のサイトからリンクされていることで有名です。出口ボタンを押すとヤフーに飛ぶ。なんてサイトも現在でも多くあります。

 

 

ヤフーは、たくさんの人気サイトなどから、リンクを貼ってもらっています。

見方を変えると、ヤフーはスポーツや、ニュース、事件、天気、いろいろな情報があり生活に役立つ情報をお届けしているサイトとも見れます。たくさんの人に役に立つので、リンクがもらいやすいわけです。

つまり、自然にリンクが多くなっているサイト。という見方もできるわけです。SEO対策では、自然にリンクがもらえるようになるのが理想なのです。

 

 

外部リンクとは

 

専門性の高いサイトからリンクをもらおう!!

 

2011年までは、人気のサイト、専門性の高いサイトからリンクされていることが、とても大切でした。

これはグーグルのアルゴリズムが、リンクを重視していたからです。しかし現在は、リンクを貼ってもあまり効果がありません。

しかし、専門性が高いサイトからリンクをもらうことは、少しだけ意味があります。

社会の役に立つ、「よい会社は、よい会社と取引をしています」。類は友を呼ぶ現象です。信頼できる会社ほど、仕入れ先なども信頼できる所を選んでいるわけです。

 

 

 

自分のサイトを上位表示させたい場合は、質の良いサイト、専門性が高いサイトからリンクをもらいましょう。

少しだけで大丈夫です。1000本も貼ってしまったりすると、ペナルティーになります。

ペナルティーになるとグーグルの検索から外されてしまいます・・・気を付けてください。

では質の良いサイトからリンクをもらうにはどうしたらいいのでしょうか?

 

リンクのもらい方とは?

 

相手のサイトにもメリットになるような記事を...

リンクをもらうのに一番良い方法は、相手のサイトにもメリットになるような記事を、自社のホームページに作ればいいのです。

そして、電話やメールにて相互リンクの依頼をしましょう。

とはいえ、それでは続かないので、相互リンクページと呼ばれるものを作るのが一般的です。

 

 

 

相互リンクページの見本はこちら>>

 

「一般的な企業からリンクされる量」に比例して上位表示がしやすくなる。という特徴が以前はありました。

今はあまり効果がありませんが、一応やっておいた方がいいです。

 

 ・リンク対策は古いが、少しはやっておいた方がいい

 ・企業からのリンクは安全

 

 

SEO対策は本当に意味があるのか?

 

やっぱり効果はあります!!

外部リンクを500~1,000個貼り付けてくれるサービスを提供しているのが典型的なSEO対策会社です。

今では、グーグルのロボを捕まえる人工知能型SEOというサービスが主流になりつつあります(2013年)。

そして2014年あたりからコンテンツSEOに変化しています。2016年の現在もコンテンツSEOが主流です。流れはこのまま行きそうなようです。

2017年からはAI(人工知能型)になっていきます。

このサイトは外部リンクにほとんど頼らずに、更新することで順位を上げています。つまり、質の良いコンテンツ。訪問者が知りたい情報をアップすることで、SEO対策をしています。

SEO対策の基本である

お客様の役に立つ情報を、更新し続ける 』ことで順位を自然に上げているわけです。これはグーグルの理念とあうやり方なので、ペナルティにされてしまうこともありません。全な対策とも言えます。

 

 ・リンク対策は古い

 ・よい記事を書くことがSEO対策になりつつある

 

 

たくさんの業界のSEO対策を続けてわかった事とは

 

スモールキーワードを増やしましょう

 

SEO対策を何年もしてわかったことですが、一番大切なことは、キーワードごとにページをつくり、それを毎週きちんと更新することです。更新しながら文章を追加していくことで、スモール、ミドルキーワード対策が確実にできます。

 

 

きちんと対策を続けると、上記のように、サイトへの訪問者が増えていきます。これは実際のお客様のサイトを毎月追っていった数字です。はじめは、1ヶ月に200人程度しかこなかったのですが、きちんと対策を続けていくうちに

 

1ヶ月に12,000人がサイトを訪問するようになっています。

 

1つのキーワードを対策しても1ヶ月にくるお客は1000人がいいところです。

しかし、スモールキーワードを対策すれば、1ヶ月に1万人近くの人が、自社のサイトに訪問するようになります。

時間はかかりますが、きちんとページを作りこみ更新をすることで、サイトは成長します。しかも、広告費を使わずに

 

 ・スモールキーワードの対策をしたほうがいい

 ・ページを更新、改善することが大事

 

 

完全にコンテンツSEOの時代になっている

 

質の良いコンテンツをつくる時代になっている

いまはコンテンツを作ることで上位表示させる、コンテンツSEO対策の時代になっています。

コンテンツの作り方は簡単です。企画を立て、写真をとり、文章を作る。これだけです。必要なのは、ユーザーが見たい。読みたい!!と思うコンテンツを作り続ける能力です。

 

 

この能力さえあれば、アクセスがアップする時代になりました。

ちなみに

ページを1ページ作ると4~5個ほどのキーワードから、新たに集客が出来ます。しかもスモールキーワード、ミドルキーワードなので競合が少ないのです。ぜひ試してください。

 

 ・コンテンツSEOの時代

 ・記事を書き続ける能力が必要になっている

 

 

SEO対策は、グーグルと業者のいたちごっこ

 

グーグルのビジネスモデルは、

「ユーザーの求める情報を素早く適切に提供する。そしてユーザーを増やし、広告手数料で収益を上げる」

というものです。

広告業界では、検索してくれるユーザーが多いほど、広告としては効果があります。1万人の利用するサイトよりも

100万人が利用するサイトの方が広告費は高くなります。(当たり前ですが)

グーグルはすべての人がグーグルを使うことを望んでいます。

つまり、ネットでの広告費を独占することを目指しているとも言えます。

 

 

SEO業者は「検索順位を捻じ曲げて、依頼されたサイトを上位表示させたい」と思っています。

これは、ユーザーを無視した方法です。さらに、グーグルを敵対している行動でもあります。だからこそ、グーグルのエンジニアはSEO業者をつねに敵対して、警告をしているわけです。

まとめると

SEO業者は、無理やり順位を上げたい!!グーグルは、ユーザーに使い続けてほしいので無理に順位を変えられると困る。

お互いに相手の裏をかこうとしているわけです。

 

 ・グーグルは適切な情報を並べて、たくさんのユーザーに使ってほしい

 ・SEO業者は、順位をねじまげたい!!

 

 

 

どんなキーワードを選んだらいいのか?

SEO対策で重要なのがキーワードの選び方です。キーワードは選び方を間違えてしまうと、せっかくの広告費がむだになってしまいます・・・

必ず覚えておいてほしい事は、キーワードには売上げに直結するものと、まったく意味のないものがあることです。

サイトの運営に慣れていない場合、どのキーワードが売上げにつながるか?見極めが難しいかもしれません。

 

絶対、必ず知っておきたい 基本の3つのキーワードとは??

 

SEO対策をする場合、知っておきたいキーワードが3つあります。これはとても大切なのできちんと理解をするようにしてください。この部分をしっかり理解しておくと、SEO対策がより効果的になります。

 

3つのキーワードとは、「ビックキーワード」「ミドルキーワード」「スモールキワード」の3種類のことです。

この3つのキーワードの違いを知っておくことがSEO対策の基本になります。

多くの人はこの違いをきちんと理解していないため、無駄にPPC広告などに費用をつぎこんでしまいます。

キーワードの違いについては、結構知らない人が多いので

もし知らなかった・・・と心の中で思っても大丈夫です。

では、リフォーム業界を例にして考えて見ましょう。

 

 

 ・キーワドは3つある

 ・「ビックキーワード」「ミドルキーワード」「スモールキワード」の違いを理解する

 

ビックキーワードとは?

 

ビックキーワードとは、検索回数が多いけれど、お客様の見込み度が低いキーワードのことです。見込み度が低いということがポイントです。

では、「リフォーム」というキーワードで考えてみましょう。1か月に検索する人はかなりたくさんいます。

しかし、「リフォーム」というキーワードではリフォームの何が知りたいのかわかりません・・・トイレなのか、屋根なのか、お風呂なのか?地域はどこなのか?お客様がリフォームの何が知りたいのか?がわからない状態です。

 

 

 

ビックキーワードは検索数が多いため、大手の企業なども狙っているキーワードとも言えます。

大手は、自社のサイトをブランディングするために、上位表示させます。

上場している大手企業は、「リフォーム」と検索した時に出てこない事が、ブランド的にまずいわけです。そのため、かなりの広告費をかけてビックキーワードを狙いにきます。

その金額は、月間1,000万ほどです。この金額になると、とてもではありませんが、中小企業は太刀打ちできません。

桁が1つ違います・・・

そんな事情があるため、ビックキーワードは順位変動が激しく、せっかく10位以内になっても、すぐに16位に下がった・・・という事態がしょっちゅう起きてしまいます。

中小企業は、ビックキーワードは狙わない!!これが基本になります。

 

 ・中小企業はビックキーワードは狙ってはいけない

 ・大手はブランディングのために、ビックキーワードを買っている

 ・何を探している人なのか?わからない

 

ミドルキーワード、スモールキーワードについては、こちらを参照くださいませ

 

SEO対策をする場合、この事実をきちんと知っておき、ユーザーにとって意味のあるコンテンツを作るようにしましょう。

プラスワークでは、コンテンツを作るSEO対策をしております。もしご興味がございましたらご連絡くださいませ。

長い文章を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

ご相談は今すぐ、下記の電話番号までご連絡くださいませ。相談は無料にておこなっております。

 

 

 

 

seo対策の基礎知識

 

SEO対策の基本についてお教えいたします。ぜひ基本を押さえていい業者を選んでください

 

外部要因とは サーチエンジンマーケティングとは SEOのメリットとは

 SEOの外部要因とは何か?

 SEMがなぜこれほど重要なのか?

 SEOのメリットとは

seoの内部要因とは seo対策キーワードの選び方 売れないのにSEO対策

 SEOの内部要因とは何か?

 正しいキーワードの選び方とは

 売れないサイトに集めてはダメ

被リンク業者とは seo業者の選び方とは seo業者の選び方とは

 外部・被リンク業者とは?

 SEO業者の選び方

 自分でデキルSEO

 検索ロボットとは

 無料で分析するソフト

 外部リンク業者とは?

 SEOスパムとは

 売上をアップする方法

 

 

プラスワークのSEO対策、コースは3種類用意しております。当社では、売り上げにこだわったSEO対策をしております。

アクセスアップではなく、あくまで売上を重視しています。各種コースの内容は以下をクリックしてください。

 

 

お客様の声

 

骨董品買取 お客様の声 マンション設計士 お客様の声

骨董品買取り 隅田様

骨董品・古道具の買取り

マンション設計

賃貸マンションの設計

不用品回収業ファイブアール 

不用品回収サイトの運営

遺品整理 株)クイック様

遺品整理・生前整理のサイト

 

 

大変申し訳ありませんが、当社ではサービスの質を落とさないために、月の契約は5件までとさせていただいております。 契約をお待ちいただく可能性もございますので、ご了承のほどよろしくお願いいたします

 

 

 

 

 

 

【SEO対策・webコンサルティングのプラスワーク対応エリアについて】

プラスワークでは、東京、神奈川、千葉、埼玉を中心にを下記地域で対応しております。SEO対策、上位表示、ホームページの更新をお考えならお気軽にご相談ください。

 

【SEO対策・webコンサルティングのプラスワーク 対応地域】

北海道 [ 北海道 ]

東北  [ 青森 | 岩手 | 山形 | 福島 | 秋田 | 宮城 ]

関東  [ 東京 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 栃木 | 群馬 | 神奈川 ]

甲信越 [ 山梨 | 長野 | 新潟 ]

北陸  [ 石川 | 福井 | 富山 ]

東海  [ 愛知 | 静岡 | 岐阜 | 三重 ]

近畿  [ 大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山 ]

中国  [ 島根 | 山口 |鳥取 | 広島 | 岡山 ]

四国  [ 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知 ]

九州  [ 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 ]

プラスワークでは全国でSEO対策、ホームページ更新、制作をしております。中小企業専門、SEO対策・ホームページ更新制作会社、口コミのよいSEO対策会社をお探しならプラスワークにお任せくださいませ。売上アップに特化したSEO対策をいたします。