今回は外部リンクを貼り付けてくれる会社について

 

外部リンクは、2011年頃までに大流行したSEOの手法です。残念ながら現在では、あまり意味がなくなってしまった対策です・・・

しかし、どんな対策なのか?を知っておく事は非常に重要です。

まずは「被リンクとは何か」「どんな対策なのか?」「なぜだめになってしまったのか?」を知るようにしてください。

 

 

 

被リンク対策とはIP分散されたリンク、HTMLの得点が高いサイトからリンクを貼ってくれるサービスです。

複製されたブログからもリンクを貼りつけてくれます。

専門性の高いサイトからリンクが張られるので、自社のサイトの得点が高くなり、特定のキーワードで上位表示されるという仕組みです。

 

この被リンク対策ですが、2011年までは被リンク対策で大丈夫でした。

しかし、グーグルの 検索順位を決めるシステムを作るリーダーである「マット・カッツ氏」が被リンクの重要性は低くしますと

発表をしています。リンク対策をする場合は、最新情報を常に得るようにしてください。

 

 ・被リンクと呼ばれる、リンクを張ってくれるサービス

 ・グーグルは被リンク対策を嫌っている

 

 

 

グーグルのビジネスモデルは、

「ユーザーの求める情報を素早く適切に提供する。そしてユーザーを増やし、広告手数料で収益を上げる」

というものです。

広告業界では、検索してくれるユーザーが多いほど、広告としては効果があります。1万人の利用するサイトよりも

100万人が利用するサイトの方が広告費は高くなります。(当たり前ですが)

グーグルはすべての人がグーグルを使うことを望んでいます。

つまり、ネットでの広告費を独占することを目指しているとも言えます。

 

 

SEO業者は「検索順位を捻じ曲げて、依頼されたサイトを上位表示させたい」と思っています。

これは、ユーザーを無視した方法です。さらに、グーグルを敵対している行動でもあります。だからこそ、グーグルのエンジニアはSEO業者をつねに敵対して、警告をしているわけです。

まとめると

SEO業者は、無理やり順位を上げたい!!グーグルは、ユーザーに使い続けてほしいので無理に順位を変えられると困る。

お互いに相手の裏をかこうとしているわけです。

 

 ・グーグルは適切な情報を並べて、たくさんのユーザーに使ってほしい

 ・SEO業者は、順位をねじまげたい!!

 

 

グーグルが目指しているものはSEO

 

とにかくユーザーに使ってほしい

グーグルは「ユーザーが検索した結果が、ユーザーが求めているものである」ことを何よりも重視しています。

ユーザーがグーグルを使えば使うほど、キーワード広告でグーグルは儲け続けることができます。

そのために、ユーザーが検索する結果をいかにして、最適化するか?を常に研究しています。

 

グーグルが最も恐れているのは、ユーザーが検索エンジンを使わなくなることです。グーグルは検索をするユーザーが多いからこそ、広告収入で食べていけます。

あまり知られていませんが、グーグルは検索エンジンの利用を増やすために、RSSの会社などを買収しては、つぶしてきました。RSSはグーグルを使わなくても更新情報が読めるものでした。

しかし、これが普及してしまうと、グーグルで検索する人が減ってしまいます・・・・そのため、グーグルはRSSの業者を買収して「検索市場」を防衛してきました。

そのような歴史があるのです。

 

 

悪質な業者が多いため

リンクの販売とは、2006年ころから流行った手法です。 リンクサービスは、自社のサイトに他のサイトからリンクをたくさん貼り付けてくれるサービスの事です。これは、グーグルのアルゴリズム(他社からリンクされているサイトは良いサイト!!)

という仕組みを利用した無茶苦茶なサービスです。

当初は、このサービスは理にかなっていました。それは、グーグルの初期のアルゴリズムは、「リンクがたくさんもらえるサイトは、いいサイトだよね」というものだったからです。

 

 

SEO対策業者はこれに目を付けて、大量のサイトを作りました。ドメインを取り、文字だけの意味のないサイトなどを沢山つくり、契約した顧客のサイトに貼付けたわけです。 これが初期のSEO対策でした。

 

これがグーグルに規制されるようになり、リンクスパムと呼ばれるものになっていったわけです。

現在ではリンクスパム は非常に危険な手法になっています。

あまり意味のないサイトからリンクを大量に貼り付けるだけの業者に注意しなければいけないのは、リンクスパムに自社のサイトが認定されてしまうと、グーグルの検索から除外されてしまうからです。

リンクスパムでペナルティになってしまうと、検索しても自社サイトが出てこない状態になってしまうのです。

 

 ・被リンク業者には危ない会社がある

 ・リンクスパムでのペナルティについては注意しておく必要がある

 

 

 

 

契約が終了すると、一気に順位が下がる・・・

外部リンクを貼ってくれる会社さんは、契約が終わるとリンクをはずしてしまいます。あたりまえですが・・・

はずされないようにするには、外部リンクの会社に毎月依頼を続ける必要があります。

これが被リンク対策業者のビジネスモデルです。

 

キーワードの数が少ない・・・

外部リンク、被リンク対策をする場合、どのキーワードで対策すれば、自社に利益があがるのか?しっかりと理解している必要があります。

むやみに、ビックキーワードを対策しても、ダメな会社もあります(サイトのレベルが低いため)サイトを更新して、改善してからSEO対策をしてください!!

 

グーグルから危険視されている

順位を不自然に捻じ曲げてしまうと、スパム扱いをされてしまいます。ペナルティになってしまうと、検索エンジンから消されてしまいます・・・

不自然な対策はなるべくやめることをお勧めいたします。

 

 ・契約が終わると、何も残らない

 ・対策できるキーワードの数が少ない

 ・グーグルから敵だと思われる

 

 

スモールキーワードを対策して、ゆっくりやりましょう

中小企業は、ビックキーワードを狙っていくよりも、スモールキーワードを大量に取る作戦でいくとよいと思います。

ビックキーワードは競争が激しくなりすぎています。残念ながら、お金がある会社が勝つ状態です

少ない広告費で結果を出すには、スモールキーワードの大量獲得のほうが簡単です。

 

 

 

スモールキーワードはページを1ページ作ると、月に20人ほど集客ができるようになります。

地道なページ制作の積み重ねが、サイトに人を集めます。ユーザーが見たくなるようなよいコンテンツを作り続けることをプラスワークではお勧めしています。この手法はコンテンツSEOなどと呼ばれることもあります。

 

SEO対策の本を読む場合は、大手向きに書かれたものか、中小企業向けに書かれたものか?きちんと判断することが大切です!!ぜひ、ページ制作、コンテンツ作り、内部対策、外部対策のバランスのよいサイト運営を心掛けてください。

 

 

 

 

seo対策の基礎知識

 

SEO対策の基本から応用についてご紹介いたします。特にSEMやコンテンツSEOについては、きちんと勉強しておくことをお勧めいたします。

 

外部要因とは サーチエンジンマーケティングとは SEOのメリットとは

 SEOの外部要因とは何か?

 SEMがなぜこれほど重要なのか?

 SEOのメリットとは

seoの内部要因とは seo対策キーワードの選び方 売れないのにSEO対策

 SEOの内部要因とは何か?

 正しいキーワードの選び方とは

 売れないサイトに集めてはダメ

被リンク業者とは seo業者の選び方とは seo業者の選び方とは

 外部・被リンク業者とは?

 SEO業者の選び方

 自分でデキルSEO

Googleアナリティクス 外部リンク対策

 検索ロボットとは

 無料で分析するソフト

 外部リンク業者とは?

 SEOスパムとは

 売上をアップする方法

 コンテンツSEOの効果について

 

 

 

【SEO対策・webコンサルティングのプラスワーク対応エリアについて】

プラスワークでは、東京、神奈川、千葉、埼玉を中心にを下記地域で対応しております。SEO対策、上位表示、ホームページの更新をお考えならお気軽にご相談ください。

【SEO対策・webコンサルティングのプラスワーク 対応地域】

北海道 [ 北海道 ]

東北  [ 青森 | 岩手 | 山形 | 福島 | 秋田 | 宮城 ]

関東  [ 東京 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 栃木 | 群馬 | 神奈川 ]

甲信越 [ 山梨 | 長野 | 新潟 ]

北陸  [ 石川 | 福井 | 富山 ]

東海  [ 愛知 | 静岡 | 岐阜 | 三重 ]

近畿  [ 大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山 ]

中国  [ 島根 | 山口 |鳥取 | 広島 | 岡山 ]

四国  [ 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知 ]

九州  [ 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 ]

プラスワークでは全国でSEO対策、ホームページ更新、制作をしております。中小企業専門、SEO対策・ホームページ更新制作会社、口コミのよいSEO対策会社をお探しならプラスワークにお任せくださいませ。売上アップに特化したSEO対策をいたします。