swiftとは

@Stateとは何か?

値の受け渡し、状態を管理するのに利用をします。

プロパティが更新された場合に、参照しているViewも同時に更新される仕組みが作れます。

swiftuiになり、この部分が大幅に便利になりました。

 

ボタンが押された、スライダーを利用した場合、設定した変数などが変わるのでViewを変化させる必要がありますの。

そこで

SwiftUIで変数の状態を監視するにはProperty Wrappers(プロパティラッパー)を使います。

 

@State・・・Viewの状態と変数の値を監視する

@Binding・・・他のViewの@State変数を参照・変更する

@ObservedObject・・・構造体・クラスの変更を監視する。

@Environment・・・予め定義されたViewの環境情報を取得する

@EnvironmentObject・・・構造体・クラスの変更を監視する

 

@State・・・一つのView内でのみ、使用する事ができる。

 

@Binding・・・ほかのViewの@Stateを受け継ぐ事ができます。

 

 

@State

@Stateは一つのViewで使える

1.値が更新可能になります。 Structはプロパティを更新する事が出来ません。なぜなら、Structだからです。

 

import SwiftUI

struct SheetView: View {
@Binding var isPresented: Bool
@Binding var catName: String

 

var body: some View {
VStack {
TextField("My cat's name is...", text: $catName)
.multilineTextAlignment(.center)
Button("Close Result") {
self.isPresented.toggle()
}
}
}
}

struct ContentView: View {
@State private var isPresented: Bool = false
@State private var catName: String = "Tora"

var body: some View {
VStack {
Text(catName)
Button("Show Result") {
self.isPresented.toggle()
}
}
.sheet(isPresented: $isPresented) {
SheetView(isPresented: self.$isPresented, catName: self.$catName)
}
}
}

struct ContentView_Previews: PreviewProvider {
static var previews: some View {
ContentView()
}
}

swiftUIへの道さんを参照してください。

 

@ObservedObject

@ObservedObject

@StateでViewの状態管理は可能ですが、複数の値を状態管理する場合プロパティの宣言が多く、管理が大変になります。
そこで、@ObservedObjectを利用します。プロパティをひとまとめにして、オブジェクトとして管理できます。


追加するオブジェクトはObservableObjectプロトコルに準拠する必要があります。

監視するプロパティは@Publishedを付与します。

 

// ObservedFuga.swift

import SwiftUI

class ObservedFuga : ObservableObject {
@Published var isDisp: Bool = false
@Published var value = 0.0
}

 

// HogeView.swift

import SwiftUI

struct HogeView: View {
@ObservedObject var object: ObservedFuga

var body: some View {
VStack {
Toggle(isOn: self.$object.isDisp) {
Text("Show Favorite")
}
Slider(value: self.$object.value, in: 0...100)
if (self.object.isDisp) {
Text("Value is \(self.object.value)")
}

}
}
}

struct HogeView_Previews: PreviewProvider {
static var previews: some View {
HogeView(object: ObservedFuga())
}
}

 

@Stateと同様単一のView内での状態管理に利用します。
クラスとして定義するため、複数のViewで使い回すことができます。
それゆえ、ViewModelとしての使い方が挙げられます。
注意点としてViewの生成時に引数として渡す必要があります。

 

参照はこちらのサイト>>

 

特徴について

1. @Stateで宣言されたプロパティはそれを保持するViewとその子Viewからしかアクセスできません。この為、private修飾子をつける事をAppleでは推奨しています。

 

2. 外から値を設定する事はできない為、プロパティは初期値が必要になります。

3. View内のみで使う場合は、 @State を使うようにしましょう。

 

 

swiftUIへの道さんを参照してください。

 

【参照サイト】

【SwiftUI】@Stateの使い方

 

一緒に勉強する人を募集しています。ぜひご相談くださいませ。

 

 

 

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

 

SEO対策の基本 外部要因とは?

SEO対策の基本的である、外部要因とは何か?

SEO対策をするなら絶対に知っておきたい、基本知識です。

 

売れるサイトを作るのに知って起きたい知識

サーチエンジンマーケティングという言葉をご存知でしょうか?

ホームページで商品やサービスを売る時に知っておきたいマーケティング

についてご紹介いたします。

seo対策をするメリットとは

SEO対策をする5つのメリットとは?

なぜ上位表示させることが大事なのか?なぜSEO対策をする必要があるのか

についてご紹介させていただきます。

 

内部要因とは

SEO対策の内部要因とは?

上位表示させるためには、内部要因について知っておくことも大事です。

キーワードを上位表示させるために必要なのは、ソースコードを最適化することです

内部要因の対策について知りたい方はこちらへ

 

キーワード対策をするまえに

キーワード対策をする前に

そのキーワード対策。ちょっと待ってください。

そのまま対策をすると、必ずお金を損してしまいます。個人事業主や中小企業は

そんな大きなキーワードで対策をしてはいけません。

広告費用が高くなる理由とは

広告費用が高くなる本当の理由とは?

売れないサイトに集めていませんか?広告費用がかかるわりには

お問い合わせが少ない・・・と感じる方は多いはずです。

購入率の悪いサイトに集客をしている可能性があります。

 

 

 

 

【SEO対策・webコンサルティングのプラスワーク対応エリアについて】

プラスワークでは、東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に全国でwebコンサルティング、SEO対策、ホームページの更新、ホームページのリニューアル運営代行をしております。売上アップをお考えならお気軽にご相談ください。

 

【SEO対策・webコンサルティングのプラスワーク 対応地域】

北海道 [ 北海道 ]

東北  [ 青森 | 岩手 | 山形 | 福島 | 秋田 | 宮城 ]

関東  [ 東京 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 栃木 | 群馬 | 神奈川 ]

甲信越 [ 山梨 | 長野 | 新潟 ]

北陸  [ 石川 | 福井 | 富山 ]

東海  [ 愛知 | 静岡 | 岐阜 | 三重 ]

近畿  [ 大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山 ]

中国  [ 島根 | 山口 |鳥取 | 広島 | 岡山 ]

四国  [ 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知 ]

九州  [ 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 ]

プラスワークでは全国でSEO対策、ホームページ更新、制作をしております。中小企業専門SEO対策・ホームページ更新制作会社、口コミのよいSEO対策会社をお探しならプラスワークにお任せくださいませ。

 

 

【コンテンツ】

トップへ

更新レスキュー

料金について

制作実績

お客様の声

よくある質問

会社概要

お問い合わせ

【更新レスキュー】

ライトコース

ゴールドコース

プラチナコース

 

【その他】

ニュース

メルマガ登録

特別資料プレゼント

相互リンク募集中

【課題から探す】

ホームページの課題

SEO対策とは

SEO対策がダメな理由

上位表示されない理由

相互リンクとは

順位が落ちてしまう原因

 

 

フェイスブック  ツイッター