コードイグナイターの勉強方法 まとめ

■まずは目次について

 

 

 

コードイグナイターとは?

軽量で使いやすい

コードイグナイターは、PHPのフレームワークの一つです。

コードイグナイターは初心者でも使いやすいのがポイントです。

 

さらに、MVCをきっちり分けなくてもよく、自由度が高いです。さらに、インストールが簡単なのも嬉しい所です。

 

一度、ライセンス問題ですったもんだありましたが、今は落ち着いて利用する事ができます。

最近では、PHPのフレームワークは「ララベル」が人気です。

 

軽量ですぐに動く

無駄な設定がなく、すぐに利用ができる

幅広いレンタルサーバーで動く

決められたコーディングルールに厳格に従う必要がないフレームワークが 欲しい人。

 

【参照】

https://codeigniter.jp/user_guide/3/general/welcome.html

 

バージョンについて

最新ver 4.04

 

■セキュリティ

CSRFとXSS攻撃に

 

ver4のマニュアルはこちら>>

入手先 >>

コードイグナイターの勉強サイト01>>

 

開発環境と切り替え方法について

開発環境と切り替え方法について

コードイグナイター3の勉強方法や設定方法についてです。

 

1. ファイルをインストールして、初期の設定をします。

2. コントローラ、モデル、ビューについて学びます。

3. モデルの使い方

4. SQLの実行方法について

 

URIの設定で結構つまづきます。

 

それができたら、DBの設定方法、接続方法についてです。ここでmodelを使います。

そして、SQLの実行についてです。

 

ファイルの設定

・ローカル環境にインストール

・$config['base_url'] = 'http://localhost/codeigniter';

・URI の設定

 

という部分を覚えましょう。

 

index.phpをなくす

index.phpを省略したURLでアクセスできるようにする

 

http://pluswork.com/index.php/service

 

■省略後

http://pluswork.com/service

 

■やる事

1. .htaccessファイルに書き込む

2. application/config/config.php

 

■.htaccessの編集

RewriteEngine on
RewriteCond $1 !^(index\.php|images|robots\.txt)
RewriteRule ^(.*)$ /index.php/$1 [L]

 

■application/config/config.php

$config['index_page'] = 'index.php';

$config['index_page'] = '';

 

URL ヘルパーの anchor() メソッドが生成する URL から、index.php を除くために

config.php を以下のように修正します。

参照はこちら>>

 

これで完了です!!意外とこれ、困りました^^;

 

DBの接続

 

・接続のコンフィグ設定

モデルでの利用方法

・接続方法は2つある

 

 

が重要な項目になります。わたしは、接続部分で結構つまずきました。

 

SQLクエリの生成と実行

SQLクエリを発行、処理する方法には、2種類ある。

SQLのクエリ発行には2種類がある。

 

通常方法」・・・「query()」メソッド
Acive Record」・・・通常方法を簡単にしたやつ。参照 >>

 

現在、勉強中です。

 

 

結果の取得

「query()」、ActiveRecordクラスの「get()」、「get_where()」について学びます。

ここを学ぶと、データベースからデータを取り出すことができるようになります。

http://www.ci-guide.info/db/result/

 

 

フォーム

ビューやコントローラを使って、フォームを作ってみます。

 

フォームのサンプル

ちょっと変えたフォーム

 

 

ファイルの設定方法

まず設定場所が大事。

ローカル環境にインストールします。

 

C:\xampp\htdocs\codeigniter

 

Cドライブの「xampp」「htdocs」 にフォルダを作り、保存します。

こんな感じです。

 

ファイルの設定

26行目を変えます。

 

$config['base_url'] = 'http://localhost/codeigniter';

 

ファイルの名前と合わせます。

 

URIの設定

$config['base_url']

WebサイトのベースURLを設定します。

「$this->config->base_url()」メソッドと「URLヘルパ」の「base_url()」関数で利用されます。

 

他には影響はありません。

メソッドと関数を利用しないならば、設定する必要はありません。

 

$config['base_url'] = 'http://www.ci-guide.info/';

 

【参照】

http://www.ci-guide.info/practical/configuration/config/

 

URI の設定02

$config['uri_protocol']

URIルーティングで利用する'URI'パスをどのように取得するかの設定です。

設定できる値とその意味は以下の通りになります。

 

 

【PATH_INFO】

HTTP環境変数である $_SERVER['PATH_INFO'] をもとにして、'URI'パスを決定します。


「http://your.site/hoge/index.php/foo/bar/」といったURIの場合

「/foo/bar/」がURIパスとして利用されます。

 

ほとんどの場合この設定がもっとも無難なものになりますので、「PATH_INFO」を設定することをお勧めします。

 

コントローラで動かしてみる

コードイグナイターはコントローラーだけでも動かすことができます。

柔軟性が高いわけです!!

 

application/controllers/hello.php

 

を作ります。

 

そこに

<?php
class Hello extends CI_Controller{
function index(){
echo 'こんにちわ';
}
}
?>

 

とソースコードを書きます。

 

CI_Controller{

 

と親クラスの名前を書くのがポイントです。

 

親クラスを引きつぎます。

ちなみに、子クラスの名前ですが、helloでも「Hello」でも動きます。

 

 

mod_rewrite

「mod_rewrite」・・・apacheの分野です。 アパッチについて勉強しましょう。

 

index.php/helloというURLを書き換えます。アクセスできるようにします。

 

.htaccessの書き換え

RewriteEngine on
RewriteCond $1 !^(index\.php|css|user_guide|.+\.gif$|.+\.jpg|.+\.png|.+\.js$)
RewriteRule ^(.*)$ /codeigniter/index.php/$1 [L]

 

を書き換えて、

 

コードイグナイターのフォルダの「直下」に置きます。 index.phpと同じ位置に置きます。

P36を参照しましょう。

 

コンストラクタ

コンストラクタは以下のように書きます。

 

class Blog extends CI_Controller {

       public function __construct()
       {
            parent::__construct();
            // ここにコードを書きます。
       }
}

 

以前は、 parent::Controller() をparent::__construct(); に変わります。

 

 

Coposer

Composer は、PHP のプロジェクトが必要とする「ライブラリ」やパッケージを管理する「ライブラリ依存管理ツール」です。

ロジェクトで必要なパッケージ(ライブラリ)は何かを列挙すると

自動的にインストールしてくれる機能を持ちます。

 

■依存管理ツール

・リポジトリを汚さない

・オートローダを吐き出せる

参照はこちら >>

 

■インストールの方法

PHPではパッケージ依存管理ツールのことで、Composerはそのツールの名前。

Composerはコマンドで操作ができるので、インストールやアップデートなど全てコマンドプロンプトやターミナル上で行います。

PHPを使う際に、たくさんの処理・機能が入ったライブラリ(パッケージ)を使うことがあり、Composerはこれをまとめて管理しているのです。

 

便利な機能は複雑な処理になっていること多い。

関数処理を再利用(依存)したり、再利用している機能に新しく処理を追加するパッケージになっていたりします。

 

ライブラリを使うことで、シンプルなコードが書ける。

複雑な処理を簡単に使うことができます。

しかし、使うためにはライブラリ自体を持ってこないといけません。

 

■パッケージ管理システム

インストール方法>>

 

 

 

コードイグナイターの勉強方法

 

コードイグナイターを学んでいきましょう。「・」が付いているものは、外部のサイトへ飛びます。

・ユーザーガイド

 

■ フレームワーク ■

フレームワークは何を使ったらいいのか?

ララベルとは?

コードイグナイターとは?

オートロードとは

無名関数とは?

MVCとは何か?

 

 

【参照】

http://www.ci-guide.info/

http://pneskin2.nekoget.com/codeigniter/3/user_guide/index.html

どちらかを見ましょう。

 

DB接続の参照

http://suga-tech3.hatenablog.com/entry/2016/08/14/020744

https://leben.mobi/blog/codeigniter_multi_database/php/

 

 

【フレームワーク】

基本的には、ララベルを学ぶ方がよい。 ララベルはコンポーザーが入っている。

 

 

参照

参照サイトです。

 

■ 実践編■

システムの設定

ユーア設定

共通関数

コアクラス

ライブラリ

ヘルパー

 

 

勉強に必要な書籍について

必ず、最新のverを買うようにしてください。PHPはバージョンによって、かなり違います。PHP、MYSQL、、サーバー、フレームワークと幅広く勉強する必要があります。

 

本はかならず、2冊用意するようにしましょう。1冊は基本、もう1冊は分からない部分を補完してくれます。

ちなみに、無名関数、コールバック関数などは、何度勉強してもつまずく可能性があります。

 

PHPサーバーサイドプログラミング

基本から詳しく書いてあるが、ところどころ、省略されていて分かりずらい。

パーフェクトPHP

ある程度、分かってから使うとよい

基礎からのMYSQL

基本から全てが分かります。

PDOでのアクセスを学ぶのによい。

LINUXコマンド入門

サーバー、ファイル権限を学ぶのに良い。

サーバーはlinuxベースで出来ているので、ここが分かると、かなり分かる。

プログラムはなぜ動くのか?

パソコンが動く、原理と基本がわかります

ここが分かると、配列、ポインタなどが分かります

体型的に学ぶ完全なwebアプリケーションの作り方

XSSなどの基本的なセキュリティー対策が分かります。

 

【MYSQLについて】

データベースについて学びます。「SELECT」を極めましょう。型の指定方法などが学べます。

 

基礎からのMYSQL

基本から全てが分かります。

PDOでのアクセスを学ぶのによい。

達人に学ぶdb設計 徹底指南書

基本が終わったら、必ず読みましょう。

 

【サーバーについて】

サーバー、ファイル権限について学びます。

 

LINUXコマンド入門

サーバー、ファイル権限を学ぶのに良い。

サーバーはlinuxベースで出来ているので、ここが分かると、かなり分かる。

 

【DB設計について】

DBの設計方法について学ぶことができます。

 

楽々ERDレッスン

DBの設計に必要

UML入門

基本について学んでおくとよい

 

 

参照サイト

オブジェクト指向とは?

PDOとは何か?

mysql_connect()

アロー演算子とは?

データベースへのアクセスについて

 

大変申し訳ありませんが、当社ではサービスの質を落とさないために、月の契約は5件までとさせていただいております。 契約をお待ちいただく可能性もございますので、ご了承のほどよろしくお願いいたします

 

 

 

 

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

 

SEO対策の基本 外部要因とは?

SEO対策の基本的である、外部要因とは何か?

SEO対策をするなら絶対に知っておきたい、基本知識です。

 

売れるサイトを作るのに知って起きたい知識

サーチエンジンマーケティングという言葉をご存知でしょうか?

ホームページで商品やサービスを売る時に知っておきたいマーケティング

についてご紹介いたします。

seo対策をするメリットとは

SEO対策をする5つのメリットとは?

なぜ上位表示させることが大事なのか?なぜSEO対策をする必要があるのか

についてご紹介させていただきます。

 

内部要因とは

SEO対策の内部要因とは?

上位表示させるためには、内部要因について知っておくことも大事です。

キーワードを上位表示させるために必要なのは、ソースコードを最適化することです

内部要因の対策について知りたい方はこちらへ

 

キーワード対策をするまえに

キーワード対策をする前に

そのキーワード対策。ちょっと待ってください。

そのまま対策をすると、必ずお金を損してしまいます。個人事業主や中小企業は

そんな大きなキーワードで対策をしてはいけません。

広告費用が高くなる理由とは

広告費用が高くなる本当の理由とは?

売れないサイトに集めていませんか?広告費用がかかるわりには

お問い合わせが少ない・・・と感じる方は多いはずです。

購入率の悪いサイトに集客をしている可能性があります。

 

 

 

 

【SEO対策・webコンサルティングのプラスワーク対応エリアについて】

プラスワークでは、東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に全国でwebコンサルティング、SEO対策、ホームページの更新、ホームページのリニューアル運営代行をしております。売上アップをお考えならお気軽にご相談ください。

 

【SEO対策・webコンサルティングのプラスワーク 対応地域】

北海道 [ 北海道 ]

東北  [ 青森 | 岩手 | 山形 | 福島 | 秋田 | 宮城 ]

関東  [ 東京 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 栃木 | 群馬 | 神奈川 ]

甲信越 [ 山梨 | 長野 | 新潟 ]

北陸  [ 石川 | 福井 | 富山 ]

東海  [ 愛知 | 静岡 | 岐阜 | 三重 ]

近畿  [ 大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山 ]

中国  [ 島根 | 山口 |鳥取 | 広島 | 岡山 ]

四国  [ 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知 ]

九州  [ 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 ]

プラスワークでは全国でSEO対策、ホームページ更新、制作をしております。中小企業専門SEO対策・ホームページ更新制作会社、口コミのよいSEO対策会社をお探しならプラスワークにお任せくださいませ。

 

 

【コンテンツ】

トップへ

更新レスキュー

料金について

制作実績

お客様の声

よくある質問

会社概要

お問い合わせ

【更新レスキュー】

ライトコース

ゴールドコース

プラチナコース

 

【その他】

ニュース

メルマガ登録

特別資料プレゼント

相互リンク募集中

【課題から探す】

ホームページの課題

SEO対策とは

SEO対策がダメな理由

上位表示されない理由

相互リンクとは

順位が落ちてしまう原因

 

 

フェイスブック  ツイッター