2015年のseo対策を振り返ってみよう

 

2015年のSEO対策を振り返ってみると

目まぐるしく変わる順位、なんとか維持しようと頑張っている会社さんは多いかとおもいます。SEO対策はグーグルの動向次第になっています。だからこそ、1年を追って何が起こったか?を振り返るのも大事な事です。

それでは2015年のグーグルのSEO対策動向を振り返ってみたいと思います。

 

結論から言うと、2015年のSEO対策は、モバイルSEOとコンテンツSEOだったかもしれません。

 

■2015年1月、モバイルSEO対策を本格開始

「モバイルフレンドリー」対応になりました。これは、スマホの普及率がアップしたことにも関係しています。

モバイルフレンドリーテスト」というものもが登場しました。

 

 

テキストの文字、ユーザビリティなどを指摘されるようになりました。

これによって、本格的にモバイルSEO対策をしなければ!!と思った会社さんは多いかと思います。

 

■2015年3月 モバイルユーザビリティの追加

ウェブマスターツール(サーチコンソールツール)にモバイルユーザビリティが追加されました。

Googleからウェブマスターツールに登録したURに「モバイルユーザビリティ上の問題が検出されました」と

警告メールが来るようになりました。対応方法が書いてあるが、おおくの会社で対応できなかったと思います。

 

■2015年3月中盤 パンダアップデート

モバイルでの順位変動はパンダやペンギンより大きな影響を与えると、グーグルが発表。

しかし、そうはならなかった。いつもの「はったり宣言」だった?のかもしれません。

 

■2015年10月 Google独自AIの「RankBrain」を発表

Googleが”RankBrain(ランク・ブレイン)”と呼ばれる、機械学習の技術を用いた人工知能を開発。

検索順位を決定するのに、AIを導入すると発表しました。

機械学習とは、コンピューターが自ら学んでいく技術のことです。

人間がプログラミングをしないで、コンピューターが自ら分析、解析をして頭が良くなっていく技術のことです。

 

現状では、「RankBrain」はグーグルの検索技術のひとつですが、今後ランキングは完全に機械が、自動で行うようになる可能性があります。Googleの検索アルゴリズムは、「ハミングバード」と呼ばれています。

「RankBrain」はハミングバードの一部だと予想されていますが、あきらかに、「RankBrain」が今後、システムの中核をになうのではないでしょうか?

 

■2015年11月

スマホ閲覧時のアプリでのフルスクリーン広告がダメになりました。インタースティシャル(フルスクリーン広告)がモバイルフレンドリーと認められなくなりました。

邪魔な広告なので、これは良かった!!といちユーザーとして思います^^

 

 ・スマホ対応しているかが?ランキングに関係してくる

 ・PCランキングと、スマホのランキングで表示の仕方が変わる

 

2015年のグーグルのアップデートについて

2015年はあまりアップデートはありませんでした。外部リンクなどの対策する業者が少なくなった感じがあります。

 

■2015年3月ドアウェイページの改善

3月にドアウェイページ誘導ページ・アップデートがありました。

質の低いコンテンツに特定のリンクを追加しただけのブログなどが対象のアップデートがありました。

 

 品質の低いコンテンツに特定のリンクを追加しただけのブログ
 地域名意外ほぼ同一の誘導ページを大量に作っているサイトが上位表示されずらくなる

 

特定の地域や都市を対象としたドメイン名。ページを複数持ち、それらのドメインから 1 つのページにユーザーを誘導するもの

もダメになっています。都市名での対策がしずらくなりました。

 

■2015年 4月 モバイルフレンドリーアップデート

10位前後の検索順位が変動されました。スマホ対策されていないサイトは、順位が落ちました。

 

■2015年 7月パンダアップデート

パンダアップデート。良質なサイトを作っている場合、個別ページの順位がアップしました。

グーグル対策=コンテンツ対策=コンテンツSEOという図式が強化されました。

 

■2015年10月 ゾンビアップデート

告知はあったがとくに大きな変更はなし。

 

 ・質の低いページの順位が低下

 ・コンテンツSEO対策がより重要になる

 

 

と2015年を振り返ると、SEO業界は大きく変化がありました。コンテンツSEOの重要性と、サイトのモバイル化が必要になったようです。しかしながら、モバイル対策は、多くの会社で取り組むことができなかったはずです。

しかし、順位が大きく変動しなかった・・・

というのが実感だったと思います。 当社でははじめから、モバイル対策よりも、コンテンツが大事!!だと思っていました。

そもそも、グーグルの理念に合っているか?がSEO対策の本質だからです。

つまり、コンテンツなのです。コンテンツの質が、今後もSEO対策の本質なのです。

 

 

大変申し訳ありませんが、仕事の質を落とさないため

当社では1ヶ月5件までの契約とさせていただいております。ご相談はお早めにお願いいたします

 

 

 

seo対策 こんな記事も読んでいます

リンク対策はもう古い、これからはコンテンツSEOの時代に

絶対に失敗しないSEO業者の選び方とは

お客さんが買いたくなる、とってもよく売れるページの作り方とは?

よくあるホームページの課題とは?(まとめてあります)

 

 

seo対策の基礎知識

 

SEO対策の基本についてお教えいたします。ぜひ基本を押さえていい業者を選んでください

外部要因とは サーチエンジンマーケティングとは SEOのメリットとは

 SEOの外部要因とは何か?

 SEMがなぜこれほど重要なのか?

 SEOのメリットとは

seoの内部要因とは seo対策キーワードの選び方 売れないのにSEO対策

 SEOの内部要因とは何か?

 正しいキーワードの選び方とは

 売れないサイトに集めてはダメ

被リンク業者とは seo業者の選び方とは seo業者の選び方とは

 外部・被リンク業者とは?

 SEO業者の選び方

 自分でデキルSEO

Googleアナリティクス 外部リンク対策

 検索ロボットとは

 無料で分析するソフト

 外部リンク業者とは?

 SEOスパムとは

 売上をアップする方法

 コンテンツSEOの効果について

 

プラスワークのSEO対策、コースは3種類用意しております。当社では、売り上げにこだわったSEO対策をしております。

アクセスアップではなく、あくまで売上を重視しています。各種コースの内容は以下をクリックしてください。

 

 

お客様の声

 

骨董品買取 お客様の声 マンション設計士 お客様の声

骨董品買取り 隅田様

骨董品・古道具の買取り

マンション設計

賃貸マンションの設計

不用品回収業ファイブアール 

不用品回収サイトの運営

遺品整理 株)クイック様

遺品整理・生前整理のサイト

 

 

 

 

 

 

 

 

【SEO対策・webコンサルティングのプラスワーク対応エリアについて】

プラスワークでは、東京、神奈川、千葉、埼玉を中心にを下記地域で対応しております。SEO対策、上位表示、ホームページの更新をお考えならお気軽にご相談ください。

 

【SEO対策・webコンサルティングのプラスワーク 対応地域】

北海道 [ 北海道 ]

東北  [ 青森 | 岩手 | 山形 | 福島 | 秋田 | 宮城 ]

関東  [ 東京 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 栃木 | 群馬 | 神奈川 ]

甲信越 [ 山梨 | 長野 | 新潟 ]

北陸  [ 石川 | 福井 | 富山 ]

東海  [ 愛知 | 静岡 | 岐阜 | 三重 ]

近畿  [ 大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山 ]

中国  [ 島根 | 山口 |鳥取 | 広島 | 岡山 ]

四国  [ 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知 ]

九州  [ 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 ]

プラスワークでは全国でSEO対策、ホームページ更新、制作をしております。中小企業専門SEO対策・ホームページ更新制作会社、口コミのよいSEO対策会社をお探しならプラスワークにお任せくださいませ。