UIkitとは

2020/8/20に更新

 

【環境】

swift 5.1

Xcode11.6

 

UIKitとは

swiftUIになる前に使われていたフレームワーク。

文字を表示したり

ボタンを表示したり

画像を表示したりと、すべてUIKitが必要でした。

30を超えるクラスから構成されていて、

こちらを参照>>

 

class ViewController: UIViewController, UITableViewDataSource, UITableViewDelegate {

 

なんて、書き方をしていました。以前はこの使い方を覚えないと、アプリを作る事ができませんでした。ゆえに、一番大事な箇所でもありました。

 

しかし現在、SwiftUIに変わり、状況は変わっています。

 

【UIKitの課題】

・UIの状態をコントロールするのが難しい

・コードがどうしても長くなる

 

UIKitの弱点は状態をコントロールするのが面倒だった点です。

 

 

SwiftUIはどこが変わった?

SwiftUIで変わった部分

SwiftUIで変わった部分を知っておくと、開発がしやすくなります。

 

ストリーボードを使わなくてよくなった

以前は、何かと必要でしたが、現在は必要ありません。そのため、今からSwiftUIを勉強すると古い情報ばかりで、全く役に立たない・・・

という状況になります・・・

 

@Stateプロパティを使ってUIの状態とステート変数(Souce of truth)を自動的に同期出来るようになった。(だからやたらと、@Stateがでてくるのね)

 

・ステート変数を変更すると、UIが自動で更新され、またUIを変更するとステート変数が更新されるようになり、開発者が同期する必要がなくなります。

 

・UIの構築や更新を行うコードを1箇所にまとめられる

従来は複数の場所ににUIの状態を書いていましが、bodyプロパティに書けばOKになっていました。

 

宣言型の構文になっている。

いなみに、宣言型の構文というのは、何をするか?を書き込めば、どう実現するのか?についてはは、コンパイル側に任せる事ができます。

 

Opaque Result Type の導入

・5%以前よりも早い

 

・UIViewControllerがいらない

コントローラの役割が大幅に減りました。

しかし、現状ではUIApplicationDelegateやUIViewController、UIAlertViewController等を使わないと、複雑なアプリケーションは作る事がdけいない。

 

【現状の課題】

地図などは、宣言的に使う事ができないので、橋渡しのコードを書いて対応する必要があります。

・UIの状態をコントロールするのが難しい

・コードがどうしても長くなる

 

 

ちょっと見てみよう

 

この動画を見ると、何が変わったのか?についてよくわかると思います。

SwiftUIでアプリ作成>>

 

参照サイト

【参照】

SwiftUI Tutorial

SwiftUIとUIKit混合環境で開発を行うときのヒント集

Swift 5.1 に導入される Opaque Result Type とは何か

 

SwiftUIとUIKit混合環境で開発を行うときのヒント集

Mapkit deveツール

 

 

システム開発いたします。ぜひご依頼くださいませ。

 

 

 

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

 

SEO対策の基本 外部要因とは?

SEO対策の基本的である、外部要因とは何か?

SEO対策をするなら絶対に知っておきたい、基本知識です。

 

売れるサイトを作るのに知って起きたい知識

サーチエンジンマーケティングという言葉をご存知でしょうか?

ホームページで商品やサービスを売る時に知っておきたいマーケティング

についてご紹介いたします。

seo対策をするメリットとは

SEO対策をする5つのメリットとは?

なぜ上位表示させることが大事なのか?なぜSEO対策をする必要があるのか

についてご紹介させていただきます。

 

内部要因とは

SEO対策の内部要因とは?

上位表示させるためには、内部要因について知っておくことも大事です。

キーワードを上位表示させるために必要なのは、ソースコードを最適化することです

内部要因の対策について知りたい方はこちらへ

 

キーワード対策をするまえに

キーワード対策をする前に

そのキーワード対策。ちょっと待ってください。

そのまま対策をすると、必ずお金を損してしまいます。個人事業主や中小企業は

そんな大きなキーワードで対策をしてはいけません。

広告費用が高くなる理由とは

広告費用が高くなる本当の理由とは?

売れないサイトに集めていませんか?広告費用がかかるわりには

お問い合わせが少ない・・・と感じる方は多いはずです。

購入率の悪いサイトに集客をしている可能性があります。

 

 

 

 

【SEO対策・webコンサルティングのプラスワーク対応エリアについて】

プラスワークでは、東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に全国でwebコンサルティング、SEO対策、ホームページの更新、ホームページのリニューアル運営代行をしております。売上アップをお考えならお気軽にご相談ください。

 

【SEO対策・webコンサルティングのプラスワーク 対応地域】

北海道 [ 北海道 ]

東北  [ 青森 | 岩手 | 山形 | 福島 | 秋田 | 宮城 ]

関東  [ 東京 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 栃木 | 群馬 | 神奈川 ]

甲信越 [ 山梨 | 長野 | 新潟 ]

北陸  [ 石川 | 福井 | 富山 ]

東海  [ 愛知 | 静岡 | 岐阜 | 三重 ]

近畿  [ 大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山 ]

中国  [ 島根 | 山口 |鳥取 | 広島 | 岡山 ]

四国  [ 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知 ]

九州  [ 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 ]

プラスワークでは全国でSEO対策、ホームページ更新、制作をしております。中小企業専門SEO対策・ホームページ更新制作会社、口コミのよいSEO対策会社をお探しならプラスワークにお任せくださいませ。

 

 

【コンテンツ】

トップへ

更新レスキュー

料金について

制作実績

お客様の声

よくある質問

会社概要

お問い合わせ

【更新レスキュー】

ライトコース

ゴールドコース

プラチナコース

 

【その他】

ニュース

メルマガ登録

特別資料プレゼント

相互リンク募集中

【課題から探す】

ホームページの課題

SEO対策とは

SEO対策がダメな理由

上位表示されない理由

相互リンクとは

順位が落ちてしまう原因

 

 

フェイスブック  ツイッター