swiftui ForEach

ForEach

ForEachは繰り返し処理の中で、Viewを生成する仕組みです。

 

名前の配列をループして「TextView」化する、あるいはメニュー項目に追加するなどの動きを実現します。

 

ForEachを使うとViewを手動で追加した場合に発生する10個までの制限も受けません。ForEachの繰り返しの対象については、次の2通りの指定方法があります。

 

繰り返す範囲を数値(Int)で指定する方法【範囲指定】
各要素の一意性を保証したデータコレクションとして渡す方法【id指定】

 

ForEach

 

struct ContentView: View {
var body: some View {
Form {
ForEach(1..<5) { num in
Text("\(num)行目")
}
}
}
}

 

引数にはSwiftの範囲型(Range)で繰り返す範囲を指定します

(1..<5)は1以上、5未満。という意味です。

Pickerの選択肢設定などにも使えます。

 

{}で示すクロージャーを1回実行し、引数として現在のループアイテムを渡します

 

ForEachの使い方とは>>

https://capibara1969.com/1634/

 

Identifiableプロトコルについて

Swiftにはデータを識別可能にするためにIdentifiableプロトコルが用意されています。
このプロトコルに準拠したクラスやStructは一意に識別できる事を保証します。
プロトコルの要件として、識別子であるプロパティ(id)を必ず有する必要があります。


idは手動で設定もできますが、ユニークなIDを生成するUUID()を利用して自動で設定するのがお勧めです。

 

struct Animal: Identifiable {
var id = UUID() // ユニークなIDを自動で設定
var name : String
}

 

詳細はこちら>>

 

for in

 

for i in 0..<5 {
print(i) // 0~4
}

for i in (0..<5).reversed() {
print(i) // 4~0
}

 

 

クロージャーとは?

クロージャーとは

名前のない関数の事です。

関数を「型」に指定できたり、関数自体を「インスタンス化」(Newする)できます。

変数や引数に関数の中身を直接代入できる。

グローバル変数の宣言をなるべく減らしたい、関数の実行結果を、続けて使用するときに利用できます。

 

{(引数名:引数の型) -> (戻り値の型) in
処理
return 戻り値
}

 

・inの後に処理コードを書きます。

・引数は複数あってもOKです。

・引数がないばあいカッコだけを書きます。

 

func Price(a:Int, b: Int , total :(Int, Int) -> Int){
print(total(a, b))
}
Price(a:10, b:10, total:{(a:Int, b:Int) -> Int in return a * b})

 

実行結果は100になります

 

returnを省略して書く

 

func Price(a:Int, b: Int , total :(Int, Int) -> Int){
print(total(a, b))
}
Price(a:10, b:10, total:{(a:Int, b:Int) -> Int in return a * b})

 

参照:クロージャーとは

 

 

 

【参照サイト】

【SwiftUI】@Stateの使い方

 

一緒に勉強する人を募集しています。ぜひご相談くださいませ。

 

 

 

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

 

SEO対策の基本 外部要因とは?

SEO対策の基本的である、外部要因とは何か?

SEO対策をするなら絶対に知っておきたい、基本知識です。

 

売れるサイトを作るのに知って起きたい知識

サーチエンジンマーケティングという言葉をご存知でしょうか?

ホームページで商品やサービスを売る時に知っておきたいマーケティング

についてご紹介いたします。

seo対策をするメリットとは

SEO対策をする5つのメリットとは?

なぜ上位表示させることが大事なのか?なぜSEO対策をする必要があるのか

についてご紹介させていただきます。

 

内部要因とは

SEO対策の内部要因とは?

上位表示させるためには、内部要因について知っておくことも大事です。

キーワードを上位表示させるために必要なのは、ソースコードを最適化することです

内部要因の対策について知りたい方はこちらへ

 

キーワード対策をするまえに

キーワード対策をする前に

そのキーワード対策。ちょっと待ってください。

そのまま対策をすると、必ずお金を損してしまいます。個人事業主や中小企業は

そんな大きなキーワードで対策をしてはいけません。

広告費用が高くなる理由とは

広告費用が高くなる本当の理由とは?

売れないサイトに集めていませんか?広告費用がかかるわりには

お問い合わせが少ない・・・と感じる方は多いはずです。

購入率の悪いサイトに集客をしている可能性があります。

 

 

 

 

【SEO対策・webコンサルティングのプラスワーク対応エリアについて】

プラスワークでは、東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に全国でwebコンサルティング、SEO対策、ホームページの更新、ホームページのリニューアル運営代行をしております。売上アップをお考えならお気軽にご相談ください。

 

【SEO対策・webコンサルティングのプラスワーク 対応地域】

北海道 [ 北海道 ]

東北  [ 青森 | 岩手 | 山形 | 福島 | 秋田 | 宮城 ]

関東  [ 東京 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 栃木 | 群馬 | 神奈川 ]

甲信越 [ 山梨 | 長野 | 新潟 ]

北陸  [ 石川 | 福井 | 富山 ]

東海  [ 愛知 | 静岡 | 岐阜 | 三重 ]

近畿  [ 大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山 ]

中国  [ 島根 | 山口 |鳥取 | 広島 | 岡山 ]

四国  [ 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知 ]

九州  [ 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 ]

プラスワークでは全国でSEO対策、ホームページ更新、制作をしております。中小企業専門SEO対策・ホームページ更新制作会社、口コミのよいSEO対策会社をお探しならプラスワークにお任せくださいませ。

 

 

【コンテンツ】

トップへ

更新レスキュー

料金について

制作実績

お客様の声

よくある質問

会社概要

お問い合わせ

【更新レスキュー】

ライトコース

ゴールドコース

プラチナコース

 

【その他】

ニュース

メルマガ登録

特別資料プレゼント

相互リンク募集中

【課題から探す】

ホームページの課題

SEO対策とは

SEO対策がダメな理由

上位表示されない理由

相互リンクとは

順位が落ちてしまう原因

 

 

フェイスブック  ツイッター