おすすめの車

おすすめの車をご紹介

車を買いたいけれど・・・何を買ったらいいのか?と思っている方に、情報をまとめておきます。

ぜひ参考にしてみてください。

 

自動車保険の選び方

なぜ入るのか?

人を死亡させると1億かかる。自賠責・・・相手を怪我させてしまった時に保証が出る。死亡3000万。残り7000万を払えないから、任意保険に入りましょう。

平均価格:5~7万円前後。

 

 

夏の暑さ対策

車内の換気用、扇風機。

サンシェード・・・ハサミで切れる。ダッシュボードが死ぬほど熱くなる問題。車内扇風機がよい!!

 

 

工場の探し方

■工場のメリット

・指定整備工場・・・オートバックス

・認定指定工場

 

社外部品が使える(値段が1.5倍ほど違う)

中古パーツを扱っている会社などは、かな~~~に安くできる!!

修理やでムリな場合、修理屋がディーラーに持っていく。工賃はディーラー価格なので、頼む側の我々は、ディーラーに持ち込んで価格と同じになる=修理屋の方がよい。

 

・ショックアブソーバー

・オルタネーター

 

■ディーラーはとにかく高い・・・

ディーラーは1.2倍~1.3倍の値段がかかる。

純正の新品しか使わないので、高くなる・・・

整備の工賃が決まっている。

1時間・・・8000円など。

出回っていない原因不明のものは、ミンカラで調べて、ディーラーに持ち込む事。

 

 

軽自動車ならNBOX

圧倒的に軽自動車を買うなら、NBOXがおすすめです。

メーカー公式サイト>

価格:140万~300万

中古価格:65万~260万

 

【メリット】

スライドドアで荷物が載せやすい。年間の維持費が圧倒的に安い。売れているので、買取り価格が高い。壊れてもパーツが多い。

 

【こんな人に】

おすすめの人:主婦、子供、スーパーに行くのに使いたい人、2台目として、子供がいる

向かない人:走りが好きな人

 

 

 

cx-5

SUVが好きならCX5

SUVが好きな人ならCX-5がおすすめです。ディーゼル車はメンテナンスが大変なので、ガソリン車を買いましょう。

メーカー公式サイト>

価格:140万~300万

中古価格:65万~260万

 

買うなら、cx-5 s20ガソリン車がよい。

25s Lパッケージ(2500ccになる)

 

新型と旧型

2017年から新しくなっている。

 

2012~2017

KFEP

2017年2月~2021

KFEP

 

乗り心地・・・2017年2月以降はカーブが曲がりやすい=あまり意味ないと感じた。だって直線の方が多いじゃん。

一覧表示>>

 

■新車をみて思った事

装備が色々あるけれど、使うの?

残価設定ローンにしてしまった・・・

金利がいくらで計算しているのか?説明がない。(銀行の方が安いのでは?)

 

保障について

メーカーの保証
販売店の保証
検索サイトの保証

と3つの保証がある。

 

■保障でチェックする場所とは?

保証期間は何年なのか
走行距離に制限はあるのか

どの部位が保証対象で、どこは対象外なのか
2回目以降の保証はどうなっているのか
修理費用に上限や免責はあるのか

 

■販売店の保証について

店独自の無料保証が付いているのが普通になっています

壊れるリスクが高い車(古いスポーツカーや外国車など)は保証無しにして、販売価格を高くする。

 

低価格の中古車を扱う大半は保証がない

 

保証期間 1ヶ月1,000kmまで

保証期間 3ヶ月3,000kmまで

保証対象部品はエンジン、ミッションのみ

買った販売店まで車を持っていかないと保証が受けられない

故障した車を運んでもらう費用は有料

電球一個から保証と書いてあるが具体的な保証箇所の記載がない

何かあったら面倒みるといった口約束

部品代のみ無料で工賃は有料

修復歴ありの車は対象外

10年以上経過している車は対象外

走行距離10万km以上走行してる車は対象外

 

という場合は、あやしい。

 

■メーカー保証

継承する手続きが必要になる

対象となるのは3~5年落ちまで

 

ディーラーというと新車のイメージが強いですが、実は中古車も扱っており、中古車を購入してもディーラーの手厚い保証を受けることができます。

系列ごとに若干の差があるものの、一般的には「消耗品を除き、1年間無償で修理・交換」という内容が多く、有償で延長できるところも多い。

 

■検索サイト保障

カーセンサーアフター保証…最長3年、350以上の保証項目(有償)

 

 

■保障の範囲

基本的な保証範囲としては、「消耗品・オイル・ボディ内外装飾品」以外となります。

 

・確認しておきたい場所

「エンジン系統」「ミッション系統」「ブレーキ周り」の機関系部分の保証。

修理の部品のみ無料対応となり、工賃は別途かかる場合もあります。

 

納車後「6カ月間」できれば「1年間」あれば安心でしょう。

 

2chの意見

整備代金だってエンジン、ミッション以外は中古、リビルト使えばたかが知れてるし。

 

安く買って、徹底的に安く買って整備代に回せばいい

 

そんなに心配なら新車買いなよw 疑いだしたらキリがないし中古車屋なんてどこもそんなに変わらんよ
新車買えないなら古いクルマで我慢してお金貯めよう

 

・ほとんどの車種で半年も待てばディーラーでも必ずお買い得物件が出る

・支払い総額の書いてない店は車屋じゃない 車屋のフリをした別のカテゴリーの店

・数年すればこれに残クレの下取り車が合流して一気に暴落

 

・走行距離が1万キロに満たないのに、
・マツダ認定中古車にならないってブツは

 

・日本の中古車の個人売買比率は40%.

・本場ドイツ、イギリスでは、中古車販売のおよそ80%は個人売買

・海外は43%になっている。

 

個人経営の中古車屋の保証 なんて 口約束 みたいなもの ってことを知る日本の消費者は少ない。
たとえ裁判を起こしても、中古車屋が保証する気もないのに、保証します。と言い続ければそれ以上強制力を行使する方法はない。

 

法的に、中古車屋でも、ヤフオクでも、中古車売買には買主の自己責任が問われる以上、
中古車を見極める事を買主に求められているということ。

 

中古車が売れない というのは国策

中古なんてどんどんスクラップにして新車を2年おきに買い替えろ!ってのがもうひとつの国策

 

中古車は現状で安く買って、自分の信用出来る工場で整備するのが良い!!

 

千葉県のダメなお店>>

・レッドゾーン

・松戸のトー○ス

・イタコ 自販

CSオートディーラー系列(ユーロウイング、キャノンボール、トレジャーオート)
オートプロジェクトグループ(インターフェイス、ジュンオート)
ケーユー
サンキョウ
キングバイヤー
国際自動車商会(木更津)
next.(ネクスト)
ネットワン
レッドゾーン
オートバンク
オートケンボーイ
オートビーグル
チャップリンズ
ガレージダイバン
ダイワオート(ダイワホールディングス)
ビビデ
ベスト(VIPカー専門)
ナイス(?)(VIPカー専門)
ビーファイン

詳細はこちら>>

 

160万ならオレだったら付けるな
もし自分に過失がない事故で、相手が任意保険未加入だったらどうするよ?
だいたい任意保険の加入率は八割らしいよ
全損までいかなくても、ちょっとした外装修理だけでも30万とかすぐ行くし
金額を出せるなら入った方が良い

 

保障をつけるか?

保障をつけるか?

理由を尋ねると①会社の方針:顧客が頻繁にディーラーを訪れる ように仕向ける。マツダは新車販売よりも、アフターケアで利益 を上げることを他社より重視している。

 

ちなみに、新車の値引きの原資ですが、例えば9月の決算期の新車販売 にはメーカーから販促補助金(以前の携帯電話と同じようにメーカー が販売店に販売実績に応じて出す資金)が多めにあります。

 

また、
メーカーオプションの値引きをメーカーが持ってくれたり、販売会社が各支店に許可する値引きの総額も多くなります。
値引きは闇雲に利益率を下げて行われるのではなく、利益率をキープした上で、値引き分を補填する原資がどれだけあるかによって変わってきます。そのあたりまで踏み込んで話ができるようにディーラーの販売員
との人間関係を育てていくことも楽しみのひとつだと考えています。

 

ガソリン車はいらない

ガソリン車なら走行距離や時期に合わせて量販店で自分の好きなオイルを入れたほうがリーズナブルです。半年ごとの縛りは利用状況によっては結構ネックに感じますので、多走行される方はその点も考慮されたほうが良いと思います。

 

パックdeメンテは6ヶ月、12ヶ月の点検費用を前払いする代わりに、値引きする制度です。
自分や量販店でメンテする人以外は不要ですが、ディーラーで点検するなら入った方が良いですね。
普通は五年程度で壊れませんので、延長保証はご自由に。

詳細はこちら>>

 

業販店について

 

・ダイハツだけど、色々売っているお店がある

・工場がついている所がベスト

・国道沿いに車が並んでいるところは避ける

 

■自動車ローンを組んだ方がいい

圧倒的に金利が安い(1%前後です)

金利表>>

 

■感覚でいうと

160万払うと、2015年 5.3万km キレイ

cx-5 25s 135.1万円

20s 2012年式 3.4万km 車検あり 130万

 

2013年式の 120~140万前後の車を買うと、中央値になる。

鑑定書JAAAのもので4以上であり、事故歴無し、ワンオーナー、車検ありがよい。

 

■価格について

 

オークション相場>>

CX-5オートオークションの相場>>

 

 

オートクルーズについて

 

 

高速で使いましょう

新型、速度調節がよい

車線中央維持っぽくも走れる

 

常に一定速で走れるので、低燃費にも貢献できる。

自分で運転するのが好きな人にはいらない!!

 

※自分としては、別にいらないかも^^;街乗りメインだから、いらん。

 

ナビについて

 

cx-5のナビ変化

 

昔のマツコネ自体があまり評判がよくないらしい。

タッチパネルじゃないのが危ない

埋め込み式になっているので、社外品が取り付けが・・・

※埋め込み型にすることで、囲い込みを行おうとしているのでは?

 

売っているナビがかなり少ない・・・

年式によって、つけられるナビが変わる

カタログで確認するとよい>>

ナビゲーション用SDカードPLUS(ディーラーオプション)を接続すればカーナビ機能が使えるようになる

※カーナビは使えないのか?

※SDカードは全車種についているのか?

※スマホにして、更新費用を取ろうとしているのか?

 

 

2016年7月までは、形古い(ナビも埋め込み型)

2016年の12月あたりから、外観がかっこいいが、ナビが埋め込みに(ここで2代目)

2017年2月、フルモデルチェンジ

2021年 10.25インチになるかも

 

■マツコネ

2013年からつけられた、カーナビシステムの事

2013年6月あたりから、これに代わっている・・・

Bluetoothでスマートフォンに接続する

2018年10月からApple CarPlayおよびAndroid Autoへの対応している。

 

最新バージョンのマツコネにはスマートフォンと連携できる。スマホの地図アプリをカーナビ代わりに使用する方法がある。

 

目的地を選ぶ機能が不足している。

 

 

■naviコンアプリ

目的地を送信できる

色々なカーナビーと接続ができる

タイムラグがない

検索機能が充実している

マツコネと接続しないと使えない(たいした事はない)

 

 

アンドロイドオートなら、色々使える

※1ヶ月利用して1GBの利用になる。

 

 

純正ナビのマツダコネクトが搭載されていてサードパーティー製のナビが取り付けできないCX-5。

2018年7月に突如として現れたのが、このフローティングビッグXでした。

価格:22万円(高い)

 

ルパイン KTX-XF11-CX5-KF-BS CX-5 BOSEサウンド付車用 11インチカーナビ フローティングビッグX11\46,000円

 

・ ケンウッド MDV-S707L 8インチ

 

※カーナビの中身を買う??

カーナビの案内機能はSDカードに記録される方式になっておりこちらは別売オプションとなっています

 

 

純正、7➡8インチに変更する。

8万円で売っているらしい。

 

■考察

埋め込み型なので、変更が簡単にできない・・・

古いタイプのcx-5でナビゲーションモニターが小さい場合、致命的。

ブルートゥースのverが古いと、操作性が悪くなるのか?

純正の7インチってかなり小さいよね。

 

なるべく大きなディスプレイで売っている会社を探す。

 

車検整備について

 

1. 車検付き・・・車検が残っている=公道を走る事ができる

2. 車検整備付き・・・納品するときに、整備はつけて納車しますよという意味。

3. 車検なし・・・「車検整備費用」も別途かかります。という意味。

 

 

 

追加費用

手間

車検あり

なし

なし

車検整備付

法定費用

業者が車検をする

車検整備無

車検無し

法定費用+整備費用

自分で車検をしてね

 

【cx-5 2000ccの場合】

 

追加費用

手間

車検あり

なし

なし

車検整備付

6.5万前後

業者が車検をする

車検整備無

車検無し

法定費用+整備費用

自分で車検をしてね

 

※車検があと6ヶ月しかない=すぐに15万ほどかかる(安くても面倒)

※車検あり=1年以上残っているのが理想

費用の総額比較>>

 

【考察】

車検がなくても、プラスで7万払えばいいのでは?

 

■車検整備付きの注意点

車検整備付・車検整備2年付は、支払総額に費用に車検にかかる「法定費用」が入ってない。法定費用は、以下の4つによって費用が変わります。

 

「自賠責保険料」+「自動車重量税」、車検に通すための代行手数料は別途で必要。

+6.5万くらいかかるという意味。

 

 

自賠責保険

自動車重量税

印紙代

2000cc

20,010円

32,800円

1000円

2500cc

20,010円

41000円

1000円

 

 

車検時の部品価格

■部品交換費用

・エンジンオイル:3,000円~

・エンジンオイルフィルター:2,000円~

・ラジエター液:2,000円~
・ATフルード:6,000円~
・ブレーキオイル:4,000円~
・バッテリー:10,000円~
・ワイパーブレードゴム:2,000円~
・ブレーキパッド:8,000円~
・エアクリーナー:2,000円~
・スパークプラグ:2,000円~
・タイヤ(四輪):20,000円~

 

■ATフルード交換費用

ATFの交換作業自体が何度もオイルの入れ替えを行い、古いオイルと新しいオイルの割合を増やしていく交換方法なので、大量のオイルを使用します

 

 

■命に係わるところだけでOK

ブレーキ、タイヤの溝 (最低限だけやっておくと良い)

車検をするときは、見積りを取って、必要な部分だけ車検をすると良い。

 

オプション

 

サンルーフがあると、かなりよい(明るくなる)

360°モニターはよい

Boseではなくてもよい

 

■考察

後付けできるものと、できないモノがあるらしい。

 

 

マツコネについて

使い勝手が悪い

先代CX-5のころのマツダ・コネクトは評判が非常に悪かったこともあり、途中で大幅な改良を何度も実施してきたという過去があります。

 

■よい所

 

 

■ダメなところ

ディスプレイが小さい

2画面表示すると小さすぎる

ルート案内がいまいち

UIがいまいち

起動が多少遅いにしても15秒~18秒程度

Bluetoothは接続が不安定

 

リコール

■リコールを調べる

リコールされている箇所を治してあるのか?チェックする事が大事。

ディーラー系の中古車業者でもリコールの確認はしません。

 

■ステッカー

終了したらリコールNoを記載したステッカーを貼ることが、 義務となっていますが貼り付け場所は届け出時期によって違います。

 

 全車両、吸気側バルブスプリングを対策品と交換する。なお、交換に時間を要すため、年式の古い車両から順次交換する。

平成24 年2 月13 日~平成30 年7 月4 日
2018年11月09日

 

試乗について

■試乗をするなら

近い場所:千葉 マツダ 船橋

中古車一覧>>

 

 

■試乗した結果

かなり車に詳しくなってから、行くべき。試乗はしてみるとよい!!かなり分かる。ローンについてなどの知識がなさすぎた^^;

 

■検索をするなら

カーセンサー>>

グーネット>>

マツダ中古車専門(会社がやっているやつ)>>

検索ランキング>>

 

■お値打ちの車などない

 

 

カーセンサー・グーネットだけで中古車検索するとハズレを引く3つの理由

 

・価格の安い車=程度が悪い

・掘り出し物はない

・程度の良しあしは判断できない^^;

・コミコミが激安は危険

・本体価格が激安も危険

 

価格が安い順=程度が悪い順になります。

掘り出し物はない

お店選びが一番大事。価格は二の次です。

 

 

・相場より安い車には手を出さない

・相場のボリュームゾーンを調べる

・相場の範囲内で購入する

 

鑑定書を見せてもらう事・・・Jaaaが発行する書類

100万円以下の車にはついていない可能性が高い。100万以上の車の場合、40%の確率でついている。

 

鑑定書の見方>>

 

普通車で7000円、バスで1.1万でつけている=これすらしない会社は危ない可能性が高い。

 

・修復重度 ×

・評価が低いのは×

・下周りのさび・腐食は×

 

■車検整備付と車検無しの違い

車検整備付とは・・・整備費用はふくまれているけど、自賠責保険料や自動車重量税、車検に通すための代行手数料は別途かかりますっていみ。

 

「車検無」・・・車検にかかる費用のすべて、すなわち車検整備費用も車両本体価格に含まれていないことを意味しています。

 

・車検ありにしておいた方が無難

 

 

■燃費

2.0Lガソリン車 11.8km/h (カタログだと+3km)

2.5Lガソリン 11.8km/h

ディーゼル 16.64km/h

 

ガリバー

ビックモーターはやめた方がいい。

 

■買い方

普通車は30万Kmは走る

走行距離が5万Kmを超えると、ぐっと下がる。

車検が付いている車を買う事

 

■車検が切れている場合

ユーザー車検で車検を受けるなど車検費用をおさえられる場合には、車検なしの中古車のほうが費用をおさえることができるでしょう。しかし、ディーラー車検などを受ける場合には、車検ありの車との総額を事前に確認しておくのがおすすめです

 

 

■ディーゼル車のメリット

・燃費が良い・・・ハイブリッドだってディーゼルに届かぬ

・ガソリンと軽油だと燃料の価格も15%程度違う

 

 

■補助制度

国や自治体は環境性能の良い通称エコカーを普及させるため、電気自動車、プラグインハイブリッド自動車、燃料電池自動車、クリーンディーゼル自動車、電気二輪車に対して、クリーンエネルギー自動車補助金制度(CEV補助金制度)を設けています。

 

2回目の車検まで一律免税とされてきたクリーンディーゼル車の特例が廃止となり、2023年度以降のディーゼル車において優遇措置の対象外となりました。

政府はガソリン車とクリーンディーゼル車を同じ扱いにし、今後の化石燃料車を抑え込む目的もあると見ています。

 

■ガソリンの価格

141円/L

121円/L

10L入れて200円の差です。

 

■最大のデメリット

最大の弱点となっているのは「チョイ乗りを繰り返すとススが溜まり調子悪くなる」

燃焼時に発生するススを処理するため、一旦『DPF』と呼ばれるフィルターでキャッチ。

一定量溜まったら燃焼させ燃やす。

されどチョイ乗りばかり繰り返したら、溜まったススを燃やす時間を確保できない。20分以内のチョイ乗りが続くと、やがてチェックランプがついて調子が悪くなります。

参照>>


発生したススは吸排気系にも溜まる。

「なぜ吸気系に?」と思うだろうが、クリーンディーゼルの場合、排気ガスをもう一度吸気側に戻す。

EGRと呼ぶのだけれど、その通路にススがベッタリ張り付きトラブルを起こす。

 

■新車と下取り価格

同じ300万円のクルマだったとしよう。5年後に手放そうとした際、人気のA車は150万円。人気のないB車だと50万円なんてケースだって珍しくないほど

 

■長く乗る方法

車検ごと(3万キロ)に燃料フィルターの交換

期的なオイル交換

 

 

【モデルについて】

2.2リッターの直列4気筒ディーゼルターボ(175ps/420Nm)を搭載する「XD」。

売れ行きもCX-5全体の75%を占めており、残り25%を今回試乗した20Sと、2.5リッター直列4気筒の「25S」で分け合う形となっている。

 

【ディーゼルエンジンについて】

メンテナンス代が高い

専用のエンジンオイルが高い・・・一般的には10,000キロまたは1年で交換する

 

【エンジンオイル】

「API規格」がある、商用(Commercial)および圧縮(Compression)の頭文字である「C」、

品質が低い順に「A~F」のアルファベットが付与され、「CE」や「CF-4(最高ランク)」などのグレードがある。

参照>>

 

【保障の長さ】

ディーラーの方が長いような気がする。

10万キロを超えると、保証期間が短い=壊れやすだろうね。

 

おすすめの人:デザインにこだわりたい人、SUVを安く買いたい人、見た目にこだわりたい人

用途:通勤、街乗り

向かない人:荷物をたくさん載せたい人(バンがよいから)

 

 

ホームページの無料診断をやっております。ご連絡は今すぐ、下記の番号まで!!

 

 

メルマガ登録はこちら

質問 相談はこちら

 

 

 

 

【SEO対策・webコンサルティングのプラスワーク対応エリアについて】

プラスワークでは、東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に全国でwebコンサルティング、SEO対策、ホームページの更新、運営代行をしております。売上アップをお考えならお気軽にご相談ください。

 

【SEO対策・webコンサルティングのプラスワーク 対応地域】

北海道 [ 北海道 ]

東北  [ 青森 | 岩手 | 山形 | 福島 | 秋田 | 宮城 ]

関東  [ 東京 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 栃木 | 群馬 | 神奈川 ]

甲信越 [ 山梨 | 長野 | 新潟 ]

北陸  [ 石川 | 福井 | 富山 ]

東海  [ 愛知 | 静岡 | 岐阜 | 三重 ]

近畿  [ 大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山 ]

中国  [ 島根 | 山口 |鳥取 | 広島 | 岡山 ]

四国  [ 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知 ]

九州  [ 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 ]

プラスワークでは全国でSEO対策、ホームページ更新、制作をしております。中小企業専門SEO対策・ホームページ更新制作会社、口コミのよいSEO対策会社をお探しならプラスワークにお任せくださいませ。

 

【東京都のseo対策の対応地域について】
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区 でSEO対策、上位表示、リスティング広告の値段でお困りなら、 口コミのよいプラスワークにお任せくださいませ。

 

 

【コンテンツ】

トップへ

更新レスキュー

料金について

制作実績

お客様の声

よくある質問

会社概要

お問い合わせ

【更新レスキュー】

ライトコース

ゴールドコース

プラチナコース

 

【その他】

ニュース

メルマガ登録

特別資料プレゼント

相互リンク募集中

【課題から探す】

ホームページの課題

SEO対策とは

SEO対策がダメな理由

上位表示されない理由

相互リンクとは

順位が落ちてしまう原因

 

 

フェイスブック  ツイッター